Trip-Nomad

ルアンパバーンで一番美しいお寺【ワット・シェントーン】でラオス建築美を味わう

ルアンパバーンで一番美しいお寺【ワット・シェントーン】でラオス建築美を味わう

『ワット・シェントーン』本堂画像
ルアンパバーンには多くの寺院がありますが、その中でも一番の美しさと格式、人気を誇るのが「ワット・シェントーン(Wat Xieng Thong)」。

独特な屋根のラインは、ラオス寺院の典型的なスタイルかつルアンパバーン様式の建物といわれています。

「ワット・シェントーン」の詳細と歴史については、「ラオス情報文化省観光部」の説明を引用させていただきます。

この寺院は、1560年にセティラート王によって王家の菩提寺として建立された。 屋根が軒に向かって低く流れるように作られている、典型的なルアンパバーン様式 の建物で、ルアンパバーンで一番荘厳な寺院である。本堂裏側のタイルによって描 かれた「生命の樹」のレリーフは素晴らしく、一見の価値がある。かつては、王族の神聖な儀式に使用され、シーサワンウォン王の誕生した場所でもあり、また逝去時にしようされた霊柩車が境内に納められている。

これが、ワット・シェントーン本堂。
まずは美しい外観の画像を!
『ワット・シェントーン』本堂画像
『ワット・シェントーン』本堂画像

独特のカーブと低い位置まで降りている屋根が特徴的。

『ワット・シェントーン』本堂画像

屋根下の「破風(?)」周辺の装飾も見事です。

『ワット・シェントーン』本堂破風画像

『ワット・シェントーン』本堂破風画像

これは屋根上部に飾られている装飾。

『ワット・シェントーン』本堂屋根装飾画像

本堂の背面には、モザイクで「マイトーン(黄金の木・生命の樹)」が描かれています。
「ワット・シェントーン」に来たら、これは必見です!

『ワット・シェントーン』マイトーン画像

『ワット・シェントーン』マイトーン画像

これは、確か本堂の中だったと思う。

『ワット・シェントーン』本堂内部画像

ワット・シェントーン本堂の横に建てられている「レッドチャペル」
ちょっと不思議なタッチの絵が描かれています。

『ワット・シェントーン』本堂レッドチャペル画像

『ワット・シェントーン』本堂レッドチャペル画像

『ワット・シェントーン』本堂レッドチャペル画像

中には、青銅製の横臥仏が寝ています。

『ワット・シェントーン』レッドチャペル内部青銅製の横臥仏画像

これも外せない霊柩車(葬儀用御車)。
シーサワーンウォン王の葬儀時に使用されたものだそうです。
この龍の頭が車の先頭についているのが、特徴的です。
なんかキングギドラみたいですね。

『ワット・シェントーン』霊柩車画像

『ワット・シェントーン』霊柩車画像

その他諸々のワット・シェントーンの写真です。

『ワット・シェントーン』画像

『ワット・シェントーン』画像

『ワット・シェントーン』画像

『ワット・シェントーン』画像

『ワット・シェントーン』画像

『ワット・シェントーン』画像

『ワット・シェントーン』画像

『ワット・シェントーン』画像

『ワット・シェントーン』画像

■ワット・シェントーン地図

■管理人からのワンポイント
「ワット・シェントーン」の場所は、ルアンパバーンのメイン通りである「サッカリン通り」の突当りにあります。地図で見るとわかりにくりですが、「サッカリン通り」沿いに細い入口がありますので、そこから入って入場料を払います。

【ワット・シェントーン詳細情報】
・入場料:30,000kip
・開園時間:7:00~18:00

【参考リンク】
ウィキペディア
ルアンパバーン旅行記・ワット・シェントーン

Return Top