Trip-Nomad

名古屋『喫茶ツヅキ』の秘技「カフェオレ天井落とし」がスゴイ!名物モーニングを食べてきたよ!

名古屋『喫茶ツヅキ』の秘技「カフェオレ天井落とし」がスゴイ!名物モーニングを食べてきたよ!

名古屋にはちょっと変わったモーニングを出す喫茶店が多いです。
その中でも、異彩をはなっているのが『喫茶ツヅキ』

なんと、カフェオレを「天井落とし」という秘技で入れてくれるのです!
天井の高さからコーヒーとミルクを落とすことにより、フワフワこんもりの泡をした絶品カフェオレができあがるというわけ。

最近では、「乃木坂46」「NMB48」の聖地として巡礼するファンが多数来店!
若い子にも、名古屋喫茶店ブームが到来か!

今回の記事は、名古屋モーニングの異端児『喫茶ツヅキ』と、名物「カフェオレ天井落とし」について書いてみたいと思います!

『喫茶ツヅキ』とは?

まず簡単に、『喫茶ツヅキ』さんと、名物「カフェオレ天井落とし」について書いてみたいと思います。

『喫茶ツヅキ』さんの公式ホームページに、「脚立からカフェオーレについて」と説明がありました。

昭和21年に開業。

脚立からカフェオーレについて

「ユニーク珈琲を日夜研究するコーヒー野郎の店」と掲げる喫茶ツヅキ。

北は北海道 南は九州まで日本全国の喫茶店を回り、銀座においてコーヒーとミルクを別々に入れるカフェオレに出会いました。
それに衝撃を受け、高い位置から淹れるパフォーマンスが始まりました。

高い位置から淹れることにより味はまろやか 泡は30分も消えないほどふわふわです。

そして何より、このパフォーマンスでお客さまが喜んでくださるので これからも脚立からカフェオーレを淹れます。

昭和21年(1946年)に開業ですので、非常に歴史ある喫茶店です。
戦後すぐですからね。

お店の建物にかざられていた当時の写真がこちら。
この時代の「コーヒー」って、きっと最先端の飲み物だったのでしょうね。
『喫茶ツヅキ』外壁にかざられていた昔の写真
『喫茶ツヅキ』外壁にかざられていた昔の写真画像
『喫茶ツヅキ』外壁にかざられていた昔の写真画像

「カフェオレ天井落とし」について

この「カフェオレ天井落とし」というのは、私がつけた名前ではありませんよ!
お店公式公認のネーミングです^^

下記は、お店でいただいたパンフレット。
まるでラーメン屋の湯切りテクニックの「天空落とし」みたいですね。
『喫茶ツヅキ』「カフェオレ天井落とし」パンフレット・チラシ画像
この「カフェオレ天井落とし」というのは、コーヒーとミルクを別々に入れるスタイルのカフェオレを、天井すれすれの約2.5メートルの高さから作るというもの。

古い喫茶店では、お客さまの目の前でコーヒーとミルクを別々に入れるカフェオレというのは意外とあります。
こちらは、「銀座トリコロール」さんのアイスカフェオレ。
せいぜいこれくらいの高さ。
「銀座トリコロール」さんのアイスカフェオレ画像
ですが、この約2.5メートルの高さというのが『喫茶ツヅキ』流なのですね。
しかも、カップからこぼれない!
これが『喫茶ツヅキ』だけのオリジナルであり、神業であり、秘技であり、他のお店ではマネできないところなのですね。
突き抜けるって大事。

『喫茶ツヅキ』の場所と行き方

では、『喫茶ツヅキ』の場所と行き方について。

名古屋駅から徒歩で行くこともできますが、2キロ近くあるので20分くらい歩きます。

電車で行く場合は、地下鉄「中村日赤」か「中村区役所」が最寄り駅になります。

目印としては、太閤通りの大門交差点。
「大門」と書かれたアーケードがあり、「ローソンストア100」のすぐ裏になります。
太閤通りの大門交差点画像

けっこうにぎやかに看板を出しているので、すぐにわかります^^
『喫茶ツヅキ』看板画像
『喫茶ツヅキ』看板画像
『喫茶ツヅキ』看板画像

これが『喫茶ツヅキ』だ!

では、『喫茶ツヅキ』に突入していきます!

