Trip-Nomad

ジープ島に行くなら絶対に【キミシマ環礁】に行くべし!

ジープ島に行くなら絶対に【キミシマ環礁】に行くべし!

ジープ島は、ミクロネシア連邦のチューク州にある無人島。
その周囲に広がる圧倒的に美しい海は、ダイバーたちのあこがれダイビングスポットであふれています。

そんな中でも、とりわけおススメしたいスポットが「キミシマ環礁」。
もー、抜群に海がキレイなんです^^

なんといってもこの「キミシマ環礁」は、ジープ島が開島するまでは誰も潜った事がなかったという秘境エリア。
ですので、手つかずなところも多いのです。

そんな魅力的な「キミシマ環礁」ですから、ジープ島を訪れる人も「絶対に行きたい!」となるのですが、実はみんなが行けるわけではないのです。

なぜなら、ちょっとでも風が強かったり、天候が崩れそうというだけでも行く事ができないエリアなんです。
ジープ島周辺は天気が変わりやすく、スコールが定期的に来ます。
ですので、かなり運がよくないと行けないということです。

ですが、まあこんな記事を書いているわけですから、行けちゃったんですよね「キミシマ環礁」^^
超ラッキーということで。

では、絶好の天気の中で行ってきた「キミシマ環礁」の体験談を書いてみたいと思います。

「キミシマ環礁」って何?

体験談の前に、「キミシマ環礁」について簡単に説明したいと思います。

この「キミシマ環礁」の「キミシマ」って日本語っぽくないですか?
そうなんです、これ日本語なんです^^
「君島」って書きます。

このミクロネシア周辺は、実は日本がかつて統治していたエリア。
ですので、日本語が結構残っているんです。
ちなみに、「キミシマ環礁」を英語では「Kuop Atoll(クオープ)」と言います。

あと「環礁(かんしょう)」ということについても簡単に触れておきます。
普段「環礁」なんて言葉使わないですからね。

「環礁(atoll)」とは、リング状に広がる珊瑚礁のことを言います。
地図で見ると「キミシマ環礁」はこんな感じに見えます。
環礁によって潮の流れが抑えられるので、その内側の海は穏やかな状態になっているということですね。
ジープ島キミシマ環礁位置関係地図画像
「キミシマ環礁」のサイズは長さ21.5kmほどで幅は最大8kmほど
トラック環礁の南端から3kmほどの場所になります。

「キミシマ環礁」へ!

ボートで「トラック環礁」を抜けていきますー
「トラック環礁」画像
「トラック環礁」画像
「トラック環礁」を抜けて少し行くと「キミシマ環礁」到着!
地平線の海の色が違っています^^
「キミシマ環礁」画像
いざ!海の中へ!
「キミシマ環礁」画像
すっごい透明度の海に、サンゴがいっぱい!
ジープ島キミシマ環礁画像
「キミシマ環礁」画像
「キミシマ環礁」画像
切り立った断崖が絶好のダイビングスポット!
ジープ島キミシマ環礁画像
ジープ島キミシマ環礁画像
動画もどうぞ~
最初の2本は「トラック環礁」を抜けるまでの動画です。

ここから7本は「キミシマ環礁」の海の中の動画です。

「キミシマ環礁」周辺の島へ!

「キミシマ環礁」ももちろん素晴らしいのですが、行ったときに同時にまわる「キミシマ環礁」付近の小さな無人島もとにかくキレイ!!
まー、目の色彩感覚がおかしくなったのかと思います。
こんなところ本当にあるんですね。
キミシマ環礁無人島画像
キミシマ環礁無人島画像
キミシマ環礁無人島画像
キミシマ環礁無人島画像
キミシマ環礁無人島画像
キミシマ環礁無人島画像
動画もどうぞ。
もうね、波の音がやばい。

Return Top