Trip-Nomad

【バスツアー】「H.I.S」さんの立山黒部『雪の大谷ウォーク』&「白川郷」「飛騨高山」ツアーに参加してみたよ

【バスツアー】「H.I.S」さんの立山黒部『雪の大谷ウォーク』&「白川郷」「飛騨高山」ツアーに参加してみたよ

先日、春の名物である立山黒部アルペンルートの『雪の大谷ウォーク』へ行ってきました!

今回わたしが利用したのは、大手旅行会社「H.I.S」さんのバスツアー。

でも、バスツアーってどうなのでしょうか?
どのような内容で、どんなスケジュールなのでしょうか?

今回の記事では、わたしが参加した「H.I.S」さんのバスツアーについて、内容や料金、スケジュールといったツアーのポイントを体験談をまじえてまとめてみました!
参考にしてみてくださいね。

*本記事は、「H.I.S」さんのバスツアー全体について書いています。
「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」については、下記の記事でこってりと書いています。
服装などをはじめ、もうすこし詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせて読んでみてくださいね。

【体験談】立山黒部アルペンルート『雪の大谷』行ってきた!ツアー料金や時間、服装などまとめました!

毎年春の名物である立山黒部アルペンルートの『雪の大谷ウォーク』へ行ってきました!今回のこの旅は、大手旅行会社「H.I.S」さんのお得なツアーを利用しました。そこで今回の記事では、わたしが参加した立山黒部…

 

目次

どこのツアーに参加したの?

今回わたしが参加したツアーは、大手旅行会社「H.I.S」さんのバスツアーです。

こちらのコースです。
⇒ 【新宿都庁発】立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォークと白川郷・飛騨高山2日間
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』
立山黒部アルペンルートの『雪の大谷ウォーク』だけでなく、1泊2日かけて世界遺産の「白川郷」、古い町並みが残る「飛騨高山」という人気スポットも同時に観光しちゃおうという欲張りコースです^^

わたしは出発地を東京の「新宿都庁発」を選びましたが、他にも横浜や関西大阪の梅田など出発地は選べます。

横浜発のツアーはこちら
⇒ 【横浜発】立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォークと白川郷・飛騨高山2日間

大阪梅田発のツアーはこちら
⇒ 【大阪梅田発】立山黒部アルペンルート一覧

どんなツアー内容なの?

今回わたしが参加した「H.I.S」さんのバスツアーは、「日帰り」ではなく「1泊2日」のコースです。
コース内容・スケジュールをかんたんにまとめると、以下のようになっています。

【1日目】

新宿都庁(7:30発)

<中央道にて移動>

飛騨高山(情緒あふれる高山を街歩き/約60分)

白川郷(世界遺産の合掌造り集落を散策/約60~80分)

富山市「アパホテル富山」に宿泊

【2日目】

富山市「アパホテル富山」

【立山黒部アルペンルート/通り抜け約7時間】

立山

<立山ケーブルカー>

美女平

<高原バス>

室堂(標高2,400メートルの立山直下の高原で雪の大谷ウォーク体験!/各自昼食)

<立山トンネルトローリーバス>

大観峰

<立山ロープウェイ>

黒部平

<黒部ケーブルカー>

黒部湖

<徒歩>

黒部ダム

<関電トローリーバス>

扇沢

<中央道にて移動>

新宿(20:30頃着)

1日目に「飛騨高山」「白川郷」をまわり、2日目に「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」という内容になっています。

グーグルマップで見ると、「飛騨高山」「白川郷」から「立山黒部アルペンルート」はこのようなルート、位置関係になっています。

ツアーの料金はいくらだったの?

ツアーの料金はいくらだったのかって気になりますよね^^

わたしの場合、ひとり参加(1人部屋)、平日参加で「29,990円」でした。
(下の画像は、申込みの予約完了メールです)
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアーの申込みの予約完了メールキャプチャ
この金額は、スケジュールによって下記のように変わってきます。
わたしは「4月20日(木)出発」に参加したので、「B」のゾーンでした。
カレンダーをみるとわかりますが、ゴールデンウィーク(GW)や週末はやっぱり料金が高いですね。
(出発エリアなどによっても金額は変わってきます)
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアーカレンダー
個人的にうれしかったは、ひとり参加でもホテルの部屋の値段が割高にならなかったこと。
通常このようなツアーって、ひとり参加はひとりでホテルの部屋を使うので割高になる場合がほとんどです。
ですが、この「H.I.S」さんのパッケージツアーは料金変わらずでちょっとうれしかったですね^^

