マレー半島縦断鉄道の旅 体験談 4日目


マレー半島縦断鉄道の旅:体験談【4日目】

 

「マレー半島縦断鉄道」4日目。
ラストの1日です!

 

4日目の大きなトピックは、下記の2つ。

 

・クアラルンプールから、マレーシア国境の駅「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」へ移動
・「JBセントラル」からマレーシア出国し、シンガポールの「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅で入国

 

1日のスケジュールとしては、下記のように動いていきます。

 

・11時58分:マレーシア「クアラルンプール・セントラル(KL SENTRAL)駅」発車
・14時15分:マレーシア「GEMAS(グマス)」駅到着
・14時55分:マレーシア「GEMAS(グマス)」駅発車し、「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅へ
・18時45分:マレーシア「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅到着
・19時:クアラルンプール市内のホテルにチェックイン
・21時00分:マレーシア「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅発車
・21時05分:シンガポール「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅到着
・22時00分:MTS「ウッドランズ」駅到着
・23時:ホテルチェックイン

 

この日は、マレー半島列車縦断移動の最終日。
クアラルンプールから、途中グマスとジョホールバルを経由し、一気にシンガポールまで行きます。

 

出発まで時間があるので、ホテルの近くのお店「ABCビストロカフェ(ABC Bistro Cafe)」で朝食。
朝から地元の人たちでにぎわっていていい感じ。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅」そばの「ABCビストロカフェ」画像

 

マレーシアの代表的な料理「ナシゴレン(Nasi goreng)」。
独特のスパイスの使い方が最高!
炒飯やピラフともまたぜんぜん違うんですよねー

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール」朝食ナシゴレン画像

 

そして、「カヤトースト(Kaya toast)」。
シンガポールのイメージが強いですが、マレーシアでもポピュラーな朝食です。
カリッと香ばしく焼いた薄めのトースト、厚切りバター、独特な甘みのカヤジャムのコンビネーションは病みつきになりますね。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール」朝食カヤトースト画像

 

コーヒーの淹れ方も独特。
鮮やかな手さばきを見ているだけで楽しい。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール」朝食のコーヒーショップ画像

 

甘めの「ハイナンコーヒー(Hainan Coffee)」が、疲れが残るカラダに沁み込みます。
ローカルの気分を堪能できたなかなかいい朝食でした。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール」朝食ハイナンコーヒー画像

 

「11時58分」発の列車に乗るまでまだ時間があったので、すこし散歩。
「クアラルンプール」という街を見れば、マレーシアという国の強さを実感します。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール」街並み画像

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール」街並み画像

 

マレー半島鉄道縦「クアラルンプール」街並み断画像

 

「クアラルンプール・セントラル(KL SENTRAL)駅」に到着。
「GEMAS(グマス)」駅へ向かう列車の乗り場がこちら。
「KTM Komuter」と書かれている大きな看板が目印。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅」「KTM Komuter」改札入り口画像

 

マクドナルドの横とおぼえておくといいですね。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅」マクドナルド画像

 

ディスプレイに表示されている時刻表もチェック。
便名が「9113」、発車時刻が「11時58分」、行く先が「Gemas」と間違いなし。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅」電光掲示板時刻表画像

 

発車の30分前くらい前に行きましたが、時間ぎりぎりまで改札も入れてくれません。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅」画像

 

こんな感じで待たされます。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅」画像

 

こんな感じで待つ以外にないので、ホーム内にあるスタバへコーヒーを買いに。
ネットもできますし。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅」のスタバ画像

 

マレーシアのスタバは、ハラル認証のマークがどこの店舗でもしっかりと貼られていますね。
さすが、ハラルが厳しいマレーシアだけあります。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅」スタバのハラル認証のマーク画像

 

発車時刻の10分前くらいに、やっと改札を通してもらって地下のホームへ。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅」画像

 

こちらが車内。
キレイな列車です。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅〜グマス行き」列車内画像

 

車両の先頭部分には、スーツケースのような大型の荷物が置けるスペースも。
日本ではあまり見ないですが、いいですよね。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅〜グマス行き」列車内大型荷物置き場画像

 

同じ車両内に、ちょっとした軽食やドリンクを売るコーナーもありました。
ちょっと近未来的なデザイン。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅〜グマス行き」列車内軽食販売コーナー画像

 

トイレはかなり立派です。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅〜グマス行き」列車内トイレ画像

 

定刻通りに発車。
車窓からは、まだ大都会KLの街並みと、馬の顔が書かれたKTM。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅〜グマス行き」列車内からの車窓画像

 

しばらく走ると、車窓にはたくましいヤシの木の緑が。
生命力が強い色ツヤしています。

 

マレー半島鉄道縦断「クアラルンプール・セントラル駅〜グマス行き」列車内車窓から画像

 

14時15分、マレーシア「GEMAS(グマス)」駅到着。
ここで、「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車に乗り換えます。

