Trip-Nomad

【カンボジア】第3の世界遺産に決定!マニアック観光地『サンボー・プレイ・クック遺跡』!

【カンボジア】第3の世界遺産に決定!マニアック観光地『サンボー・プレイ・クック遺跡』!

カンボジアには、2つの世界遺産がある。
ひとつがカンボジアとタイの国境にある『プレアヴィヒア寺院』。
もう一つがアンコールワットがある『アンコール遺跡』

そして、カンボジア第3の世界遺産となるのではないかと静かな期待が寄せられているところがある。

それが『サンボー・プレイ・クック遺跡』である。
『アンコール遺跡』よりもはるか昔の遺跡群。

今日は、そんな『サンボー・プレイ・クック遺跡』をご紹介します!

【お知らせ】2017年7月8日、カンボジアで第3の世界遺産の登録へ向けて準備されていた「サンボープレイクック遺跡群」が世界文化遺産として認定されました!
おめでとうございます!!

それにあわせて、ブログ記事タイトルを変更しました。
【カンボジア】第3の世界遺産なるか?マニアック観光地『サンボー・プレイ・クック遺跡』!
  ↓  ↓
【カンボジア】第3の世界遺産に決定!マニアック観光地『サンボー・プレイ・クック遺跡』!

『サンボー・プレイ・クック遺跡』とは?

まず『サンボー・プレイ・クック遺跡(Sambuor Prei Kuk・Prasat Sambour Prey Kuh)』について簡単に書いてみます(「goo辞書」より引用)。

カンボジア中央部にある都城遺跡。シェムリアップの南東約170キロメートルに位置する。7世紀初頭、イシャーナバルマン1世が建てた真臘朝の都イシャーナプラと考えられている。八角形の祠堂をはじめ、インドのドラビダ様式に影響を受けたソンボー様式とよばれる煉瓦造の遺跡が多く残っている。アンコール遺跡群に先行するクメール建築として注目されている。ソンボープレイクック。

これだけだとよくわからないと思うので、簡単に補足します。

この7世紀初頭という時代ですが、日本では聖徳太子の法隆寺の創建(607年)と同時代になります。

アンコールワット遺跡群が、12世紀初頭です。
アンコールワット遺跡よりもかなり古い時代の遺跡です。

『サンボー・プレイ・クック遺跡』の場所も確認してみましょう。
位置的には、首都プノンペンとアンコールワットのあるシェムリアップの中間あたりに位置しています。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

グーグルマップはこちら。

シェムリアップから約180キロ、車で3時間ほどかかります。
結構大変です(^_^;

こちらが、『サンボー・プレイ・クック遺跡』の中心部の地図。
(地図はウィキペディアより)
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

「プラサット・タオ(Prasat Tao)」「プラサット・ソムボー(Prasat Sambor)」「プラサット・イェイ・ポアン(Prasat Yeah Puon)」の3つが主要な遺跡になります。

これが『サンボー・プレイ・クック遺跡』だ!

では、撮影してきた『サンボー・プレイ・クック遺跡』の写真をご紹介していきますね!

まず、こちらが「プラサット・タオ」にある塔。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像
こちらには、遺跡の目玉のひとつである「シンハ像(獅子)」がいます。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像
日本の神社の「狛犬(こまいぬ)」、沖縄の「シーサー」みたいですよね。
たてがみの動きを感じる凹凸がしっかりと残っていますよね。
後ろから見るとこんな感じ。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

遺跡の外観はこんな感じです。
8角形のフォルムが特徴的なようです。
入り口上に、細かな彫刻も確認できます。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

中から上を見上げるとこんな感じ。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

こんな独特の木も生えています。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

まだまだ整備しきれていない遺跡たち。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

こちらは、「プラサット・イェイ・ポアン」の壁にある彫刻。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

この彫刻では、ライオン(右側)と格闘している人間の姿が確認できます。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

こちらは、「プラサット・ソムボー」の遺跡。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

この建物の外壁には、空飛ぶ宮殿(フライング・パレス)が描かれています。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

中から上を見上げるとこんな感じ。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

入り口の上には、カンボジアらしいモチーフの彫刻がきれいな状態で残されています。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

こちらは、リンガ(男性器)とヨニ(女性器)。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

側面には、細かな彫刻が施されています。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

こちらも、リンガ(男性器)とヨニ(女性器)。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

他の遺跡にも、このようなはっきりと顔が認識できる彫刻も。
カンボジア人らしくないホリの深い顔立ちが興味深い。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

お約束の、自然に飲み込まれる遺跡。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

『サンボー・プレイ・クック遺跡』に行きたいけどどうしたらよい?

では、『サンボー・プレイ・クック遺跡』に行きたいけどどうしたらよいのでしょうか?

手軽なところだと、ツアー会社がオプショナルツアーとして扱っていたりします。
サンボープレイクック遺跡群とコンポンクデイ1日観光

ですが、もっと『サンボー・プレイ・クック遺跡』と深く触れ合いたいと思ったなら、こちらの方をチェックしてみてください。
『Napura-works(ナプラワークス)』代表 吉川舞さん
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

彼女は、『サンボー・プレイ・クック遺跡』の「エバンジェリスト(伝道師)」として精力的に活動されています。
単なる遺跡ガイドではありません。

表面的な観光で終わるのでなく、「サンボー」の魅力を最大限に伝えるため、味わってもらうために、地域文化や村や人などの生活も体験してもらうといった面白い試みにチャレンジされています。
カンボジア『サンボープレイクック遺跡群』画像

この動画は、吉川舞さんの案内で『サンボー・プレイ・クック遺跡』に行ったときにホームステイした場所。

こちらのフェイスブックから『Napura-works(ナプラワークス)』さんの活動をチェックしてみて下さいね。
https://www.facebook.com/pages/Napura-works/709479959098139

Return Top