「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアースケジュールと体験談

最初に、この1泊2日のツアーをどんなスケジュールでまわったのか、時間を入れてまとめて書いておきますね。


【ツアー1日目】

7時30分:「新宿都庁大型駐車場」出発
8時20分~8時40分:「談合坂SA(サービスエリア)」にて休憩
10時00分~10時20分:「諏訪湖SA(サービスエリア)」にて休憩
11時50分~12時20分:「レスト&スパ アルプス街道平湯」にて休憩
13時00分:「飛騨高山」到着
14時15分:「飛騨高山」出発
15時15分:「白川郷」到着
16時25分:「白川郷」出発
18時00分:「アパホテル富山」到着


【ツアー2日目】

6時40分:「アパホテル富山」出発
7時30分:「立山駅」到着
8時10分:「立山駅」出発
8時17分:「美女平」に到着
8時33分:「美女平」出発
9時20分:「室堂」到着
9時30分:「雪の大谷ウォーク」開始!
11時15分:「室堂」出発
11時25分:「大観峰」到着
11時50分:「大観峰」出発
11時57分:「黒部平」到着
12時40分:「黒部平」出発
12時45分:「黒部湖」到着
14時05分:「黒部ダム」出発
14時21分:扇沢」到着
14時45分:「扇沢」出発
16時20分~16時35分:「八ヶ岳PA(パーキングエリア)」にて休憩
18時00分~18時15分:「石川PA(パーキングエリア)」にて休憩
20時00分:「新宿」到着

では、ツアーの体験談を時系列に書いていきますね!

立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク【ツアー1日目】

7時30分:「新宿都庁大型駐車場」出発

7時30分、東京の新宿都庁に隣接する「新宿都庁大型駐車場」で集合し、出発。
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアーの待ち合わせ場所の「新宿都庁大型駐車場」
今回の旅を共にするバスは、ブルーの車体と「H.I.S」のロゴが目立つツアー専用バス。
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアーで利用したツアーバス
ツアーらしく「H.I.S」のシールを、目立つところに貼ります♪
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアーのシール
バス車内では、フリーWi-Fiが利用できるので便利♪
スピードもサクサクと問題なく、かなり快適でした^^
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアー・バス内のフリーWi-Fi案内
中央道にて、まずは最初の目的地「飛騨高山」まで移動していきます。
途中、富士山も見えてうれしい♪
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアー・中央道から見える富士山

8時20分~8時40分:「談合坂SA(サービスエリア)」にて休憩

8時20分から8時40分まで、「談合坂SA(サービスエリア)」にて1回目の休憩。
「談合坂SA(サービスエリア)」外観

10時00分~10時20分:「諏訪湖SA(サービスエリア)」にて休憩

10時00分から10時20分まで、「諏訪湖SA(サービスエリア)」にて2回目の休憩。
これはハイウェイ温泉。
(入りたかった!)
「諏訪湖SA(サービスエリア)」のハイウェイ温泉外観
諏訪湖の景色も楽しめます。
「諏訪湖SA(サービスエリア)」から見た諏訪湖

11時50分~12時20分:「レスト&スパ アルプス街道平湯」にて休憩

11時50分から12時20分まで、「レスト&スパ アルプス街道平湯」にて3回目の休憩。
足湯もあります。
「レスト&スパ アルプス街道平湯」外観
平湯温泉で有名なこの辺りは、すっかり山の中。
「レスト&スパ アルプス街道平湯」から見える冬山
でっかい「さるぼぼ」と記念撮影ができます。
「レスト&スパ アルプス街道平湯」にある日本一巨大なさるぼぼ

13時00分:「飛騨高山」到着

13時00分、「飛騨高山」に到着。
「1時間15分」の自由行動です。

まずは、「これこそ飛騨高山らしい!」という古い町なみを残す「さんまち通り」の「上三之町」へ。
「小京都」と呼ばれる風情ある街並みがいいですね。
飛騨高山「上三之町」
飛騨高山「上三之町」
まずは腹ごしらえということで、名物の「飛騨牛むすび」を。
この「上三之町」には、「こって牛」さんと「坂口屋」さんという「飛騨牛むすび」の有名店が2軒あります。
もちろん、はしごして食べ比べ!

