Trip-Nomad

【体験レポ】東京~神戸間の移動最安値は夜行バス!?最大手『ウィラー』の乗り心地は?

【体験レポ】東京~神戸間の移動最安値は夜行バス!?最大手『ウィラー』の乗り心地は?

先日東京から神戸へ行ってきました。
いつもは新幹線で行くのですが、今回は夜行高速バスで。

夜行バスって、格安だけど、翌朝に疲れが残るというイメージが強く・・・
まあ、最近は豪華バスも出てきたはいますが、あえて今回は激安バスでチャレンジ!
(太川陽介さんと蛭子能収さんコンビの旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を見てバス旅したくなった^^)

利用したのは、「ピンクのバス」で知られる『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』

その乗り心地やタイムスケジュールなど、格安夜行高速バスの体験レポをお伝えします!

『WILLER(ウィラー)』とは?

今回利用したバスは、「WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)」。
バス旅愛用者ならば誰でも知っている大手バス会社さんです。
「ピンクのバス」で知られています。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』ピンクバス
会社のホームページはこちら。
⇒ 「ウィラートラベル」公式ホームページ

会社の公式PR動画はこちら。

『WILLER(ウィラー)』の大阪の拠点になる梅田の「WILLERバスターミナル大阪梅田」は、びっくりするほどキレイ!
ネットもできるし、パウダールーム、コンセント(電源)なども揃っていて、サービスも充実!
『「WILLERバスターミナル大阪梅田』
いやー、なんか自分の中のバス旅のイメージが一気に変わりました^^
女性に人気があるのも納得でした!

「東京―神戸」間のバスと新幹線の料金比較してみた

夜行バスの魅力は、なんといってもその料金。

今回わたしが予約した「東京―神戸」間(片道)のバスの値段。
なんと「4,400円」!
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』予約完了メールキャプチャ

新幹線を利用した場合は下記。
乗車券(運賃9,290円)+指定席特急券(閑散期特急料金5,610円)=14,900円

夜行バス 4,400円
新幹線 14,900円

その差額、なんと10,500円!

夜行バス往復「8,800円」としても、まだおつりが来ます。

今回わたしの購入したチケットは「4,400円」でしたが、「東京―大阪」間のチケットも「3,000円」程度からあるそうです。
安っ!!

タイムセールなどもありますので、こまめにチェックしてみることをおすすめします。
⇒ 「ウィラートラベル」公式ホームページ

下記のような、最安値を探せる料金比較サイトもあります。
夜行高速バスの料金は、日にちや時間、バス会社によって料金がかなり変わります。
もっと安い場合もありますし、高い場合もあります。
いろいろ調べてみると、ラッキーな便に当たるかもしれないですね。
⇒ 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

「東京―神戸」間の夜行バス体験レポ!

今回わたしが乗った「東京―神戸」間高速夜行バスの乗車場所・出発時間等詳細はこちら。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』予約完了メールキャプチャ

乗車場所・出発時間
24:40発
バスタ新宿(新宿駅南口 新宿高速バスターミナル4階)
降車場所・到着時間
09:35着
神戸三宮高架商店街前(神戸三宮高速バス待合所・PMPTビル2階)

走行距離は、約590km。

では、時系列で書いていきますねー

24時10分

出発時刻の30分前、出発場所の「バスタ新宿」到着。
新宿南口(新宿高島屋がある出口)にドカンと立っているので、わかりやすいですね。
『バスタ新宿』外観
『バスタ新宿』看板
掲示板で、出発便「24:40発 WILLER L124」の状況を確認。
問題なし。
『バスタ新宿』案内板
4階にあるバス乗り場フロアまで移動します。
こちらが入り口。
『バスタ新宿』4階バス乗り場フロア入口
バスタ1階の入り口から4階バス乗り場フロアまでの移動ルートやかかる時間については、下記の動画でチェックしてみてくださいね。

4階のバス乗り場フロアに着いたら、バス乗り場まで移動。
今回の便は「D12」。
『バスタ新宿』「D12」乗り場看板

24時30分

前の便(24時30分発)が出発すると、すぐに後発の私が乗るバスが滑り込んできます(24時40分発)
すぐに待ちかまえていた乗客が列を作ります。
『バスタ新宿』『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』ピンクバスに乗客が並んでいる
バスのスタッフさんは、タブレットで予約済の名前を確認していきます。
名前を言うだけでよいので、こちら側がスマホにある予約画面を出したり、プリントアウトした予約確認票などを出す必要もありません。
楽ちん♪
『バスタ新宿』『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』搭乗チェック
こちらが、今回のバスの車内。
4列の「リラックス」というシートタイプです。
寝顔が隠せるフード(カノピー)付きです。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』ピンクバス車内
フード(カノピー)のアップ。
寝ているときに、口をあけていても、よだれを垂らしていても、これがあれば安心です^^
防音効果はそれほど期待はできません。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』リラックス4列シート「フード(カノピー)」
フード(カノピー)はこのようにたためます。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』リラックス4列シート「フード(カノピー)」
首あてあります。
小ぶりですが、あるとやっぱり楽ですね。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』リラックス4列シート「首あて(ネックピロー)」
フットレストあります。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』リラックス4列シート「フットレスト」
ブランケット(毛布)が1枚用意されています。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』リラックス4列シート「ブランケット」
ドリンクホルダーあります。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』リラックス4列シート「ドリンクホルダー」
窓際のほうにだけ、電源のコンセントがあります。
通路側には、残念ながらコンセントはありません。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』リラックス4列シート「電源のコンセント」
シートは4列なので、幅はそれほど広くはありません。
ですが、前の席とのスペースはけっこう余裕があります。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』リラックス4列シート「前の席とのスペース」
公式ページの写真をお借りしましたが、こんな感じで寝れます。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』リラックス4列シート画像

