Trip-Nomad

長崎観光するならお得な『長崎プラチナパスポート』!その購入方法・使い方について

長崎観光するならお得な『長崎プラチナパスポート』!その購入方法・使い方について

*残念ながら、『長崎プラチナパスポート』は、平成27年度をもって販売が終了となりました。
=======================

長崎観光に行くのであれば、使い方次第で主要観光地のチケットが割引きで利用できる『長崎プラチナパスポート』の利用がおすすめ!

今回は、その『長崎プラチナパスポート』の購入方法、注意したい使い方、私が実際に利用したときの割引き額などについて書いてみたいと思います。

『長崎プラチナパスポート』について

では、『長崎プラチナパスポート』について簡単に説明しますね。

『長崎プラチナパスポート』は、長崎市内の主要観光施設、通さるく、指定のぷちグルメ飲食店を対象に、5つまたは3つを選択して使用できるチケットが付いたパスポートです。

『長崎プラチナパスポート』公式ページ(長崎国際観光コンベンション協会)

http://nitca.at-nagasaki.jp/platinum/

『長崎プラチナパスポート』には、5つのチケットと路面電車1日乗車券がついた『長崎プラチナパスポート』(2,200円)と、3つのチケットがついた『長崎プラチナパスポート・ミニ』(1,400円)があります。
『長崎プラチナパスポート』画像
中身はこんな感じで、クーポン小冊子みたいな感じです。
『長崎プラチナパスポート』画像
今回私は『長崎プラチナパスポート・ミニ』(1,400円)を購入。
チケットは3枚ついています。
『長崎プラチナパスポート』画像
なぜ、チケット5枚と路面電車1日乗車券がついた『長崎プラチナパスポート』にしなかったのかというと、チケットが5枚使える施設に行かないこと、路面電車1日乗車券は500円で現地購入ができるので『長崎プラチナパスポート・ミニ』にした次第です。

『長崎プラチナパスポート』の購入方法

『長崎プラチナパスポート』は、現地長崎の総合観光案内所(JR長崎駅構内)、長崎市内宿泊施設などで購入することができます。
具体的には、下記宿泊施設で購入可能です。

http://nitca.at-nagasaki.jp/platinum/platinum2015kyouryoku.pdf

ですが、現地でその施設に行って購入するのはちょっと効率が悪いです。
(販売しているホテルに宿泊しているか、総合観光案内所がある長崎駅のすぐそばに行く用事があるなら別ですが)

東京などから長崎に観光に行く場合は、事前にチケットを購入することができます。
購入手段は、「ローソンチケット」です。

「ローソンチケット」がわからない方に簡単に説明しますね。
コンビニのローソンがやっているチケット販売サービスで、ネット経由でチケット購入が可能です。

http://l-tike.com/

上記の「ローソンチケット」で購入した『長崎プラチナパスポート』は、ローソン内に設置されている「Loppi」という機械で受け取ります。
『長崎プラチナパスポート』画像
厳密にいうと、『長崎プラチナパスポート』ではなく「引換券」です。
この「Loppi」に、購入時にもらえる番号を入力すると、このようなレシート状の紙が出てきます。
『長崎プラチナパスポート』画像
この紙をレジに出すと、このような「引換券」をもらえます。
『長崎プラチナパスポート』画像
この「引換券」を、現地所定の場所で『長崎プラチナパスポート』に交換してもらいます。
現地で交換してくれる場所は下記です。

・総合観光案内所
・グラバー園
・大浦天主堂
・出島
・長崎原爆資料館
・長崎市亀山社中記念館
・長崎歴史文化博物館
・長崎県美術館・孔子廟
・中国歴代博物館
・長崎南山手美術館
・長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館

『長崎プラチナパスポート』の使い方と注意点

『長崎プラチナパスポート』の使い方は、簡単です。
『長崎プラチナパスポート』を開くと、このようにクーポンがついています。
これを使いたい場所で出せばいいだけです^^
『長崎プラチナパスポート』画像

ここで注意点です。
使い方を間違えると、全く割引にならずに逆に割高になってしまうということ!
今回私が購入した『長崎プラチナパスポート・ミニ』の場合、購入代金の1,400円以上になるように組み合わせないと損してしまうということです。

今回私が使った3枚は、下記の3施設。
・グラバー園:610円
・大浦天主堂:600円
・出島:510円

合計で1,720円。
ですから、320円お得だったということですね^^

ですが、ここで長崎原爆資料館(200円)などで使ってしまうと大変です。
ほとんど割引なしか、損してしまうということになってしまいます。

ですので、チケットの組み合わせはあらかじめ考えておいた方がいいでしょう。

ということで、『長崎プラチナパスポート』をうまく活用して、長崎観光を楽しんでくださいね!