まずは「こって牛」さんから。
飛騨高山「こって牛」外観
どれにしようか迷います。
飛騨高山「こって牛」メニュー
「やっぱり、これでしょ!」って感じの「トロさしにぎり(900円)」。
てかてかと光り輝く脂がたっぷりのってます!
まさにマグロの大トロのように、口の中でとろけましたよ飛騨牛が!
飛騨高山「こって牛」「トロさしにぎり(900円)」
こちらは「坂口屋」さん。
「こって牛」さんの目の前にあります^^
飛騨高山「坂口屋」外観
こちらも、どの「飛騨牛むすび」にしようか迷います~
飛騨高山「坂口屋」メニュー
「坂口屋」さんでは、「飛騨牛赤身にぎり寿司(500円)」を注文。
赤身の味がしっかりと感じる肉肉しい味!
ちなみに「飛騨牛むすび」は、海老せんべいのお皿にのせて出してくれます^^
飛騨高山「坂口屋」「飛騨牛赤身にぎり寿司(500円)」
「飛騨牛むすび」を食べて幸せな気分で歩いていくと、巨大な「杉玉」発見!
造り酒屋の目印ですね。
こちらは、安政2年(1855年)創業の「原田酒造」さん。
「山車」という地酒が定番です。
飛騨高山「原田酒造」外観
中では試飲や飲み比べもできます♪
日本酒好きにはたまりませんね。
飛騨高山「原田酒造」日本酒試飲
ありすぎて迷う・・・
飛騨高山「原田酒造」日本酒試飲
「楽天市場」にもお店がありました。

こちらは、天然の味噌と醤油を作っている「大のや醸造」さん。
飛騨高山「大のや醸造」外観
飛騨高山の味噌の特徴は、塩分がすこし控え目で、上品な甘みを感じるところ。
おいしかったのでわたしも1パック購入しました~
飛騨高山「大のや醸造」店内
お味噌汁の試飲もやっています♪
飛騨高山「大のや醸造」お味噌汁の試飲
「上三之町」の通りを抜けて、フォトジェニックな場所「中橋」へ。
まだ桜が残っていました^^
飛騨高山「中橋」から見えるしだれ桜
色鮮やかな橋が、風景にマッチしていますね~
飛騨高山「中橋」
観光名所である「高山陣屋」は、時間が足りずに断念・・・
あと30分ほど時間があれば~(>_<)
とりあえず、入り口まで行き、写真だけパチリ。
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアー
帰り道に、飛騨高山の「みたらしだんご」をパクリ。
関東のみたらし団子は、甘辛のタレがからんでいるタイプですが、飛騨高山のものは、醤油を何回かつけて焼いたもの。
海苔がない磯部巻きみたいな感じですね。
焦げたしょうゆが香ばしくてうまい!
しかも1本70円~80円というのもうれしい^^
飛騨高山みたらし団子
飛騨高山「上三之町」の通りを撮影してきた動画はコチラ。
中国人観光客をはじめとする海外からの旅行者がたくさんいることがわかりますよ^^

14時15分:「飛騨高山」出発

14時15分、「飛騨高山」を出発。
「1時間15分」の自由時間はあっという間でした(^_^;

15時15分:「白川郷」到着

15時15分、世界遺産「白川郷」に到着!
ここでは、「1時間10分」の自由行動です。

こちらが「白川郷」の観光用マップです。
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアー
下記の公式ページからもダウンロードできます。
⇒ http://www.shirakawa-go.gr.jp/othercontents/file/pdf/201610_Map_Ogimachi_J.pdf

