Trip-Nomad

【モスクワ】「赤の広場」まで徒歩圏内なのに驚きの安さ!『マトリョーシカ ホテル』は最高のコスパだったよ!

【モスクワ】「赤の広場」まで徒歩圏内なのに驚きの安さ!『マトリョーシカ ホテル』は最高のコスパだったよ!

こんにちは!
Ken(@kanyesina)です。

先日、モスクワに行ってきました。
モスクワは、わたしが8年近く住んだ第2の故郷。
ちょっくら里帰りという感じで行ってきました。

そのモスクワ滞在時、中心部で宿泊したホテルが、『マトリョーシカ ホテル(Matreshka Hotel)』

このホテルの魅力は、なんといっても立地のよさと格安な料金!
モスクワのど真ん中、ボリショイ劇場のそばで、赤の広場、クレムリンまでも徒歩圏内(5分)という最高の立地。
それなのに料金は、Airbnb(民泊)なみの安さ!
立地と料金のバランス、コスパのよさはかなりのものです。

今回は、モスクワ中心部で最安値クラスの宿『マトリョーシカ ホテル』をご紹介しますよ!

『マトリョーシカ ホテル』の場所について

ではまず、『マトリョーシカ ホテル』の場所について。
場所は、モスクワの中心地「キタイ・ゴーラド」エリア。
ボリショイ劇場や、メトロポールホテル、サヴォイホテルといった一流ホテルなどが集まるエリアです。
モスクワ観光の拠点としては、これ以上ない立地のよさです。

最寄り駅は、メトロ「クズネツキーモスト(Kuznetsky Most)」駅、「アホートヌイ・リャート(Okhotny Ryad)」駅、「チアトラーリナヤ(Teatralnaya)」駅など。
どの駅からでも、徒歩10分圏内です。

「クズネツキーモスト(Kuznetsky Most)」駅からの行き方、ルートはこちら。
(『マトリョーシカ ホテル』を起点とすると、グーグルマップのルート検索がうまく表示されないのですこしずらしています)

「アホートヌイ・リャート(Okhotny Ryad)」駅からの行き方、ルートはこちら。

ホテルの入口は、すこしわかりにくいかもしれません。
大通りから小道に入って奥まったところにあります。
下記画像の小道を入っていきます。
『マトリョーシカ ホテル』
門とゲートがあるので、「本当にここでいいのかなあ」と躊躇するかもしれませんが大丈夫です^^
『マトリョーシカ ホテル』
わたしが撮影した画像だとちょっとわかりにくいので、ストリートビューを貼っておきます。
表示されている画面、2つの建物の間の細い路地を入っていきます。
ちなみに、この右側の国旗を掲げている建物は、「ロシア連邦運輸省」です。

路地に入っていくと、『マトリョーシカ ホテル』の入り口に到着します。
『マトリョーシカ ホテル』入口

『マトリョーシカ ホテル』と近隣ホテルの料金比較

『マトリョーシカ ホテル』の立地の良さがわかったところで、このエリアの他のホテルとの料金比較をしてみたいと思います。

『マトリョーシカ ホテル』の料金ですが、シングルルームで1泊4,000円代~5,000円代。
ツインベッドルーム(2人利用)で、8,000円代~9,000円代です。
ちょっと信じられない値段ですね。

『マトリョーシカ ホテル』の近隣にあるホテル(徒歩3分内)とも、料金比較をしてみたいと思います。

『メトロポール ホテル』は、シングルルームで1泊22,000円代~26,000円代。
ツインベッドルームで、26,000円代~32,000円代。

『サヴォイ ホテル』は、シングルルーム、ツインベッドルームともに1泊22,000円代~30,000円代。

すごい料金差ですよね。
『メトロポール ホテル』『サヴォイ ホテル』ともに名門ホテルなので、『マトリョーシカ ホテル』とグレードは全く違いますし、単純に料金比較はしにくいです。
ですが、それだけこの高級ホテルが密集するエリアでこの価格帯で泊まれるホテルがあるというのが珍しいとも言えます。

これが『マトリョーシカ ホテル』の部屋だ!