入り口には、老舗喫茶店らしい真面目な看板。
「自家焙煎珈琲」「SINCE 1946」「世界のフルーツパーラ」と書かれていることに、静かな自信を感じます。
『喫茶ツヅキ』看板画像
お店の正式な店名は、「喫茶ツヅキ&リントンコーヒーハウス」というのでしょうか。
『喫茶ツヅキ』看板画像
こちらは、モーニングとランチの看板。
『喫茶ツヅキ』モーニングとランチの看板画像
モーニングは、オープンの7時半から11時まで。
ランチは、11時から14時まで。
『喫茶ツヅキ』モーニングとランチの看板画像
お店は2階にありますが、入り口に行くまでにいろんな看板が^^
日夜ユニークな珈琲を研究する「珈琲野郎の店」。
ちょっと濃い目のキャラ・・・期待と不安が入り混じります。
『喫茶ツヅキ』画像
この「珈琲野郎」ことマスターは、若いころテレビにも出演していたようだ。
『喫茶ツヅキ』「珈琲野郎の店」画像
『喫茶ツヅキ』おすすめメニューには、名物の「カフェオレ」のほかに、「抹茶コーヒー」「ぜんざいコーヒー」なるものが・・・
ここら辺から、名古屋らしさ全快となってきました。
『喫茶ツヅキ』ドリンク看板画像
店内をのぞくと、何やら花がいっぱい。
『喫茶ツヅキ』自動ドア入り口から店内画像
店内に入ると、さらに花やら植物がいっぱい・・・
植物園みたいです。
『喫茶ツヅキ』店内画像
『喫茶ツヅキ』店内画像

『喫茶ツヅキ』のこだわりメニューがすごい!

席について、メニューを見てみます。
かなり充実のメニューです。

まずはお目当てのモーニングメニューから(~11時まで)。
モーニングメニューは、下記の3種類。
すべてドリンク付きです。

Aセット 450円:ロールパンドッグ(玉子・ハム)
Bセット 550円:明方ハムサンド
Cセット 600円:オープントースト(ツナまたは玉子、またはハム)

『喫茶ツヅキ』モーニングメニュー画像
セットドリンクは、「コーヒー」「ミルク」「紅茶」「ソーダ水」から選べます。
プラス150円で、名物カフェオレに変更可能です。
『喫茶ツヅキ』モーニングメニューセットドリンク画像
こちらは、フラッペのメニュー。
いちばん最後の、「きゅうり」「トマト」が気になる・・・
『喫茶ツヅキ』フラッペのメニュー画像
フレッシュジュースもあります。
ここでも「きゅうり」が気になる・・・
『喫茶ツヅキ』フレッシュジュースメニュー画像
こちらは、デザートメニュー。
「小倉パフェ」があるのも、名古屋らしい。
『喫茶ツヅキ』デザートメニュー画像
日夜ユニークな珈琲を研究すると宣言しているだけあって、マニアックなメニューも多数。
入り口に書かれていた「抹茶コーヒー」「ぜんざいコーヒー」の他にも、「日本茶コーヒー」「うめぼしコーヒー」「しょうがコーヒー」なんてメニューも・・・
気になるぅっ!
『喫茶ツヅキ』マニアックコーヒーメニュー画像
『喫茶ツヅキ』マニアックコーヒーメニュー画像
アイスコーヒーのラインナップもいい感じです。
「ブロードウェイ」「イマジネーション」といった、まったく想像ができないものも・・・
『喫茶ツヅキ』アイスコーヒーメニュー画像
「珈琲野郎の店」らしく、本格ストレートコーヒーも揃っています。
『喫茶ツヅキ』本格ストレートコーヒーメニュー画像
ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆を使った希少なコーヒー「コピ・ルアク」の本物が飲めるほど、実はすごいお店。
『喫茶ツヅキ』コピ・ルアクポスター画像
お目当てのカフェオレは、500円。
『喫茶ツヅキ』カフェオレメニュー画像
フードメニューも充実しています。
サンドウィッチやホットサンドはもちろん、ホットケーキなどもありますね。
個人的には、フルーツサンドが食べてみたい。
『喫茶ツヅキ』フードメニュー画像
そして、こちらがランチメニュー。
「コンビランチ(750円)」「プレートランチ(750円)」「ハーフランチ(550円)」
モーニングを逃しても、このランチメニューならかなりお得感ありますね。
『喫茶ツヅキ』ランチメニュー画像

これが『喫茶ツヅキ』のモーニングセット!

