Trip-Nomad

【ラオス】世界遺産ルアンパバーンを360度パノラマで見渡せる『プーシーの丘』の上ってきたよ

【ラオス】世界遺産ルアンパバーンを360度パノラマで見渡せる『プーシーの丘』の上ってきたよ

『プーシーの丘』から見るパノラマ画像
『プーシーの丘(Phou si、Phu Si)』は、ルアンパバーンにある小高い丘。

観光でにぎわうメインストリート(サッカリン通り)に位置しているので、必ずみんな行くところですね。

「プーシーの丘」とか「マウント・プーシー」などと呼ばれていますが、高さは約150メートルほどでちょっとした運動にちょうどいい高さです。

「プーシー」という名前の由来に関しては、ウィキペディアの記述を引用します。

この山には、かつてアマ・ルーシーとニョティカ・ルーシーという2人の仙人が神の導きによりたどり着き、ルアンパバーンの町を造ったという伝説が残されていることから、「仙人(ルーシー)の山(プー)」と名づけられた。

「プーシーの丘」へ上る入口は、ルアンパバーン国立博物館(王宮)の目の前です。
他にも出入り口があるようですが、よくわからなかったので、一番わかりやすいここから入るのが無難。

『プーシーの丘』入口画像

これがルアンパバーン国立博物館。
この対面に「プーシーの丘」へ上る入口があります。

『プーシーの丘』の前の国立博物館入口画像

こんな感じの細い階段を上っていきます。
階段の数は、328段。
運動不足の人にはつらいかも。

『プーシーの丘』階段画像

頂上には、「タート・チョムシー」と呼ばれる金色に輝く仏塔が立っています。
空に放つと願い事がかなうといわれる雀も売られています。

『プーシーの丘』タート・チョムシー画像

頂上からは、世界遺産ルアンパバーンの街並みが一望できます。
これはメコン川。

『プーシーの丘』から見るメコン川画像

これは支流のカーン川。

『プーシーの丘』からカーン川画像

■プーシーの丘地図

■管理人からのワンポイント
「プーシーの丘」は、結構急な階段を上ります。不安な方はビーチサンダルでなくスニーカーのほうがいいかもしれません。夕方は絶好の夕日スポットになります。ですが、その時間になると混む上に頂上はそれほど広くありません。夕日の写真をいいポイントで撮影したい場合は、少し早目に行って陣取ったほうがいいかもしれません。

【プーシーの丘詳細情報】
・入場料:20,000kip
・開園時間:6:00~18:00

【参考リンク】
ウィキペディア
ルアンパバーン旅行記・プーシーの丘

Return Top