『長崎プラチナパスポート』が利用できる施設・サービス

一応、チケットが利用できるサービスを記載しておきます。
(パスポートにも書かれています)

【入館利用施設 10施設】1施設につき、クーポン1枚が必要

・グラバー園:610円
・大浦天主堂:600円(2015年7月1日より300円から改定)
・出島:510円
・長崎原爆資料館:200円
・長崎市亀山社中記念館:300円
・長崎歴史文化博物館:600円
・長崎県美術館:400円
・孔子廟・中国歴代博物館:600円
・長崎南山手美術館:500円
・長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館:300円

【利用できる通さるく 5コース】1コースにつき、クーポン1枚が必要
長崎さるく公式ページ:http://www.saruku.info/

・長崎は今日も異国だった ~港がみえる坂から大浦天主堂~:500円
・アンゼラスの鐘の丘を訪ねて ~原爆落下中心地・平和公園から浦上天主堂~:500円
・龍馬が見上げた長崎の空 ~風頭から亀山社中跡へ~:700円
・長崎のチャイナタウン ~唐人屋敷から新地へ~:500円
・眼鏡橋から中通りへ ~長崎レトロのふれあい歩き~:500円

【利用できるグルメ 13商品】1商品につき、クーポン1枚が必要

・ホンダ洋菓子店(イタリアンチーズクッキー2個)
・蘇州林・唐菓子店(マファール5本)、飲茶店(ごま団子2個)
・ニューヨーク堂(長崎カステラアイス1個)
・福建中華街店(よりより・月餅セット)
・月見茶屋(きなこ餅1個&ぼた餅2個)
・文明堂総本店(カステラ巻1個&三笠山1個)
・千寿庵長崎屋(長崎口砂香1個)
・桃太呂(ぶたまん4個)
・台湾料理 老李(水餃子4個)
・リトル・エンジェルズ(カメリット5個)
・チャイデリカ(焼小籠包3個)
・出島内外倶楽部レストラン(ヒカドスープ1杯)
・長崎お土産すみや(長崎ラスク3枚)

長崎に行くなら読んでおきたい関連記事はこちら!

長崎観光するならお得な『路面電車1日乗車券』を使うと、観光名所を効率よくまわれますよ。

長崎の路面電車長崎観光必須!『路面電車1日乗車券』で観光名所を効率よく移動しちゃおう!
長崎は観光名所がたくさんあって、見どころ満載!ですので、効率よく移動して、少しでも多くの場所を楽しみたいですね。そんな時に、とっても強い味方になるのが路面電車。長崎市内は、路面電車やバスなどの交通…

長崎グルメを食べつくしたいのならこちらのランキング記事をどうぞ!

皿うどん【グルメ観光】長崎現地で実食!おすすめ『名産品』ランキング!
旅の楽しみは、なんといったも食べ物!せっかくならローカルらしい美味しい食べ物を楽しみたいですよね!長崎は、外国との唯一の入り口だったという歴史と、海と山に囲まれた新鮮で豊かな食材に恵まれているとい…

『長崎原爆資料館』や『平和公園』へ行くのなら、行き方をチェックしておきましょう!

長崎平和記念像長崎観光必須コース!『長崎原爆資料館』→『原爆落下中心地』→『平和公園』の行き方
長崎に観光へ行くのであれば、必ず訪問したいのが『長崎原爆資料館』『原爆落下中心地』『平和公園』である。世界で唯一の被爆国である日本。そして、その原爆を落とされてしまった都市「長崎」。わずか70年前の…
Return Top