駐車場のある「せせらぎ公園」から「白川郷」の集落へ向かう吊り橋「であい橋」を渡るところから雰囲気抜群♪
白川郷「であい橋」
水量たっぷりで流れがはやい「庄川」。
白川郷「庄川」
ここが、「白川郷」で最大の観光スポット「和田家」
築300年と最も古く、最も大きい作りの古民家です。
白川郷「和田家」
この巨大なかやぶき屋根には感動です!
白川郷「和田家」
こちらは、最もうつくしい造りと言われている「神田家」
白川郷「神田家」
従来の合掌造りに、あらたな技術を取り入れ改良、洗練された外観なのだそうです。
白川郷「神田家」
こちらは、お医者さんの家だった「長瀬家」
この「長瀬家」と、「和田家」「神田家」の3つの家は、まずまわるべき観光スポットですね。
それぞれ「300円」で、家の中を見学、撮影できます。
白川郷「長瀬家」
「長瀬家」さんは、ぜひ中を見学してほしいですね。
昔に使用されていた生活道具などが大量に展示してあります。
保存状態がよく、見ごたえ満点です!
白川郷「長瀬家」展示物
1時間くらいのどかな集落を散策。
白川郷の街並み
まるで、日本昔話の世界!
白川郷の街並み
東京生まれの都会っ子のわたしには、こういういかにも「田舎」って景色がとても珍しく、新鮮です。
海外の観光客がとても多いのですが、おなじような気分なのでしょうねー
白川郷の街並み

白川郷の動画も撮ってきましたのでどうぞ~

16時25分:「白川郷」出発

16時25分、あっという間の「白川郷」を出発。
宿泊先のホテル「アパホテル富山」へ向かいます。

18時00分:「アパホテル富山」到着

18時00分、「アパホテル富山」に到着。
チェックインしてすぐに夕食。
メニューは、ズワイガニや甘エビ、ブリやマス寿司、ホタルイカの沖漬けなど富山名産の魚介類などが食べ放題のバイキング♪
けっこう豪華の夕飯でした^^
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアー・「アパホテル富山」夕食バイキングずわいがに食べ放題
「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」ツアー・「アパホテル富山」夕食バイキング富山の魚介・名産食べ放題

立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク【ツアー2日目】

2日目は、ツアーのメインイベントである立山黒部アルペンルートの「雪の大谷ウォーク」!
「立山黒部アルペンルート」の工程は、下記のようになっています。
(下の画像の左側が「富山」側になります)
立山黒部アルペンルート行程図
今回のツアーのメインとなる「雪の大谷ウォーク」は、山頂付近の「室堂」にあります。
立山黒部アルペンルート行程図
2日目の「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」については、下記の記事でこってりと書いています。
服装などをはじめ、もうすこし詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせて読んでみてくださいね。

【体験談】立山黒部アルペンルート『雪の大谷』行ってきた!ツアー料金や時間、服装などまとめました!

毎年春の名物である立山黒部アルペンルートの『雪の大谷ウォーク』へ行ってきました!今回のこの旅は、大手旅行会社「H.I.S」さんのお得なツアーを利用しました。そこで今回の記事では、わたしが参加した立山黒部…
6時40分:「アパホテル富山」出発

朝6時から朝食を食べ、6時40分「アパホテル富山」を出発。
「H.I.S」さんのバスに乗って、「立山黒部アルペンルート」のスタート地点となる「立山駅」へ向かいます。
「アパホテル富山」外観

7時30分:「立山駅」到着

7時30分、「立山駅」到着。
「立山駅」からは、「立山ケーブルカー」で「美女平」まで向かいます。
立山黒部アルペンルート「立山駅」外観
ケーブルカー乗り場は、早朝なのにごらんのように大混雑(^_^;。
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』「立山駅」で並ぶ行列

8時10分:「立山駅」出発

8時10分、「立山駅」を出発。
この「立山ケーブルカー」の乗って、立山駅と美女平間の1.3キロ、標高差およそ500メートルを、7分かけて一気にのぼります。
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』「立山駅」のケーブルカー
車内は、通勤ラッシュ並みの混雑です~
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』「立山駅」で通勤ラッシュ並みの混雑のケーブルカー

8時17分:「美女平」に到着

8時17分、「美女平(びじょだいら)」に到着。
ここで「立山高原バス」に乗り、「室堂」行きのバスに乗りこみます。
「美女平」からの「立山高原バス」に乗りこむ

8時33分:「美女平」出発

8時33分、「立山高原バス」に乗って「美女平」を出発。
『雪の大谷』がある「室堂」まで、約50分間のバス移動です~
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』「美女平」からの「立山高原バス」車内
そして山道をどんどん進んでいくと、道の両脇の雪がだんだんと高くなっていきます。
この辺はまだ、雪の壁がバスより低いです。
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』バスから見た雪の壁
この辺ではもうバスと同じくらいの高さ。
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』バスから見た雪の壁
「室堂」に近づくころにはバスの高さを超えて、見上げてます^^
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』バスから見た雪の壁

