Trip-Nomad

【トルクメニスタン】馬好き必見!これが幻の黄金馬「アハルテケ」だ!トルクメニスタン国章のモデルがコレ!

【トルクメニスタン】馬好き必見!これが幻の黄金馬「アハルテケ」だ!トルクメニスタン国章のモデルがコレ!

アハルテケ」って知っていますか?
まあ、とんでもない馬なんですけどね。
競馬マニアの人なら一度は聞いたことがあるらしいです。
(私はやらないのでわかりません)

どれほどすごい馬かというのは、ウィキペディアから引用してみますね。

アハルテケ( Akhal-Teke 、トルクメン語: Ahalteke, IPA: ahal-tеkje 、ロシア語: Ахалтеки-нец )は、国章にあしらわれているトルクメニスタン原産の馬の品種 。スピードと長距離の持久力で知られる「黄金の馬」は、過酷な気候に適応し、現存する最古の馬種のひとつと考えられている。現在世界で約 3,500 のアハルテケが、トルクメニスタン、ロシアの他ヨーロッパ、オーストラリア、北アメリカでも育成されている。

 

トルクメニスタン原産ということもあって、トルクメニスタンでは国章にも「アハルテケ」が書かれています。
もう中央ですよ。
『トルクメニスタン』国章画像
トルクメニスタンの首都「アシハバード」にもしっかりと偉い立場におります。
『トルクメニスタン・アハルテケ』「アシハバード」画像
『トルクメニスタン・アハルテケ』「アシハバード」画像
『トルクメニスタン・アハルテケ』「アシハバード」画像
で、今回は実際にトルクメニスタンで見てきた幻の名馬「アハルテケ」を紹介していきます!

*注意:私が行ったのは完全独裁政権の故ニヤゾフ大統領が存命時。現在のベルディムハメドフ現大統領になってからは開放路線になっているので多少変わっていると思われます。

ここがトルクメニスタンの競馬場だ!

これはトルクメニスタンの競馬場に行った時の写真。
こんな独特のデザインの建物。
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場画像
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場画像
もちろんモチーフは「アハルテケ」。
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場画像
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場画像
ロビーにももちろん「アハルテケ」。
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場画像
ここはお偉いさんが座る貴賓席。
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場貴賓席画像
真ん中のとりわけデカい席が、あの故ニヤゾフ大統領専用席。
すんごいです。
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場貴賓席画像
ここから見える競馬場の景色はこんな感じ。
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場画像
もちろん故ニヤゾフ大統領がいらっしゃいます。
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場画像
ちょっとVIPルームも見せてもらいました。
あー、ちょっとヤバイとこきたって感じでした。
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場VIPルーム画像
『トルクメニスタン・アハルテケ』競馬場VIPルーム画像

これが「アハルテケ」だ!

競馬場の馬場に行ってみると、トルクメニスタン騎馬民族の勇敢なパフォーマンスが!
この狭い円形の中をものスゴイ速さで駆け抜けていくんです。
『トルクメニスタン・アハルテケ』騎馬民族の勇敢なパフォーマンス画像
このスピード感あふれるパフォーマンスを伝えたいのですが、動画は撮っていないのでYouTubeで似たようなパフォーマンスのものを探してみました。
彼らの馬を扱う技術は信じられないレベルです。
(5分07秒辺りからご覧ください)

で、まずはこちらの「アハルテケ」。
故ニヤゾフ大統領が2番目にお気に入りだったらしい。
『トルクメニスタン・アハルテケ』画像
そしてこれが故ニヤゾフ大統領1番のお気に入りだった「アハルテケ」。
こちらの馬が、国章のモデルになったみたいです。
馬のことがわからない私でもその美しさはわかりました。
『トルクメニスタン・アハルテケ』画像
国章と見比べると確かに似ています。
足首の白い部分も同じですね。
『トルクメニスタン』国章画像

こんな素晴らしい「アハルテケ」を見れたのは、本当に一生の記念ですね。

トルクメニスタンにご興味あるかたは、本ブログの下記の記事もあわせてどうぞ。

⇒ 【トルクメニスタンの世界遺産①】『クフナ・ウルゲンチ』で中央アジアでいちばん高いミナレットを見てきたよ!
⇒ 【トルクメニスタンの世界遺産②】中央アジア最大の遺跡『メルヴ遺跡』に行ってきたよ!
⇒ 【保存版】トルクメニスタンに行ったら絶対食べておきたい定番おすすめローカル料理はコレ!
⇒ これが『トルクメニスタン』の伝統的な民族衣装だ!現在の服装もついでに!
⇒ 【トルクメニスタン】超貴重映像!これがニヤゾフ独裁国家絶頂期時代のトルクメニスタンだ!

わたしのトルクメニスタンの旅行記もありますので、よければ読んでみてくださいねー。
⇒ トルクメニスタン旅行

Return Top