 

マレー半島鉄道縦断「GEMAS(グマス)」駅画像

 

到着したホームの向かい側に停車していた列車が、「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車。
先頭の引っ張る車両は、かなり年季を感じるクラシカルな顔。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車先頭車両の顔画像

 

車両は「日立製」なんですね。
「IKHLAS23109」と車両番号が書かれたプレートもいい味出ています。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車の車体番号プレート画像

 

客席車両自体は古くはありません。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車客車画像

 

わたしが乗る車両は「R3」号車。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車「R3」号車画像

 

中はキレイな車両です。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車車内画像

 

ありがたいことに、各座席の足元には電源が!
これでキンドルとかスマホのバッテリーを気にせず使えます^^

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車電源画像

 

トイレは2種類。
こちらは洋式。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車内トイレ画像

 

本当にこんな恰好で用を足すひとがいるのだろうか。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車内トイレ注意書き画像

 

こちらは和式。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」行きの列車内トイレ画像

 

「GEMAS(グマス)」駅を出発してすこし走ったところで、チケットのチェック。

 

マレー半島鉄道縦断画像

 

パンチで穴をあけてくれます。

 

マレー半島鉄道縦「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅行きチケットのパンチ穴画像

 

途中の駅の看板。
KLの喧騒と打って変わって、まあのんびりとしています。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅へ向かう車窓から画像

 

 

駅員さんも、の〜んびりとした感じです。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅へ向かう車窓から画像

 

18時45分:マレーシア「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅到着。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅ホーム画像

 

19時00分発の「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅行きに間に合うか・・・
とりあえず、列車のチケット売り場へ急ぐ。

 

マレー半島鉄道縦断「マレーシア〜シンガポール間シャトルトレイン」チケットカウンター画像

 

ここがチケットカウンター。

 

マレー半島鉄道縦断「マレーシア〜シンガポール間シャトルトレイン」チケットカウンター画像

 

19時00分の電車のチケットはすで売り切れ。
というか、時間が足りなくて間に合わない。
バスで行きたい気持ちをぐっとこらえる。
の国境越えのほうが時間的にははやくシンガポール入りできたと思いますが、今回は列車でのマレー半島縦断がテーマなので、ここはこだわります。

 

マレー半島鉄道縦断「マレーシア〜シンガポール間シャトルトレイン」チケット売り場画像

 

時刻表を確認すると、次の電車は「21時00分(ST91)」。
2時間待ちかー。

 

マレー半島鉄道縦断「マレーシア〜シンガポール間シャトルトレイン」時刻表画像

 

とりあえず、チケットを購入。
「5リンギット(約130円)」

 

*「ジョホールバルセントラル駅」でのチケットの買い方については、こちらの記事でもっと詳しく書いています!
 ⇒ http://trip-nomad.com/malayan_railways/ticket_jb_wcp.html

 

マレー半島鉄道縦断「ジョホールバルセントラル駅」から「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅までのチケット画像

 

乗車までたっぷり時間があるので、駅の横にある巨大なショッピングモールへ。
腹ごしらえだ!

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅そばショッピングモール画像

 

ショッピングモールへ移動するときに、「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅をパシャリ。
デカくてキレイ!

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅外観画像

 

ショッピングモールに入っているレストランで「汁なしの麺」を注文。
残念ながらいまいち。
注文を取ってくれたお姉ちゃんがおすすめの一品だったけどねー

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅そばショッピングモールでの夕食「汁なしの麺」画像

 

飲み物は、現地で親しまれている飲み物「バーリー(BARLEY)」。
大麦の飲み物で、甘めでさっぱり。
いけますよ。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅そばショッピングモールでの夕食「バーリー(BARLEY)」画像

 

食事をしてもまだ時間があるので、「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅をぶらり。
けっこうお店がならんでいます。

 

こちらは、マレーシアの女性に欠かせない「トゥドゥン(またはヒジャブ)」。
カラフルでデザイン豊富。
おしゃれです。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅画像

 

不動産のお店もあります。
むかし「イスカンダル計画」とかありましたけど、今はどうなんでしょうかね。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅画像

 

出発時間が近づいてきたので、改札へ向かいます。
まずはセキュリティチェックを受けて。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅シンガポール方面改札画像

 

地下に降りていきます。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅地下へ移動画像

 

地下に降りると、マレーシアのイミグレーションがあります。
そこでパスポートや荷物のチェックがあります。
(写真不可)

 

イミグレーションを通過すると、奥のスペースで列車が来るまで待ちます。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅待機中画像

 

時間になったので、みんなで移動。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅列車へ移動画像

 

こちらがホーム。

 

マレー半島鉄道縦断「JB SENTRAL(ジョホールバルセントラル)」駅ホーム画像

 