ではここからは、『マトリョーシカ ホテル』に関してレビューしていきますね。

ホテルの入口を入ってすぐ目に入るのが世界地図。
宿泊者が、出身国のところにピンを指しています。
ロシア国内、ヨーロッパからの宿泊者が多いですね。
『マトリョーシカ ホテル』世界地図
日本のところにはまだ刺さっていなかったので、東京のところに指しておきました^^
『マトリョーシカ ホテル』世界地図
こちらが、『マトリョーシカ ホテル』のフロント。
チェックイン前、チェックアウト後も荷物預かりしてくれます。
フロントのそばに預かり荷物専用の部屋があり、そこに自分で出し入れするスタイル。
『マトリョーシカ ホテル』フロント
チェックインして受け取ったカギ。
キーホルダーがマトリョーシカの形。
『マトリョーシカ ホテル』カギ
ホテル内は、けっこう殺風景です^^
『マトリョーシカ ホテル』ホテル内廊下
ではでは、室内の設備チェックを。
こちらがベッド。
横幅サイズは大きくないですが、必要十分なサイズ。
問題なし。
『マトリョーシカ ホテル』ベッド
こちらはトイレ。
ウォシュレットではありません。
ちゃんと流れるのでOK。
『マトリョーシカ ホテル』トイレ
トイレは、注意点1つ。
トイレットペーパーが細い穴から出るタイプなのですが、これが詰まりやすい。
(ホテルのトイレでこのタイプのケースを見つけたら要注意!)
案の定、速攻で詰まった(笑)
ケース自体が鍵でロックされているので中をあけられず。
チェックアウトまでに詰まりは対処されず、トイレットペーパーをもらって普通に使う羽目に。
チェックインしたら、まずこのトイレットペーパーが詰まっていないかをチェックしたほうがいいです。
用を足して使おうと思って使えなかったらシャレになりませんので。
『マトリョーシカ ホテル』トイレットペーパー
洗面所。
歯ブラシなどのアメニティ類はありません。
『マトリョーシカ ホテル』洗面所
シャワー。
湯船はありません。
『マトリョーシカ ホテル』シャワールーム
壁掛けタイプのテレビ。
『マトリョーシカ ホテル』テレビ
洋服をかけるハンガーと鏡。
『マトリョーシカ ホテル』洋服をかけるハンガーと鏡
デスクと椅子。
板はめちゃ薄いですが、使うのに問題ありません。
『マトリョーシカ ホテル』デスクと椅子
電源。
ロシアは「Cタイプ」です。
『マトリョーシカ ホテル』電源

『マトリョーシカ ホテル』のネット環境ですが、館内無料Wi-Fi完備。
とくに問題なく使えました。
ただ、速さはそれほど高速ではないですね。
部屋や場所によって、スピードに差があるような感じがしました。

『マトリョーシカ ホテル』の宿泊予約について

『マトリョーシカ ホテル』の宿泊予約は、下記ホテル予約サイト「エクスペディア」「ブッキングドットコム」から予約可能です。
料金比較をしてから選ぶといいですね。

「アゴダ」「ブッキングドットコム」では、いろんなプランが掲載されていますので、チェックしてみてくださいね。

エクスペディアロゴ画像 エクスペディア」は、ホテルとフライトをパッケージにした場合、すごいお得になる場合があります。

「エクスペディア」で「マトリョーシカ ホテル」を見てみる

ブッキングドットコムロゴ画像 booking.com」で予約すると、予約のみで支払いは現地ホテルで行います。まずは宿をおさえておきたいときに向いています。

「Booking.com」で「マトリョーシカ ホテル」を見てみる

『マトリョーシカ ホテル』のおまとめ

『マトリョーシカ ホテル』は、とにかくコスパが高いホテルですね。
モスクワの中心地で、この「安さ」で泊まれるホテルはちょっとないと思います。

モスクワは渋滞がひどいんです。
そして、郊外に行くほど治安も不安になります。
ですので、中心部に宿泊するメリットはとても大きいです。
ただ、中心部は宿泊料金が高いことがネックでした。
『マトリョーシカ ホテル』は、そんな料金的なネックを解消したありがたいホテルです。

ただ、全てにおいて必要最低限のシンプルなホテルです。
サービスにおいても、設備においても。
とくに問題はないですが、充実しているという感じはありません。
泊まれればいいというレベルです。

新婚旅行で泊まるというホテルではないかな。
予算をおさえてモスクワ観光を楽しみたいという人にとっては、最高に魅力的なホテルでしょう。

『マトリョーシカ ホテル』詳細

名称 Matreshka Hotel(マトリョーシカ ホテル)
住所 Teatralniy Proezd, 3, Bld. 3 Moscow 109012
電話 +7 495 626-69-82
アクセス・最寄り駅 メトロ「クズネツキーモスト」駅、「アホートヌイ・リャート」駅、「チアトラーリナヤ」駅
チェックイン・アウト チェックイン:14:00~
チェックアウト:12:00
公式ホームページ http://www.matreshkahotel.ru/eng/
地図
Return Top