さて、今回私が注文したのは、モーニングの「Cセット」。
いちばん人気だそうです。
トーストの具は、玉子をチョイス。
セットドリンクを「カフェオレ」に変更したので、600円から750円になりました。
『喫茶ツヅキ』モーニングの「Cセット」メニュー画像
こちらが実物の「Cセット」。
玉子の黄色と、ケチャップの赤が、実に鮮やか!
『喫茶ツヅキ』モーニングの「Cセット」玉子トースト画像
トーストは、生地がもっちり、玉子はモサモサ感なくてうまし!
メニューの写真ではまったく美味しそうに見えなかったけど、いい意味で裏切られました^^
(名古屋のサンドウィッチの玉子って、関東のものとすこし違うような気がしますね)
『喫茶ツヅキ』モーニングの「Cセット」玉子トースト画像
パンには切れ目も入っていて、細やかな気づかいがうれしい。
『喫茶ツヅキ』モーニングの「Cセット」玉子トースト画像
ハムは、2種類。
おそらく、「明方ハム」。
『喫茶ツヅキ』モーニングの「Cセット」ハム画像
バナナ、グレープフルーツ、オレンジ、パイン、メロン、ぶどう、スイカといったフレッシュでジューシーなフルーツたち!
これはうれしい!
『喫茶ツヅキ』モーニングの「Cセット」フルーツ画像
モーニングのセットは、いちばん人気の「Cセット」を注文して間違いなし!
お値打ちです!

これが『喫茶ツヅキ』で「カフェオレ天井落とし」だ!

モーニングプレートが来てからしばらくすると、小さなお盆に乗ったカフェオレセットが運ばれてきました。
空のコーヒーカップと、たっぷり目に盛られた生クリーム。
これからあの「カフェオレ天井落とし」というパフォーマンスが目の前で繰り広げられると思うと、ちょっとドキドキ。
『喫茶ツヅキ』カフェオレセット画像
生クリームは、甘さが少し入っているもの。
これはあとからお好みでカフェオレに入れるものなので、これだけで舐めるものではありません(舐めてもいいけど)。
『喫茶ツヅキ』カフェオレセット画像
そして、コーヒーとミルクが入ったポットと脚立(まるで工事現場!)をもって、お兄さん登場!
あの珈琲野郎おっさんじゃない!
息子さんらしいです。
イケメンです。
(顔はあとで出てきますのでお楽しみを!)
『喫茶ツヅキ』ポットと脚立をもってきたお兄さん画像
こちらが、カフェオレ用のポット。
ちゃんと、右手用、左手用、別々の仕様になっています。
『喫茶ツヅキ』カフェオレ用銅製ポット画像
お兄さんから、カフェオレの説明があります。
カフェオレの説明というより、「カフェオレ天井落とし」の撮影の仕方といっていいですね^^
最高の瞬間を逃さないように、いろいろと撮影手順やカメラの向き、場所のアドバイスをしてくれます。
とにかく、この「カフェオレ天井落とし」は、「お客参加型」のようです^^

「カフェオレ天井落とし」撮影は、3回に分けて行われます。
1回目は、正面からの撮影。
コーヒーカップのアップから始まり、すこし引きながら上へとカメラを動かしていきます。

この位置から、コーヒーとミルクが投入されます。
みるみるカップに吸い込まれていきます。
お兄さんも集中している雰囲気が出ています。
『喫茶ツヅキ』「カフェオレ天井落とし」最中の画像
まったくコーヒーカップからこぼれない!
これぞ神業!
『喫茶ツヅキ』「カフェオレ天井落とし」最中の画像
そして、お兄さんの持ったポットが、天井に「ドン!」と当たったら、1回目終了。
お兄さんもまだ集中した顔しています。
『喫茶ツヅキ』「カフェオレ天井落とし」最中の画像
そこまでの動画がこちら。

2回目は、脚立の下にもぐってカメラを上にかまえて撮影。
上から落ちてくるコーヒーとミルクの、迫力ある映像が撮れるということです。

たまたま隣のボーイズたち(「乃木坂46」のファンの子)も、カフェオレを頼んでいたのでパチリしましたが、こんな感じです。
ふたりだと、同時に撮影できていいですね。
『喫茶ツヅキ』「カフェオレ天井落とし」撮影風景画像