電車に乗り込みます。
シンガポールの電車内は、通勤の満員列車並みの混雑。
というか、通勤に使っている人も多いのではないかと思う。
マレーシアからシンガポールの国境を超えることって、本当に日常的なことなんだということを実感。

 

マレー半島鉄道縦断画像

 

電車に乗ってわずか5分ほどで、シンガポール側の「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅到着に到着。

 

マレー半島鉄道縦断シンガポール「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅画像

 

マレー半島鉄道縦断シンガポール「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅画像

 

この駅で、シンガポール側でのイミグレーションを行います。

 

ここでひとつ注意。
この「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅での入国時には、入国カードに記入が必要です。

 

イミグレのところに、カードが置いてあります。
このカードを記載したあとに、イミグレの列に並んでください。
わたしは、この入国カードの存在を知らなかったので、再度並び直しとなり、えらい時間のロスをしてしまいました・・・

 

ちなみに、シンガポールはこういった場所での撮影はとても厳しいです。
わたしも注意されました。

 

「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅でのイミグレを通過!
ついにシンガポール到着でゴール!!!!
と普通ならすこしはうれしい気持ちがわきあがるのですが、まだここからホテルまでの移動があります。
ですので、終わった感がまったくなく、ちっともうれしさも達成感もこみあげてこない・・・

 

「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅から、最寄りのMRT「ウッドランズ」駅まではバスで移動。
けっこう距離があるので徒歩では無理。
バスかタクシーでの移動になります。
まずは、バス停方面へ移動。

 

マレー半島鉄道縦断シンガポール「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅バス乗り場へ移動画像

 

MRT「ウッドランズ」駅まで行くバスは、「178」「903」「911」「912」「913」「950」。
このどれかに乗れば、MRT「ウッドランズ」駅に到着します。

 

マレー半島鉄道縦断シンガポール「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅バス案内画像

 

無事にバスに乗り、MRT「ウッドランズ」駅まで。

 

マレー半島鉄道縦断シンガポールバス車内画像

 

この「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅からMRT「ウッドランズ」駅までのバス移動で、いまだに不明なのが、バスの料金について。

不明というのは、このバス路線は「有料」なのか、それとも「無料」なのかということ。
結論から言うと、わたしはこのバスでお金を支払いませんでした。

 

「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」からMTS「ウッドランズ」駅までの路線は、一般のひとも利用しています。
そして、彼らはお金をちゃんと支払っています。

 

私はシンガポールの現地通貨「シンガポールドル」を持っていませんでした。
ですので、運転手さんに「シンガポールドル」を持っていないこと、有料なのか無料なのか、マレーシアリンギットで支払えないかなどと聞いてのですが、まあ無口な運転手でまったくの無言(苦笑)

 

結局、MTS「ウッドランズ」駅で下車するときも何も言わなかったので、実際のバス料金についてはよくわからないままです。
ネットで検索しても出てきません。
わずかでも、シンガポールドルを持っていることが安全策だと思います。

 

ただ、「ウッドランズ・トレイン・チェックポイント」駅で、両替所やATMを見つけられなかったので、シンガポール入国前に入手しておくと安心ですね。

 

MRT「ウッドランズ」駅到着!
でかい駅!

 

マレー半島鉄道縦断シンガポールMRT「ウッドランズ」駅画像

 

バスの降り場から、駅までしばし歩きます。

 

マレー半島鉄道縦断シンガポールMRT「ウッドランズ」駅画像

 

やっとMRT「ウッドランズ」駅の改札付近へ到着。
もうすでに22時近く。
すでに両替所は閉まっていたので、ATMにてシンガポールドルをおろしました。

 

マレー半島鉄道縦断シンガポールMRT「ウッドランズ」駅画像

 

地下鉄のチケットを買って、ホテルへ向かいます。
今回のシンガポールでの宿は、歓楽街「ゲイラン」地区。
まずは最寄り駅のMRT「マウントバッテン(Mountbatten)」駅へ。

 

シンガポールMRTチケットマレー半島鉄道縦断画像

 

MRT「マウントバッテン(Mountbatten)」駅到着。

 

マレー半島鉄道縦断シンガポールMRT「マウントバッテン(Mountbatten)」駅画像

 

やっとこさ宿に到着〜
もう疲労困憊。
でも、もう夜おそいため、ビールも売っていない・・・
シンガポールはきびしいんだよなあ。

 

マレー半島鉄道縦断シンガポールホテルベッド画像

 

こうやって、あまりゴールの達成感がないままマレー半島鉄道縦断の旅は終了しました(^_^;
無事にシンガポールまで到着できたことに感謝。

 

翌日は、シンガポールをざっと観光して帰ります。

 

これまでの旅の記録はこちら。
 ⇒ マレー半島縦断鉄道の旅:体験談【1日目】
 ⇒ マレー半島縦断鉄道の旅:体験談【2日目】
 ⇒ マレー半島縦断鉄道の旅:体験談【3日目】