Trip-Nomad

【香川】『鬼ヶ島大洞窟』を探検してきた!鬼や桃太郎もいたよ!

【香川】『鬼ヶ島大洞窟』を探検してきた!鬼や桃太郎もいたよ!

先日、香川県の『鬼ヶ島(女木島)』へ行ってきました!
この鬼ヶ島で、鬼が住んでいたといわれるのが『鬼ヶ島大洞窟』

桃太郎伝説の舞台となった「鬼ヶ島」は、本当に実在したのか?
ということで今回の記事は、『鬼ヶ島大洞窟』へ探検しに行ったときのことを書いてみたいと思います!

『鬼ヶ島』ってどうやっていくの?

『鬼ヶ島』こと「女木島」の場所は、香川県高松から沖合へ4キロほどの場所。

行き方としては、高松からフェリーで行くのがベスト。
『女木島(鬼ヶ島』フェリー画像
高松から『鬼ヶ島(女木島)』へのフェリーでの行き方については、下記の記事でまとめています。
参考にしてくださいね。

『鬼ヶ島大洞窟』の場所はどこ?

まずは、『鬼ヶ島大洞窟』の場所について。
『鬼ヶ島大洞窟』は、『鬼ヶ島(女木島)』のちょうど真ん中あたりに位置しています。

こちらが、島にある看板。
看板からもわかるように、すこし山を登ったところにあります。
『鬼ヶ島大洞窟』画像

『鬼ヶ島大洞窟』への行き方

では、『鬼ヶ島大洞窟』への行き方について。
フェリー乗り場から『鬼ヶ島大洞窟』へ行くには、バスがベストです。
バスの切符は、フェリー乗り場の建物の中で販売しています。
『鬼ヶ島大洞窟』フェリー乗り場バスチケット売り場画像
レンタサイクルもあります。
島のあちこちをまわるのなら、レンタサイクルを使うのもアリですね。
『鬼ヶ島大洞窟』レンタサイクル画像
こちらがフェリー乗り場と『鬼ヶ島大洞窟』を往復しているバス。
『鬼ヶ島大洞窟』バス画像
バスの運賃は、片道300円。
『鬼ヶ島大洞窟』バス切符画像
こんな感じで、バスは山道を駆け上っていきます。
『鬼ヶ島大洞窟』バス移動画像
10分ほど走ると、『鬼ヶ島大洞窟』へ到着です!
『鬼ヶ島大洞窟』入り口画像
*バスはそのまま30分(?)程度、『鬼ヶ島大洞窟』の駐車場で待っていてくれます。
『鬼ヶ島大洞窟』の観光が終わったら、来たバスに乗ってフェリー乗り場まで帰ります。

これが『鬼ヶ島大洞窟』だ!

『鬼ヶ島大洞窟』の入り口では、なんともかわいい鬼さんがお出迎え。
『鬼ヶ島大洞窟』入り口鬼のオブジェ画像
私も看板の前でパチリ。
『鬼ヶ島大洞窟』入り口看板前画像
この階段を上って、洞窟へ向かいます。
『鬼ヶ島大洞窟』入り口階段画像
階段を上っていると、巨大な鬼が登場!
『鬼ヶ島大洞窟』入り口付近巨大鬼画像
青鬼の股間に潜っているお姉さんがいましたが、良い子はマネしてはいけません。
『鬼ヶ島大洞窟』入り口付近巨大鬼画像
階段を上ると、『鬼ヶ島大洞窟』のチケット売り場があります。
入洞料は500円。
『鬼ヶ島大洞窟』チケット売り場画像
『鬼ヶ島大洞窟』チケット画像
これが『鬼ヶ島大洞窟』の入り口!
怖い鬼さんが見張っています。
『鬼ヶ島大洞窟』入り口画像
『鬼ヶ島大洞窟』入り口の鬼画像
『鬼ヶ島大洞窟』内部の地図。
全長は約400メートル。
これから探検開始です!
『鬼ヶ島大洞窟』内部地図画像
洞窟の中はこんな感じです。
薄暗くて、湿った空気が立ち込めています。
いかにも鬼がいそうな気配です。
『鬼ヶ島大洞窟』内部画像
『鬼ヶ島大洞窟』内部画像
『鬼ヶ島大洞窟』内部画像
中にあった看板。
思いっきり「人間によってつくられた洞窟」と書かれています・・・
『鬼ヶ島大洞窟』内部看板画像
シュールなオブジェもところどころ並んでいます。
『鬼ヶ島大洞窟』オブジェ画像
『鬼ヶ島大洞窟』オブジェ画像
鬼たちもところどころにいます。
『鬼ヶ島大洞窟』鬼オブジェ画像
『鬼ヶ島大洞窟』鬼オブジェ画像
お賽銭を要求する鬼。
『鬼ヶ島大洞窟』鬼オブジェ画像
桃太郎も登場!
『鬼ヶ島大洞窟』鬼と桃太郎オブジェ画像
『鬼ヶ島大洞窟』鬼と桃太郎画像
ついに洞窟のクライマックス、「鬼大将の部屋」へ!
『鬼ヶ島大洞窟』「鬼大将の部屋」画像
鬼の大将が登場!
やっぱり大将は迫力が違う!
『鬼ヶ島大洞窟』鬼大将画像
洞窟を抜けました!
桃太郎になった気分で記念写真をどうぞ。
『鬼ヶ島大洞窟』出口画像
この日はあいにくの雨。
本当だったら、絶景が望めるでしょう。
『鬼ヶ島大洞窟』出たところの景色画像
伝説の鬼ヶ島の洞窟。
ファンタジーな世界を楽しめました!
『鬼ヶ島大洞窟』伝説の島のぼり画像

「鬼ヶ島観光協会」の『鬼ヶ島大洞窟』のページ
http://www.onigasima.jp/onigashima.html

高松から近隣離島へ行くなら読んでおきたい関連記事!

高松から「直島」へのフェリーでの行き方はこちら。

「豊島」「犬島」へのフェリーでの行き方はこちら。

Return Top