Trip-Nomad

【馬喰町・小伝馬町】圧巻の太さと風味の十割蕎麦『東京バッソ』!揚げたてサクサクの「とり天」ランチセットは超お得♪

【馬喰町・小伝馬町】圧巻の太さと風味の十割蕎麦『東京バッソ』!揚げたてサクサクの「とり天」ランチセットは超お得♪

日本橋エリアは、立ち食いそば激戦区。
お財布にやさしい立ち食いそば屋は、サラリーマンの強い味方。

そんな日本橋エリアの立ち食いそば屋を、日本橋人形町生まれ人形町在住、元料理人の私Kenが紹介していきますよ!

今回紹介する立ち食いそば屋は、馬喰横山・小伝馬町駅そばにある『東京バッソ』
本格的な十割そばをリーズナブルな価格で出しているお店です。
蕎麦通からの評判が高く、女性にも人気のお店。
その実力はいかに。

今回は、馬喰町『東京バッソ』店を紹介しますよ。

『東京バッソ』の蕎麦を「いざ実食!」

今回訪問したお店は、馬喰横山・小伝馬町駅そば『東京バッソ』

最寄り駅は、都営新宿線の馬喰横山駅、jR総武線馬喰町駅、都営浅草線の東日本橋駅です。
(この3つの駅は地下でつながっています)

問屋街の大きな交差点から、徒歩1分ほど。
デニーズの裏あたりを目安に行くとわかりやすいです。

東京メトロ日比谷線の「小伝馬町駅」からも、徒歩5分ちょっとで行けます。

こちらが『東京バッソ』。
こじんまりとした入口。
青い看板が出ていなければ、通り過ぎてしまいそう。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』外観
その青い看板には、「「十割そば」と「とり天」の店」と書かれています。
こちらのお店は、「とり天」も名物メニューなのです。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』青い看板
こちらが店内。
カウンターとテーブル席があります。
女性のおひとりさまでも入りやすい雰囲気。
支払いは前金制。
奥のレジで注文、支払いをします。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』店内
こちらがランチメニュー。
おすすめは、やはり「十割そば」と「とり天」のセットメニューですね。
「冷たいそば」と「温かいそば」、「とり天」と「とり天丼」の組み合わせから選べます。
十割蕎麦は、冷たい方がおすすめのようです。
大盛り(約400グラム)無料!
これはうれしい♪
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』
そしてさらに蕎麦は、「田舎そば(太打ち)」「さらしなそば(細打ち)」「ダッタンそば(苦そば)」の3種類からチョイスできます。
十割蕎麦でこのようなチョイスができるのは珍しいですよね。
はじめての人は、「田舎そば(太打ち)」がおすすめとのこと。
こちらの定番ですね。
このメニューに書かれていますが、「とり天」とセットにしなくても、そばだけの単品注文もできます(490円)。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』
蕎麦が来るまで、カウンターにあるメニューを見てみます。
夜は本格的な蕎麦屋さんになるのですね。
蕎麦屋の定番「出汁巻き卵」をはじめ、「さば納豆」といった変わったメニューもあり。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』メニュー
天ぷらも豊富。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』メニュー
日本酒は、山形県の純米ものがそろっていますね。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』メニュー
夜もランチメニューと同じセットがあります。
値段が50円しか変わらないのがうれしいですね。
つまみ3品とそばのセットで「1,380円」というのは、なかなかそそる値付けですね♪
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』
今回注文したのは、「十割そば」と「とり天」のセット(640円)」
麺は、「田舎そば(太打ち)」をチョイス。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』「田舎そば(太打ち)」と「とり天」のセット
蕎麦は、真っ白い陶器の丸皿に山盛りで盛られています。
グレーがかったいかにも田舎そばといった色。
太くて平打ち。
十割らしく、つぶつぶもたくさん見えますね。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』
ネギとワサビ。
量は少な目。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』そばつゆトッピング
ツユはそれほど濃い目ではないですね。
底がうっすら見えています。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』そばつゆ
まず蕎麦だけを一口。
田舎そばらしいどっしり歯ごたえのある重量感が、舌と歯に伝わってきます。
のど越しというより、もぐもぐ食べる歯ごたえがいいですね。
コシもしっかりと強い。
そして、十割らしい蕎麦の風味がすごい。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』「田舎そば(太打ち)」
そばつゆは、蕎麦に比べてちょっと残念。
蕎麦の強さに対して、つゆが弱い。
醤油も出汁も、存在感を感じない。
ただ、つゆが弱いが故に、十割そば自体の味を邪魔していないとも言えなくもない。

こちらは、もう一つの名物「とり天」
揚げたてで、柔らかな肉とさっくりとした衣の歯ごたえがいいですね。
肉は胸肉で、薄めのカット。
ちょっと塩をつけて食べると、田舎そばのもっさり感のいいアクセントになります。
このセットは高相性ですね。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』「とり天」
最後は、蕎麦湯で割ってフィニッシュ。
ごちそうさまでした。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』蕎麦湯

馬喰町『東京バッソ』まとめ

『東京バッソ』の「十割そば」、とにかく蕎麦(麺)自体のクオリティはとても高いですね。
コシがあり、しっかりとした心地よい歯ごたえがある。
そして風味も楽しめる。
このクオリティで、単品「490円」は満足度が高いですね。

ただあえて欲を言えば、つゆが惜しい。
蕎麦に対してまったく存在感を感じない。
もう少し蕎麦をがっちり受けとめるだけのどっしりとした強さがあれば最高ですね。

「とり天」とのランチセットメニューもいいですね。
「とり天」に絞っているのがいいとも言えます。
無料のそば大盛り(400グラム)と組み合わせれば、サラリーマンでも満足できるボリューム。

ランチタイムに女性客もけっこういました。
しかも、セットで「とり天丼」を頼んでいるひとがけっこういました(笑)
女性が入りやすく、しっかりと量を食べられるお店はいいですね^^

あと、箸にもこだわりがあるのも高ポイント。
九州の大分県日田産のものだそうです。
とても持ちやすく、蕎麦がしっかりつかみやすかったですね。
口当たりもよし。
使い捨ての割りばしやプラスチック製の箸とは大違いでした。
一膳「1500円」で小売りもしているそうです。
馬喰町立ち食いそば『東京バッソ』
今度は夜の居酒屋タイムで、ダッタン蕎麦と山形の地酒を楽しんできたいと思います♪

『東京バッソ』詳細

店名 『東京バッソ』店
TEL 050-5594-9702
住所 東京都中央区日本橋馬喰町1-3-11
営業時間 [月~金]
11:30~14:30 17:30~22:00
[土]
11:30~14:30
定休日 日曜・祝日
アクセス・最寄り駅 総武快速馬喰町駅2出口から徒歩5分。デニーズ裏。
都営新宿線馬喰横山駅、都営浅草線東日本橋駅、日比谷線小伝馬町駅、総武線浅草橋駅からも徒歩10分以内。
馬喰町駅から166m
地図
Return Top