Trip-Nomad

こんなに発展してたの?行ってビックリした『イルクーツク』の現状とは?

こんなに発展してたの?行ってビックリした『イルクーツク』の現状とは?

バイカル湖観光のホテルが集まる湖畔の町「リストビャンカ」。
この「リストビャンカ」へ行くには、必ず『イルクーツク』に立ち寄る必要があります。

そんな「イルクーツク」という町に対して、私はそれほど発展していないイメージを持っていました。
首都モスクワのロシア人でもそんなイメージです。
実際、イルクーツクの独特な古い街並みは観光資源でもあるので、かなり歴史ある建物が残されています。

ですが、想像以上にイルクーツクは発展していたんですよ!
もうびっくりです。
あれれっ?ここシベリアだよね?」って感じ(笑)

そんなイルクーツクの発展具合をチェックしてみました!

そもそものイルクーツクって?

イルクーツクって「シベリアのパリ」と呼ばれています。
まあ確かにそういう雰囲気はあります^^

昔の建築物は確かに独特のスタイルをしています。
このデコレートされた模様が独特です。
シベリア地方に見られるもので、モスクワのあるヨーロッパロシアエリアではあまり見られない装飾です。

こんな感じの木造がイルクーツクらしいんです。
イルクーツクモードヌイ・クバルタールクラシックスタイル画像

イルクーツクモードヌイ・クバルタールクラシックスタイル画像

こんなゆがんだ木造建築が立ち並ぶイルクーツクが、想像以上の発展をしていたのからすごいびっくりしたのです。

巨大でおしゃれなショッピングモールが!

ロシアのちょっとした地方都市に行けば、ショッピングモールはあります。

イルクーツクは人口約59万人。
鹿児島市や八王子市程度の人口がありますから、ショッピングモールがあるのも当たり前ですね。

イルクーツクのショッピングモールでもその最先端の場所が、ここ「Modnyy kvartal(Торговый центр Модный квартал г. Иркутск・モードヌイ・クバルタール)」です。

場所は観光に丁度いい場所です。
イルクーツクのメインストリートに沿ってあります。
イルクーツクモードヌイ・クバルタール場所画像

こんな感じです。
イルクーツクモードヌイ・クバルタール画像

イルクーツクモードヌイ・クバルタール画像

2013年にオープンした巨大なショッピングモールです。
総面積は、38700平方メートル。

内部には、こんなネイルサロンを始め、ブティック、スーパーマーケット、フードコート、映画館などが入っています。
イルクーツクモードヌイ・クバルタール吹き抜け画像

5階建てで吹き抜けです。
イルクーツクモードヌイ・クバルタール画像

フードコートには、日本でもおなじみのイタリアン「スバーロ(sbarro)」や、日本でも一時大ブームだった「シナボン(Cinnabon)」などを始め、各国料理が楽しめるようになっています。
もちろん寿司屋もあります。
イルクーツクモードヌイ・クバルタールシナボン画像

イルクーツクモードヌイ・クバルタールスバーロ(sbarro)画像

イルクーツクモードヌイ・クバルタール寿司屋画像

フードコートの動画撮ってきましたのでどうぞ。

ショッピングモールの箱だけがあるわけでなく、エリアとして開発しています。
周辺には、レストランなどの路面店も、イルクーツクのクラシックなテイストを残しながらうまく作られています。

イルクーツクモードヌイ・クバルタール画像

イルクーツクモードヌイ・クバルタール画像

イルクーツクモードヌイ・クバルタール画像

イルクーツクモードヌイ・クバルタール画像

動画を見るとその雰囲気が伝わると思います。

オサレでないですか?(笑)

場所は、セドヴァ通り(ulitsa Sedova)と3イユニャ通りのエリア。
イルクーツク駅から車で10分ほど。
イルクーツクの観光拠点としてもいい場所にあります。
(私も今回このエリアにできたホテルに宿泊しました)

本当にびっくりしたのはショッピングモールではない!

でも、ロシアの地方都市にこんなショッピングセンターがあるというのは別に珍しいことではありません。
日本人からしたら、特に目新しいものを感じないでしょう。
買うものも、食料以外ないでしょう。

ですが、私がここに来て他のロシアの地方都市と比較して「!」と感じた点があります。

それは「観光都市としての動き」です。

イルクーツクは、確実にバイカル湖を「観光資源」として考えて動いているなと感じました。

まず、バイカル湖は世界遺産です。
実際、シベリア鉄道でイルクーツクで降りる欧米人も結構見かけました。
そういった目的で来ている観光客に対しての取組みですね。

まずは英語。
ご存じのように、ロシアではあまり英語が通じません。

イルクーツクではなんと英語版のフリーマップも用意されています。
これは観光客が増えている証拠です。
イルクーツク英語版のフリーマップ画像

英語と言えば、このイルクーツクで宿泊したホテルの若いスタッフの英語の堪能なこと!
これはびっくりでした。
チェックインのときに、英語で話しかけられて驚きました。
(いつもはロシア語)

そしてインターネット。
結構回線が速かった!
モスクワよりサクサク通じた感じでしたね。
今回のロシアの旅で一番快適だったかもしれません。

ロシアはビザがあるので、なかなか観光に行けない国ではありますが、こういった動きがあるのはとても好ましいことですね。

■モードヌイ・クバルタール詳細

名称 МОДНЫЙ КВАРТАЛ(Modnyy kvartal)
住所 ул. 3 июля, 25 (130-й квартал), 664022, Иркутск, Россия

Return Top