Trip-Nomad

【カンボジア】シェムリアップの日本人経営ゲストハウス②『マントラ』さんに泊まったよ!

【カンボジア】シェムリアップの日本人経営ゲストハウス②『マントラ』さんに泊まったよ!

カンボジア・アンコールワット観光の拠点となる町「シェムリアップ」。
この「シェムリアップ」で、日本人経営のゲストハウスをシリーズでご紹介させていたているコーナー。

今回は第2回目として、『マントラ アンコール ブティック ヴィラ(Mantra Angkor Boutique Villa)』さんをご紹介します!
(→1回目「クロマーヤマト・ゲストハウス」)

*シリーズのタイトルは「ゲストハウス」ですが、「ゲストハウス」だけでなく日本人経営の宿全般をご紹介させていただいています。

アンコールワットに何べんも行きたい人にぴったり!

こちらが『マントラ アンコール ブティック ヴィラ(以下、マントラ)』さんの入り口です。
さわやかなグリーンが特徴です。
カンボジア『マントラ アンコール ブティック ヴィラ』画像

中に入ると、開放的な中庭があります。
奥にはビリヤード台もあります。
カンボジア『マントラ アンコール ブティック ヴィラ』画像
カンボジア『マントラ アンコール ブティック ヴィラ』画像

このマントラさんの「マントラ」という名前は、漫画の「ONE PIECE(ワンピース)」から来ているそうです。
(私は「ワンピース」を読んでいないのでわからないのですが、読んでいるかたならすぐわかるようです)
カンボジア『マントラ アンコール ブティック ヴィラ』画像

マントラさんの特徴は、立地ですね。

中心街から、ちょっと離れた場所にあります。
アンコールワットに近いといったほうがいいですね。
日本人経営の宿の中で、一番アンコールワットに近いです。
ですので、滞在中に何回もアンコールワットに通いたいという場合は、ぴったりの宿だと思います。
カンボジア『マントラ アンコール ブティック ヴィラ』地図マップ画像

そして、すぐ隣にはシェムリアップのキリングフィールド「ワット・トゥメイ」、
少し歩けば、日本人経営の人気お土産屋さん「カンボジア・ティータイム」さんや、同じく日本人経営の「カフェ・モイモイ」さんがあります。

値段の割には広い室内!

「ブティック ヴィラ」という名前をつけているだけあって、ゲストハウスではありません。
ですが、価格はかなりゲストハウスに近いリーズナブルな設定になっています。
(宿泊料金の詳細はこちら→公式HP宿泊

私が宿泊した部屋は下記のシングルルーム(ファン付)。
値段は1泊12ドル(ハイシーズン時)。

この広さでこの料金はかなりコストパフォーマンスが高いですね。
カンボジア『マントラ アンコール ブティック ヴィラ』画像

ベッドも広々したキングサイズで快適です。
カンボジア『マントラ アンコール ブティック ヴィラ』画像

マントラさんの敷地内、室内の様子は、下記の動画で撮影してYouTubeにアップしております。
よかったら見てみて下さいね!

マントラさんの若いオーナー高橋ナオさん(通称DJさん)。
とても男っぽく、そしてやさしいナイスガイです^^
カンボジア『マントラ アンコール ブティック ヴィラ』指圧画像

高橋氏をはじめ、フレンドリーなスタッフがあたたかく迎えてくれますよ!

施設内には、日本人の指圧サービスがあります。
カンボジア『マントラ アンコール ブティック ヴィラ』指圧画像

名称 マントラ アンコール ブティック ヴィラ(Mantra Angkor Boutique Villa)
住所 Trapeang Seh, Kouk Chak, Krong Siem Reab, Siem Reap SIEM REAP CAMBODIA
電話 (+855)89620016
公式HP http://mantra.jpn.com/
ブログ http://www.siemreap-guesthouse.jpn.com/
フェイスブック https://www.facebook.com/mantraangkor/
地図

■ホテルの料金を比較&予約してみる!

「ホテル予約サイト」を利用すると、旅はグッと広がりを見せます。
「ホテル予約サイト」の定番であり双璧なのは「agoda(アゴダ)」と「Booking.com(ブッキングドットコム)」。
クレジットカードで先に支払える「agoda(アゴダ)」、予約だけで支払いは現地で行う「Booking.com(ブッキングドットコム)」。
料金だけでなく、それぞれのサービスで強みも違いますし、相性もあります。
その時のタイミングや状況でサービスを使い分けるのがいいでしょう♪

アゴダロゴ画像 アゴダ」で予約すると、支払いまで完了します。ですので、ホテルで支払いするわずらわしさはありません。

「アゴダ」で「マントラ アンコール ブティック ヴィラ」を見てみる

ブッキングドットコムロゴ画像 booking.com」で予約すると、予約のみで支払いは現地ホテルで行います。まずは宿をおさえておきたいときに向いています。

「Booking.com」で「マントラ」を見てみる

Return Top