脚立の下からのアングルでの写真がこちら。
目の前のカップに、コーヒーとミルクが「じょぼじょぼ」と音を立てて注ぎ込まれていきます。
『喫茶ツヅキ』脚立下からの「カフェオレ天井落とし」画像
おおー、高い!
このアングルだと、緩やかな弧を描きながら落ちていく液体の様子がよく見えますね。
『喫茶ツヅキ』脚立下からの「カフェオレ天井落とし」画像

脚立下からの動画がこちら。

そして3回目が、近い高さから仕上げ。

「カフェオレ天井落とし」が終わり、できあがったカフェオレがこちら。
高さ2.5メートル、両手から注ぎ落されたコーヒーとミルクがまったくこぼれていない!!
そして、その高さだからこそできるこんもりフワフワの泡!
(撮影ために、わざわざ後ろにポットを置いてくれるお兄さん)
『喫茶ツヅキ』出来あがりカフェオレ画像
そして、お兄さんからその泡に鼻をつけて飲むようにという指示。
まあお約束なのでしょう。
はい。
『喫茶ツヅキ』泡を鼻につけて飲む画像
そして、上を向く。
あまり泡がついていなかったのが残念。
『喫茶ツヅキ』泡を鼻につけて飲む画像
まだまだ撮影タイムは続きます。
脚立に乗せてくれたり・・・
『喫茶ツヅキ』脚立に乗って撮影画像
ポットを持たせてくれたり・・・
『喫茶ツヅキ』脚立に乗ってポットを持つ画像
そして、極めつけは、「猫舌ですか?」という確認の元、口の中へ直接の「カフェオレ天井落とし」!
(撮影は、スタッフのおばちゃん)
『喫茶ツヅキ』直接口へカフェオレ画像
最後に、お兄さんといっしょにパチリ!
『喫茶ツヅキ』お兄さんと記念撮影画像
名古屋らしいサービス満点の撮影会が終わり、やっとカフェオレを飲む。
パフォーマンスを見たあとのこのカフェオレは、格別です^^
普通に美味しいですよ。
『喫茶ツヅキ』カフェオレ画像
生クリームを落として、また違った味を楽しめるのもいいですね。
『喫茶ツヅキ』カフェオレに生クリーム入れた画像

『喫茶ツヅキ』は「乃木坂46」「NMB48」ファンの聖地巡礼の定番となるか?

『喫茶ツヅキ』は、テレビや雑誌など数多くのメディアに出ている、名古屋ではちょっとした有名店です。
最近では、「乃木坂46」「NMB48」などのメンバーがテレビ撮影に来たそうです。
(お店の公式ブログより写真お借りしました。「乃木坂46時間TV」という番組のようです)
『喫茶ツヅキ』に「乃木坂46時間TV」撮影で来店した「乃木坂46」メンバーさゆりんご軍団画像
サイン入りのお皿もありました。
(左の「さゆりんご軍団」と書いてあるのが「乃木坂46」ですね)
『喫茶ツヅキ』「乃木坂46」「NMB48」のサインが書かれたお皿画像
その放送をみたファンのひとが、『喫茶ツヅキ』を聖地巡礼として訪問しているそうです。
私がお店に行った日の前日(2016年8月6日・7日)、名古屋で「乃木坂46」のコンサートがあったそうで、この日もけっこうファンの子が来店していたようです。
私もファンの人かと思ったとおばちゃんに言われました(^_^;
(私はまったく知らずに行きました)

聖地巡礼地として、お店が繁盛するといいですねー^^

『喫茶ツヅキ』のおまとめ!

いかがでしたか?
『喫茶ツヅキ』の「カフェオレ天井落とし」!
サービス満点で激戦の名古屋のモーニングでも、ここまでパフォーマンスを楽しませてくれるモーニングメニューはないのではないでしょうか。
コーヒーはもちろん。食べ物も美味しいし、お兄さんも気さくで楽しい。
普通の名古屋モーニングに飽きたら、ぜひ『喫茶ツヅキ』へ。
名古屋の喫茶店文化の奥深さを実感しますよ^^

『喫茶ツヅキ』詳細

店名 喫茶ツヅキ
住所 〒453-0811 名古屋市中村区太閤通6-1 ツヅキビル2F
電話番号 052-482-0001
7:30~19:30 年中無休
公式ホームページ http://kissatuzuki0.wixsite.com/kissatuzuki
公式ブログ http://ameblo.jp/kissatsuzuki/
地図
Return Top