9時20分:「室堂」到着

9時20分、『雪の大谷』がある「室堂」に到着!
この建物が、『雪の大谷ウォーク』のベースとなる「室堂ターミナル」。
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』「室堂ターミナル」建物外観
こちらが、「室堂ターミナル」の中。
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』「室堂ターミナル」内
ガイドさんが必要であれば、「30分500円@おひとり様」でお願いできます。
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』ガイドさん宣伝看板

9時30分:「雪の大谷ウォーク」開始!

9時30分、ついに念願の「雪の大谷ウォーク」開始!
この日(2017年4月21日)の雪の壁の高さは、過去最大級の19メートル!
過去に20メートルを超えているのは1回しかないので、かなりの高さです^^
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』当日の標高・気温・高さ
この「雪の大谷ウォーク」のエリアマップを見てみます。
はやい人は、30分もあればまわれてしまうサイズです。
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』エリア地図
真っ白な雪の壁がそそり立っています!
すごい!
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』
ここは折り返し地点。
「雪の大谷ウォーク」で雪の壁がいちばん高いエリアです。
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』雪の壁がたかいエリア
バスの高さの3つ分以上ありますね。
ここは本当に豪雪地帯なのですねー
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』雪の壁バスとの高さ比較
「ここが最高地点!」という看板もありますので、記念撮影できますよ。
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』最高地点看板日本語

11時15分:「室堂」出発

11時15分、「室堂」を「立川トンネルトロリーバス」で出発。
ちなみに、「トロリーバス」とは電気で動くバスです。

こんな感じでぎゅーぎゅーで移動(^_^;
立山黒部アルペンルート「立川トンネルトロリーバス」車内

11時25分:「大観峰」到着

11時25分、「大観峰」に到着~。
「大観峰」の建物には、絶景が見れる展望台があるので行ってみます。
美しい後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)が見れますよ~♪
立山黒部アルペンルート「大観峰」から見る後立山連峰
絶景!
立山黒部アルペンルート「大観峰」から見る後立山連峰
このような急こう配をロープウェーで下っていきます。
景観をこわさないように、支柱が立っていないんです♪
支柱のないワンスパーン方式としては日本一の長さだそうです。
「大観峰」ロープウェー
「大観峰」ロープウェー車体

11時50分:「大観峰」出発

11時50分、立山ロープウェーで「大観峰」出発。

約7分、1700メートルの絶景ショー♪
大パノラマが楽しめる!
ちょっとこわい。
「大観峰」ロープウェーからの絶景パノラマ
「大観峰」ロープウェーからの絶景パノラマ
「大観峰」ロープウェーからの絶景パノラマ

11時57分:「黒部平」到着

11時57分、「黒部平」に到着。
「黒部平」の建物にある展望台から見える景色は絶景!
立山黒部アルペンルート「黒部平」からの冬山絶景
立山黒部アルペンルート「黒部平」からの冬山絶景
立山黒部アルペンルート「黒部平」からの冬山絶景

12時40分:「黒部平」出発

12時40分、黒部ケーブルカーにて「黒部平」へ出発。

12時45分:「黒部湖」到着

12時45分、「黒部湖」到着。
ここでは、黒部ダムの見学をしながら、「黒部ダム」駅へ移動します
この区間は、徒歩で約10分の距離。
(画像右下の現在地から左上の「黒部ダム駅」まで)
立山黒部アルペンルート『黒部ダム』周辺マップ
黒部ダムは、なんと水が凍っていました(^_^;
水が凍っている黒部ダム
凍ってまっ白になった水面がなんとも美しい!
水が凍っている黒部ダム
水が凍っている黒部ダム
「黒部ダム」は、7年の歳月と1千万人の人手をかけて完成した日本を代表するダム。
一度来てみたかったんですよねー
次回は放水のやっている期間に来てみたいな。
水が凍っている黒部ダムの動画はこちらでどうぞ!