24時40分

「バスタ新宿」を出発。
出発してから15分ほど、休憩場所の説明や到着時刻等の車内アナウンスがあります。
そのあとは、すぐに消灯。
ちなみに、ドライバーさんは2人体制です。

1時30分~1時45分

「海老名SA」にて1回目の休憩。
通路側だったので、トイレに行きやすいのがうれしい。
『海老名SA』
こんな感じで、出口のところに出発時刻の案内を置いてくれるので安心。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「海老名SA」出発時間案内
トイレに行くときは、バスのナンバープレートをスマホで撮影しておくといいですよ。
乗り間違いの防止になります。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』ピンクバスナンバープレート
こんな感じで同じようなピンクのウィラーバスが並ぶと、わからなくなりますので(^_^;
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』ピンクバスが駐車場で複数ならんている

3時50分~4時05分

「遠州豊田PA」にて2回目の休憩。
小さなPAなので、トイレのみでさっさと戻る。
『遠州豊田PA』
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「遠州豊田PA」出発時間案内

6時10分~6時40分

「土山SA」にて3回目の休憩。
『土山SA』
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』「土山SA」出発時間案内
小腹が空いてきたので、SA内のコンビニで、地域限定商品という「黒糖ピーナツサンド」を購入。
『黒糖ピーナツサンド』

8時20分

大阪梅田到着。
大阪下車の乗客を下したら、すぐに出発。

9時20分

東京を出発して約8時間40分、神戸三ノ宮に到着!
渋滞にもはまらず、予定時刻よりも少し早めに到着。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』神戸三ノ宮到着
バスの到着場所は、神戸三宮高架商店街前。
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』神戸三宮高架商店街前バス停
「センタープラザ西館」の前あたりです。
神戸三宮『センタープラザ西館』
ババス停がある神戸三宮高架商店街前のグーグルストリートビューを貼っておきます。

夜行バスに必須のアイテム

今回の夜行バスで、やはりこれは必須アイテムだろうというものを書いておきます。

耳栓

定番ですね。
なくても寝れますが、やはりあると防音効果がありますね。

アイマスク

シートには、寝顔をかくすフード(カノピー)がついていますが、意外に防音効果はなく、光も完全に遮断しません。
車内通路の光や、トンネル内のライトは、意外に入ってきます。
ですので、アイマスクはあったほうがいいかなと思います。

マスク

やはり、車内は乾燥します(とくに冬は)。
あと、ニンニク臭や体臭などの臭い防止にもよし。

着圧ソックス

これは私の旅の必須アイテム。
飛行機乗るときや、長距離を歩くときには必ず履きます。
翌日の足の疲れやむくみがまったく違います。

愛用の着圧ソックスについては、下記の記事で書いています。

『着圧ソックス』のむくみ防止効果は本当か?25時間飛行機に乗って検証してみたよ!

先日アメリカのセドナに行ってきたのですが、まー飛行機に乗っている時間の長いこと長いこと・・・飛行機に乗っていた時間が約25時間、トランジットの時間をあわせると30時間以上も移動していたんですね・・・こ…

疲れた?「東京―神戸」間の夜行バスに乗った正直な感想

今回の夜行バスは、4列シートでちょっと狭いタイプだったので、翌日に疲れが残らないかといったことを心配していましたが、思ったより快適でしたね。
着圧ソックスもはいていたしw)

たしかに、長時間シートに座っている、トイレ休憩があるなど、安眠・熟睡できないことは確かです。
ですが、飛行機でもそうですからね。

バスを降りてすぐに仕事をする必要がある人や、どうしても熟睡したい人は、すこしお金を足して、高級なシートのタイプのバスを選んでもいいですね。
最近では、まるで飛行機のビジネスクラスを思わせるような2列シートや個室タイプのようなシートもあります。
選択肢が多くていいですね。
(今度乗ってみたいなー)

シートなどのバリエーションは、公式ホームページに載っています。
⇒ 「ウィラートラベル」公式ホームページ
『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』コクーンシート

「東京―神戸」間の夜行バス体験レポおまとめ

大学時代のスキー合宿以来という久々の高速夜行バス。
当時の経験から、汚くて、乗り心地が悪いといったイメージが染みついていましたし、事故やドライバーさんの苛酷な労働条件といったネガティブなイメージもありました。
ですので、夜行バスには正直あまりよくない印象を持っていました。

ですが、時代は変わりましたねー^^
バス旅って、こんなにオシャレで快適に楽しめるのだと、ちょっと驚きました。
自分の想像以上に利用者も多かったです。
国内の移動手段として、ぜんぜん「アり!」だなと思いました。

新幹線や飛行機と比較してしまえば、時間はかかります。
ですが、料金の安さや路線の多さ等は、バスならではの大きな魅力ですね。

旅のひとつの移動手段としてのバス。
もっと積極的に利用していきたいなと思いました!

『WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)』のバス予約や、路線、料金の確認などは、下記「ウィラートラベル」公式ホームページからできますよ。


⇒ 「ウィラートラベル」公式ホームページ

Return Top