Trip-Nomad

【バス旅】東京から名古屋へのバス移動!料金やスケジュールは?『ウィラー・エクスプレス』編

【バス旅】東京から名古屋へのバス移動!料金やスケジュールは?『ウィラー・エクスプレス』編

先日東京から名古屋へ行ってきました。
いつもは新幹線で行くのですが、今回は昼間の高速バスで。

すっかりバス旅の魅力にはまりつつあります^^

今回利用したのは、「ピンクのバス」で知られる『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』

その乗り心地やタイムスケジュールなど、格安高速バスの体験レポをお伝えします!

『WILLER(ウィラー)』とは?

今回利用したバスは、「WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)」。
バス旅愛用者ならば誰でも知っている大手バス会社さんです。
「ピンクのバス」で知られています。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』ピンクバス
会社のホームページはこちら。
⇒ 「ウィラートラベル」公式ホームページ

会社の公式PR動画はこちら。

「東京―名古屋」間のバスと新幹線の料金比較してみた

高速バスの魅力は、なんといってもその料金。

今回わたしが予約した「東京―名古屋」間(片道)のバスの値段。
なんと「2,900円」!
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』予約完了メールキャプチャ

新幹線(のぞみ)を利用した場合は下記。
乗車券(運賃6,260円)+指定席特急券(特急料金4,830円)=11,090円

夜行バス 2,900円
新幹線 11,090円

その差額、なんと8,190円!

バス往復「5,400円」としても、まだおつりが来ます。

今回わたしの購入したチケットは「2,900円」でしたが、人気の「東京―大阪」間のチケットも「3,000円」程度からあるそうです。
安っ!!

タイムセールなどもありますので、こまめにチェックしてみることをおすすめします。
⇒ 「ウィラートラベル」公式ホームページ

下記のような、最安値を探せる料金比較サイトもあります。
夜行高速バスの料金は、日にちや時間、バス会社によって料金がかなり変わります。
もっと安い場合もありますし、高い場合もあります。
いろいろ調べてみると、ラッキーな便に当たるかもしれないですね。
⇒ 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

「東京―名古屋」間の高速バス体験レポ!

今回わたしが乗った「東京―名古屋」間高速バスの乗車場所・出発時間等詳細はこちら。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』予約完了メールキャプチャ

乗車場所・出発時間
7:30発
バスタ新宿(新宿駅南口 新宿高速バスターミナル4階)
降車場所・到着時間
13:00着
名古屋南 ささしまライブ

走行距離は、約346km。

では、時系列で書いていきますねー

7時00分

出発時刻の30分前、出発場所の「バスタ新宿」到着。
「バスタ新宿」は、新宿南口(新宿高島屋がある出口)直結なのがすばらしい。
「バスタ新宿」ができてから、あきらかに「バス旅」が変わったと思います。
『バスタ新宿』外観
『バスタ新宿』看板
掲示板で、出発便「7:30発 WILLER T307」の状況を確認。
問題なし。
『バスタ新宿』案内板
4階にあるバス乗り場フロアまで移動します。
こちらが入り口。
『バスタ新宿』4階バス乗り場フロア入口
バスタ1階の入り口から4階バス乗り場フロアまでの移動ルートやかかる時間については、下記の動画でチェックしてみてくださいね。

4階のバス乗り場フロアに着いたら、バス乗り場まで移動。
今回の便は「D11」。
『バスタ新宿』「D11」乗り場看板

7時20分

出発10分前に乗車。
バスのスタッフさんは、タブレットで予約済の名前を確認していきます。
名前を言うだけでよいので、こちら側がスマホにある予約画面を出したり、プリントアウトした予約確認票などを出す必要もありません。
楽ちん♪
『バスタ新宿』『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』乗車時
こちらが、今回のバスの車内。
4列シートの「リラックス」というタイプです。
寝顔が隠せるフード(カノピー)付きです。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』ピンクバス「リラックス」車内
このウィラーの「リラックス」というバスのシートや装備については、下記の神戸編で詳しく書いてありますので、気になる人はこちらを読んでみてくださいね。

 

7時30分

「バスタ新宿」を出発。
座席は、ほぼ満席!
出発してから15分ほど、休憩場所の説明や到着時刻等の車内アナウンスがあります。
東京から名古屋までは、東名高速を下るルート。
ドライバーさんは1人。

今回も、旅の相棒「着圧ソックス」を履いてきたので、足の疲れやむくみ対策はばっちし!

