Trip-Nomad

ラオスを代表する聖地【タート・ルアン】 の黄金に輝く仏塔を見てきたよ!

ラオスを代表する聖地【タート・ルアン】 の黄金に輝く仏塔を見てきたよ!

ラオスのビエンチャンには、『タートルアン(Pha That Luang)』という黄金に輝く仏塔があります。
この「タートルアン」は、ラオス仏教の最高の寺院であり、ラオスのシンボルであり、パワースポットでもあるんです。
だから、ビエンチャンで一番のランドマークともいえます。
『タート・ルアン』画像

国章にもこんな感じで描かれています(国旗ではありません)。

『タート・ルアン』画像
ついでに、こちらは社会主義時代の国章。
「タートルアン」の代わりに、共産主義の象徴である「鎌と槌」が。

『タート・ルアン』画像
「タートルアン」の敷地に入るとまずは誰かわからないですが祭られています。

『タート・ルアン』画像

いかにもラオスといった屋根をした建物。

『タート・ルアン』画像

『タート・ルアン』画像

中の装飾もなかなか素晴らしいです。

『タート・ルアン』画像

いよいよ「タートルアン」へ。

『タート・ルアン』画像

リアルなドラゴン(?)。

『タート・ルアン』画像

いろんな神さま(?)、王様(?)が祭られています。

『タート・ルアン』画像

『タート・ルアン』画像

『タート・ルアン』画像

「タートルアン」は、近くで見ると意外に金ピカでなかったり(^_^;

『タート・ルアン』画像

毎年陰暦12月の満月の日には、タートルアン祭りが行われます。

かなり盛り上がるみたいなので、その時期に行けるのであればタイミングを合わせて行ってもいいですね。

■管理人からのワンポイント
「タートルアン」はビエンチャンで数少ない観光地。サイズも小さく、見るところも少ないので、1日で「タートルアン」と「パトゥーサイ」の2か所回ることも十分可能です。

【参考リンク】
ウィキペディア

Return Top