Trip-Nomad

【世界遺産】『軍艦島ツアー』を比較してみた!おすすめポイントはココ!

【世界遺産】『軍艦島ツアー』を比較してみた!おすすめポイントはココ!

世界遺産に登録された長崎県『軍艦島(端島)』
最近では、映画「進撃の巨人」のロケ地としても話題となり大人気!

『軍艦島』を観光するには、もちろん船に乗っていく必要があります。
その船に乗っての『軍艦島ツアー』は、いくつかの会社さんが運航しています。

その『軍艦島ツアー』ですが、同じように見えて実は微妙に違います。
先日『軍艦島ツアー』に参加してきた私が、ツアーを比較してみて参加、その違いやチェックすべきポイントを書いてみました!
『軍艦島ツアー』比較画像

『軍艦島ツアー』をやっている会社さんを比較!

『軍艦島ツアー』は、以下の4つの会社さんが長崎港から運航しています。

■高島海上交通『軍艦島上陸クルーズ』
公式サイト:http://www.gunkanjima-cruise.jp/
高島海上交通『軍艦島上陸クルーズ』キャプチャ画像
■やまさ海運『軍艦島上陸周遊コース』
公式サイト:http://www.gunkan-jima.net/
やまさ海運『軍艦島上陸周遊コース』キャプチャ画像
■軍艦島コンシェルジュ『軍艦島上陸・周遊ツアー』
公式サイト:http://www.gunkanjima-concierge.com/
軍艦島コンシェルジュ『軍艦島上陸・周遊ツアー』キャプチャ画像
■シーマン商会『軍艦島ツアー』
公式サイト:http://www.gunkanjima-tour.jp/
シーマン商会『軍艦島ツアー』キャプチャ画像

この4社のツアーを、いろいろなポイントから比較してみたいと思います!

料金で『軍艦島ツアー』を比較する

まずは、一番気になる料金で比較をしてみましょう。
(大人料金です)

高島海上交通『軍艦島上陸クルーズ』 3,600円+300円=3,900円
やまさ海運『軍艦島上陸周遊コース』 4,200円+300円=4,500円
軍艦島コンシェルジュ『軍艦島上陸・周遊ツアー』 4,000円+300円=4,300円
シーマン商会『軍艦島ツアー』 3,600円+300円=3,900円

*乗船料金に「長崎市端島施設利用券」という島への入場料300円が別途追加されます。
『軍艦島ツアー』「長崎市端島施設利用券」画像
料金で比較をすると、高島海上交通『軍艦島上陸クルーズ』が一番格安なツアーになります。

乗船場所で『軍艦島ツアー』を比較する

今度は乗船する場所で比較してみます。
つまり、ホテルからのアクセスとういうことですね。
宿泊先のホテルと乗船場所が離れていると、移動のための出費や時間も余計にかかってしまいます。

高島海上交通『軍艦島上陸クルーズ』とやまさ海運『軍艦島上陸周遊コース』は、「大波止」エリアに近い場所からの出航です。
軍艦島コンシェルジュ『軍艦島上陸・周遊ツアー』とシーマン商会『軍艦島ツアー』は、グラバー亭に近い「大浦海岸通り」エリアに近い場所からの出航です。
『軍艦島ツアー』乗船場所比較画像

高島海上交通『軍艦島上陸クルーズ』 元船桟橋
やまさ海運『軍艦島上陸周遊コース』 長崎港ターミナルビル
軍艦島コンシェルジュ『軍艦島上陸・周遊ツアー』 常盤ターミナル
シーマン商会『軍艦島ツアー』 大浦海岸通り・常盤2号桟橋

ツアー時間で『軍艦島ツアー』を比較する

どのツアーも、1日午前と午後各1回、計2回のツアーが行われます。
微妙に時間が違います。
ホテルのチェックアウト時間や、飛行機の時間など考慮しながら計画するといいでしょう。

高島海上交通『軍艦島上陸クルーズ』 午前:9:40~12:50
午後:14:00~15:10
やまさ海運『軍艦島上陸周遊コース』 午前:9:00~11:30
午後:13:00~15:30
軍艦島コンシェルジュ『軍艦島上陸・周遊ツアー』 午前:9:50~13:00
午後:13:00~16:05
シーマン商会『軍艦島ツアー』 午前:10:10~13:00
午後:13:30~16:10

ツアー内容で『軍艦島ツアー』を比較する

『軍艦島ツアー』は、ただ軍艦島に行って帰ってくるだけではありません。
それぞれ差別化するための工夫を凝らしています。
値段や場所だけでなく、内容や特典なども検討してみるといいでしょう。

高島海上交通『軍艦島上陸クルーズ』 「軍艦島」だけでなく「高島」も上陸
やまさ海運『軍艦島上陸周遊コース』 上陸はもちろん軍艦島の周遊も!
軍艦島コンシェルジュ『軍艦島上陸・周遊ツアー』 上陸はもちろん軍艦島の周遊も!
シーマン商会『軍艦島ツアー』 NPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」の理事長坂本道徳氏が専属ガイドとして案内

私が選んだ『軍艦島ツアー』はこちら!

私が今回選んだ『軍艦島ツアー』は、高島海上交通さんの『軍艦島上陸』クルーズでした。
高島海上交通さんの『軍艦島上陸クルーズ』ブラックダイヤモンド号画像
選んだ理由は、

・宿泊先が「大波止」のそばのホテルだった(私が泊まった安くてサービスのよいホテルはコチラ→ホテルベルビュー長崎出島
・「高島」も見てみたかった(「高島炭坑」も世界遺産登録されました)
・料金が安かった

ということです。

宿泊先が「大波止」でしたので、この時点で選択肢としては、高島海上交通さんの『軍艦島上陸クルーズ』か、やまさ海運さんの『軍艦島上陸周遊コース』でした。
この2つを比較して、「高島」に寄る、料金が安いという2つのポイントを加味して、高島海上交通さんの『軍艦島上陸クルーズ』を選びました。
本日ご紹介した比較ポイントと、公式ホームページを比較してみて、是非自身のプランにあった『軍艦島ツアー』を選んで楽しんでくださいね!

「ANA(ソラシドエア)」で長崎入りするのであれば、「ANAスカイツアーズ」を使うと少し割安になるかもしれません。
軍艦島のツアー予約が取れなかったなんてこともないですしね、。
 → 「ANAスカイツアーズ」の軍艦島ツアープランはこちら
「ANAスカイツアーズ」の『軍艦島ツアー』画像
私が今回の軍艦島ツアーで利用した高島海上交通さんの『軍艦島上陸クルーズ』さんについての体験レポは、こちらの記事で詳しく書いています

「軍艦島」の事前学習はこちらの本で

やはりせっかく「軍艦島」にいくのであれば、予備知識を入れていった方がさらに楽しめますね!

Return Top