 

8時50分~9時10分

「足柄SA」にて1回目の休憩。
『足柄SA』
こんな感じで、出口のところに出発時刻の案内を置いてくれるので安心。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「足柄SA」出発時間案内
トイレに行くときは、バスのナンバープレートをスマホで撮影しておくといいですよ。
乗り間違いの防止になります。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』ピンクバスナンバープレート
こんな感じで同じようなピンクのウィラーバスが並ぶと、わからなくなりますので(^_^;
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』ピンクバスが駐車場で複数ならんている
この日は、「足柄SA」から富士山がよく見えました^^
富士山が見えると、気分が上がりますね~
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』足柄SAから見える富士山
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』足柄SAから見える富士山
この「足柄SA」には、「足湯カフェ」という足湯につかりながらお茶ができるスペースがあります。
最近のSAはすごいですね。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』足湯カフェ

10時55分~11時20分

「浜松SA」にて2回目の休憩。
大きなSAなので、ちょっと長めの休憩。
『浜松SA』
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「浜松SA」出発時間案内
ここで、名物の静岡おでんをぱくり。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「浜松SA」静岡おでん
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「浜松SA」静岡おでん
味噌ダレと青のりだし粉をつけて食べます。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「浜松SA」静岡おでん
私は、東京では見かけない「黒はんぺん」と「角焼き」をチョイス。
なかなかおいしかったです^^
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「浜松SA」静岡おでん「黒はんぺん」と「角焼き」
こんなふうに、静岡おでんの具をわかりやすく紹介してくれているのがうれしい^^
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「浜松SA」静岡おでん具材のポスター
あとは、「うなぎコーラ」で喉を潤しました。
うなぎの味はまったくしませんでした。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「浜松SA」うなぎコーラ
「浜松SA」は、メロンパンが有名みたいです。
「いきなり黄金伝説」でも紹介されたみたいです。
試食もできましたよ^^
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「浜松SA」プレミアムメロンパン
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「浜松SA」プレミアムメロンパン

13時30分

東京を出発して約5時間30分、名古屋「ささしまライブ」に到着!
渋滞にもはまらず、予定時刻に到着。
停車地の「ささしまライブ」という場所ですが、べつにライブ会場などがあるわけではありません(^_^;
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』名古屋「ささしまライブ」到着
バス停に到着したバス。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』名古屋「ささしまライブ」バス停
この道を線路沿いにまっすぐ歩けば、名古屋駅です。
名古屋「ささしまライブ」から名古屋駅方面への道
ささしまライブのバス停から名古屋駅までは、歩いて10分ほど。
途中、名古屋名物「ナナちゃん人形」も見れますよ。
名古屋ナナちゃん人形
バス停付近のグーグルストリートビューを貼っておきます。

疲れた?「東京―名古屋」間の高速バスに乗った正直な感想

今回の高速バスは、夜行でなく昼間ということもあり、カラダへの負担は少なかったですね。
パソコン開いて仕事していましたが、普段よりはかどったくらいです^^

東京から名古屋くらいの距離は、途中のサービスエリアでの休憩も含めて、ほんとうに楽ですね。
これが、大阪、神戸になってくると、すこし長いかなって思うかもしれないです。

体力の消耗や、バス酔いなどに不安がある人は、すこしお金を足して、高級なシートのタイプのバスを選んでもいいですね。
最近では、まるで飛行機のビジネスクラスを思わせるような2列シートや個室タイプのようなシートもあります。
選択肢が多くていいですね。
(今度乗ってみたいなー)

シートなどのバリエーションは、公式ホームページに載っています。
⇒ 「ウィラートラベル」公式ホームページ
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』コクーンシート

「東京―名古屋」間の夜行バス体験レポおまとめ

東京から名古屋までは、車内で仕事していたらあっという間に着いちゃったという感じ。
夜行であまり寝れないタイプのわたしとしては、昼間のバス移動はかなり有効な選択肢ですね。
車を持っていない私には、途中のSAも新鮮ですしね。
それで、「2,900円」なんて格安すぎます^^
バス旅をうまく活用すれば、国内移動がかなりフレキシブルになるなーと実感しています。
今後バス旅は増えそうです^^

『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』のバス予約や、路線、料金の確認などは、下記「ウィラートラベル」公式ホームページからできますよ。


⇒ 「ウィラートラベル」公式ホームページ

Return Top