Trip-Nomad

【駅弁】「SLばんえつ物語」車内販売限定『オコジョのたからばこ』!新潟と福島両方の名産が楽しめるよ

【駅弁】「SLばんえつ物語」車内販売限定『オコジョのたからばこ』!新潟と福島両方の名産が楽しめるよ

先日「青春18きっぷ」を使って日本縦断の旅をしてきました。
そのとき、福島県会津若松駅から新潟駅まで乗車した「SLばんえつ物語」で購入した駅弁が『オコジョのたからばこ』

「SLばんえつ物語」の車内でしか買えない限定駅弁です!
福島県と新潟県の名物、素材をたっぷり詰め込んだ欲張りな駅弁。
パッケージに書かれた「オコジロウ」と「オコミ」というオリジナルキャラクターもかわいらしい♪

今回の記事では、人気観光列車「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』をご紹介します。

「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』を実食!その感想は?

今回、福島県の会津若松駅から乗ったのは、磐越西線の「SLばんえつ物語」
予約がなかなか取れない、超人気の蒸気機関車です。
車両は「C57 180号機」。
いかにも「鉄の塊」といった重量感あふれる車体です。
ですが、蒸気機関車のなかでは、その気品ある姿から「貴婦人」との相性がつけられています。
この車両は、昭和21(1946)年から昭和44(1969)年まで現役としてに活躍。
廃車後は、新津市立新津第一小学校の校庭で静態保存されていました。
それを、平成11(1999)年4月に復活させたものになります。
「SLばんえつ物語」C57 180
「SLばんえつ物語」C57 180
「SLばんえつ物語」は、福島県会津若松駅と新潟駅の間を運行しています。
福島県会津若松駅と新潟駅間案内板

「SLばんえつ物語」については、下記ブログ記事で詳しく書いています。
よろしければどうぞ♪
⇒ 会津若松~新潟】自然やグルメを堪能!『SLばんえつ物語』の旅!乗る前に知っておきたい情報や秘話やらあれこれ

 
今回わたしは、会津若松駅から乗車。
福島県会津若松駅
15時25分、会津若松駅を出発~
福島県会津若松駅と新潟駅間案内板
さっそく駅弁を買うために、5号車にある売店へ。
手前に並んでいる黒い大きな袋が、お目当ての駅弁『オコジョのたからばこ』!
「SLばんえつ物語」5号車売店
駅弁のお供には、やっぱり地ビールでしょ。
ってことで、サッポロの新潟限定ビイル「風味爽快ニシテ」をチョイス。
「SLばんえつ物語」サッポロの新潟限定ビイル「風味爽快ニシテ」
で、こちらが購入した「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
お値段は1,300円。
紙の手提げ袋に入っている駅弁って珍しいですよね。
しかも茶色(笑)
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
紙袋に貼られているシールには、「オコジロウ」と「オコミ」という「SLばんえつ物語」のオリジナルキャラクターが。
「オコジョ」というのは、この「SLばんえつ物語」が走っている沿線に生息している小さな動物。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
こちらが、ちょっと恥ずかしいパッケージ(笑)
カギ穴が書かれていたりしているところを見ると、宝箱をイメージしたパッケージデザインなのでしょうね。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』パッケージ
横から見ると、高さがあるのがわかりますね。
実は2段重ねの弁当になっています。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
駅弁のおまけに、オリジナルコースターがついています。
鉄道マニアのかたはうれしいでしょうねー。
「SINCE 1999」と入っていますが、この年に「SLばんえつ物語」は運行を開始しています。
けっこう長いのですね。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
2段重ねの弁当を開けてみると、福島県と新潟県の食材で作られた名物がぎっしり!
彩りも美しいですね。
赤いお弁当箱にとても映えます。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
こちらの箱には、美味しそうなおかずたちが。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
こちらは煮物。
麩・椎茸・人参・がんも・里芋・きぬさや・たけの子が入っています。
やさしい味つけ。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
そして、鮭の粕漬け(津川の麒麟山酒粕使用)、もちぶたの肉団子、越の鶏の塩焼き(新潟県産鶏)、大根味噌漬。
個人的には、鮭の粕漬けがおいしかったなあ。
粕漬け独特の甘さと柔かさが、ご飯のおかずにぴったり。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
そして、この駅弁でいちばん目立っているのがこの玉子焼き。
「C57」の焼印入!
この焼き印が入っているだけで、なんか貴重な感じがしてきます(笑)
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』「C57」の焼印入玉子焼き
こちらの箱には、ご飯とデザート。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
栗とくるみが入った笹巻おこわ。
生笹で三角形に巻き上げるのは、越後地方独特らしいです。
笹の香りが実にいいですね。
栗とくるみのコリコリッとした食感と、ねっとりとしたおこわの食感との対比がたのしい。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』笹巻おこわ
シンプルな塩にぎり。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』塩にぎり
デザートの甘味菓子、笹だんご。
新潟県新津市にある老舗の和菓子店「羽入」さん製造のもの。
「三色だんご」で有名なお店みたいです。
しっかりと感じるよもぎの香りの草餅と、たっぷりのあんこがうまい。
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』笹だんご

「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』のおまとめ

ボリュームがあって、美味しい駅弁でした。
パッケージがかわいらしいので、子どもっぽい中身をイメージしていましたが、ちゃんと大人仕様でした(笑)

駅弁の大きな楽しみは、その地域の名物が楽しめるということ。
この『オコジョのたからばこ』は、福島県と新潟県の名物を同時に食べられるお得感がありますね。
福島と新潟をつなぐ「SLばんえつ物語」ならではの駅弁ですね。

車窓をみながらのんびり食べる駅弁
幸せ~^^
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』
最後に、『オコジョのたからばこ』の「お品書き」を書いておきますね。

・煮物(麩・椎茸・人参・がんも・里芋・きぬさや・たけの子)
・焼物 鮭の粕漬け(津川の麒麟山酒粕使用)
・玉子焼き(C57の焼印入)
・お肉 もちぶたの肉団子
・越の鶏の塩焼き(新潟県産鶏)
・ご飯 塩おにぎり
・笹巻おこわ(栗とくるみ入)
・漬物 大根味噌漬
・甘味菓子 笹だんご(新津羽入)
「SLばんえつ物語」車内限定駅弁『オコジョのたからばこ』お品書き

岡山駅の駅弁『オコジョのたからばこ』の詳細

名称 オコジョのたからばこ
価格 1,300円
購入駅 「SLばんえつ物語号」車内
販売元 神尾弁当
公式ホームページ http://www.bentou.net/
公式ツイッター https://twitter.com/kamiobentou

Return Top