Trip-Nomad

【ロシア】あの『玉ねぎ屋根』ってどうやって作っているのか?実はこんな作り方をしていたよ!

【ロシア】あの『玉ねぎ屋根』ってどうやって作っているのか?実はこんな作り方をしていたよ!

ロシアといえば、この建物が頭に思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか?
モスクワの「赤の広場」にある『聖ワシリー大聖堂(Собор Василия Блаженного)』
(→ウィキペディア
ロシア『玉ねぎ屋根』画像
特徴的なのは、この屋根。
「玉ねぎ」をイメージさせるこのユーモラスな形は、他の国の建築物では見ることがない独特なもの。

では、この「玉ねぎ」の屋根の部分ってどうやって作っているのでしょうか?
そのヒントを今日はご紹介します!

そのヒントは「キジー島」にあった!

こちらの写真は、ロシアの世界遺産である「キジー島」にある木造教会建築群のひとつ『プレオプラジェンスカヤ教会』
(→ウィキペディア
ロシア『玉ねぎ屋根』画像
ロシア『玉ねぎ屋根』画像
この見事な建築物!
素晴らしいですよね!

私がこのキジー島に行ったときに、そのヒントはありました。
この木造建築の作り方のサンプルが展示してあったのです。
それがこちら。

これが土台。
「玉ねぎ」というより「ニンニク」っぽい。
ロシア『玉ねぎ屋根』画像

土台に肉付けをしたら、あとはヒダをつけるように木片を貼り付けていく。
ロシア『玉ねぎ屋根』画像

貼り付けている木片のアップがこちら。
ロシア『玉ねぎ屋根』画像

こんな感じになっていきます。
ロシア『玉ねぎ屋根』画像

これがロシア建築の「玉ねぎ屋根」の原型となっている作り方ですw

この「玉ねぎ屋根」の原型の動画をYouTubeにアップしています。

よかったらキジー島の他の動画もどうぞ。

Return Top