今回は展望台へは行かず、途中にあるダムのレストハウスで休憩。
わたしはもらい忘れたのですが、ダムカードが欲しい方はこちらのレストハウスの売店で配布しているそうです。
黒部ダムレストハウス
黒部ダムの眺望を楽しみながら、名物「黒部ダムカレー」を食べる。
ついでに地ビール「黒部の月」も。
「黒部ダムカレー」と地ビール「黒部の月」
これが、「黒部ダムカレー」のアップ。
「黒部ダムカレー」
「黒部ダムカレー」を食べ終え、黒部ダム」駅へ向かいます。
「黒部ダム」駅へは、トンネルの中を歩いて行きます。
「黒部ダム」駅トンネル通路
黒部ダムの歴史についての解説を見ながら移動。
石原裕次郎主演の映画「黒部の太陽」の世界をちょっぴり味わえます。
(事前にDVDでも見ていくとさらに感情移入っできますね)

「黒部ダム」駅トンネル通路
ここが黒部ダム駅のホーム。
「黒部ダム」駅ホーム
「黒部ダム」から「扇沢」までのチケット。
立山黒部アルペンルート「黒部ダム」から「扇沢」へのチケット
「立山黒部アルペンルート」最後の乗り物へ乗りこみます。
関電トンネルトロリーバス車内

14時05分:「黒部ダム」出発

14時05分、「黒部ダム」を関電トンネルトロリーバスで出発。

14時21分:扇沢」到着

14時21分、立山黒部アルペンルートでの乗り物駅の最終地点「扇沢」に到着。
立山黒部アルペンルート「扇沢」関電トンネルトロリーバス

14時45分:「扇沢」出発

14時45分「扇沢」を、「H.I.S」さんのバスで出発。
一路、東京新宿へ!
立山黒部アルペンルート「扇沢」建物外観

16時20分~16時35分:「八ヶ岳PA(パーキングエリア)」にて休憩

16時20分~16時35分まで「八ヶ岳PA(パーキングエリア)」にて休憩。
「八ヶ岳PA(パーキングエリア)」

18時00分~18時15分:「石川PA(パーキングエリア)」にて休憩

18時00分~18時15分まで「石川PA(パーキングエリア)」にて休憩。
「石川PA(パーキングエリア)」

20時00分:「新宿」到着

20時00分、東京新宿の西口に到着。
渋滞もなく、順調に東京へ着きました^^

「飛騨高山」「白川郷」「立山黒部アルペンルート」に関連するサイト

「飛騨高山」「白川郷」「立山黒部アルペンルート」に行くときは、下記の公式サイトやムック本などを参考にしてみるといいでしょう。

飛騨高山 http://www.hidatakayama.or.jp/
白川郷 http://www.shirakawa-go.gr.jp/top/
立山黒部アルペンルート(雪の大谷) http://www.alpen-route.com/enjoy_navi/snow_otani/
黒部ダムオフィシャルサイト http://www.kurobe-dam.com/index.html

「H.I.S」立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』バスツアー体験談!まとめ

普段はあまりパッケージツアーを使わないわたしですが、今回の旅は「H.I.S」さんのバスツアーを利用しました。
結果的には、大満足!

今回の「飛騨高山」「白川郷」「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」という組み合わせを、個人で1泊2日でパッケージするのは相当むずかしいですからね。

「立山黒部アルペンルート」で利用する6つの乗り物代(8,290円)やホテル宿泊費までついて「29,990円」という料金は、かなりコストパフォーマンスが高いと思います。
しかも、面倒なチケット手配や、かなりタイトでシビアなスケジュールの組み立てを可能としているのは、やはり「H.I.S」さんのような大手旅行会社ならではのスケールメリットですね。

たまにツアーを使うと、あまりの便利さと楽ちんさに感動しますね^^

この「H.I.S」さんの「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」は、やっぱり毎年大人気のバスツアーみたいです。

わたしもこういうお得なツアーを、うまく活用していきたいなと思いました!

最後にもう一度、わたしが利用したツアーを紹介しておきますね。
こちらのコース。
⇒ 【新宿都庁発】立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォークと白川郷・飛騨高山2日間
立山黒部アルペンルート『雪の大谷ウォーク』

では、「飛騨高山」「白川郷」「立山黒部アルペンルート・雪の大谷ウォーク」に行かれる方は、ぜひ楽しんできてくださいね♪

Return Top