Trip-Nomad

静岡駅そばで「静岡おでん」初心者が食べるなら『おばちゃん』!絶品の黒はんぺん・黒スープでハフハフ♪

静岡駅そばで「静岡おでん」初心者が食べるなら『おばちゃん』!絶品の黒はんぺん・黒スープでハフハフ♪

最近人気の静岡名物といえば、「静岡おでん」
「黒はんぺん」や「黒いスープ」、「けずり粉と青のりをかける」といった特徴があります。

先日静岡に行ってきたので、現地で本場の「静岡おでん」を食べてきました!
数あるお店の中から今回行ったお店は、『静岡おでんや おばちゃん』
静岡駅そばにあるおでん街「青葉横丁」にある人気店です。
「るるぶ」「まっぷる」といったガイドブックにも、必ず載っているお店です。

東京のおでんとは、見た目も味もちょっと違う興味深い「静岡おでん」。
どんなおでんなのでしょうか。

今回の記事は、『静岡おでんや おばちゃん』で堪能した「静岡おでん」について書いてみたいと思います!

静岡県民がこよなく愛する「静岡おでん」とは?

『静岡おでんや おばちゃん』に行く前に、「静岡おでん」についてちょっと情報収集をしていきました。

静岡おでんの会」さんのホームページには、このように書かれています。

真っ黒な汁や、独特な種や食べ方を特徴とする静岡おでん。
主に牛スジをダシとした各お店それぞれのレシピで作った汁の中に、具材を串で刺してじっくり煮込んでいます。

そして、「静岡おでん5か条」というものがあるらしい。

【 静岡おでん五ヶ条 】
その1:黒はんぺんが入っている
その2:黒いスープ
その3:串に刺してある
その4:青海苔、だし粉をかける
その5:駄菓子屋にもある。

これは、今回行った『静岡おでんや おばちゃん』のおでん鍋。
たしかに、串だらけでスープが黒い。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

新鮮な魚が取れるところは、練り物製品がうまい。
つまり、静岡おでんも土地柄、独自のおでん文化が発達したということでしょうかね。

こちらの動画を見ると、「静岡おでん」ってこういうものなんだってわかると思います。

静岡駅前の2つのおでん街「青葉横丁」「青葉おでん街」

静岡駅前には、2つのおでん街があります。
「青葉横丁」「青葉おでん街」です。

こちらが「青葉横丁」。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

こちらが「青葉おでん街」。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

見た目も雰囲気もそっくりです。
場所もすぐ隣どおしです。
静岡駅周辺で「静岡おでん」を食べたいと思ったら、まずはこの2つのおでん街に足を運んでみるのがいいでしょう。

『静岡おでんや おばちゃん』への行き方

では、今回わたしが行った『静岡おでんや おばちゃん』の場所と行き方について書きますね。

グーグルマップで見ると、このようなルートになります。
静岡駅北口から、大きな昭和通り、緑道の青葉通りを目指していくとわかりやすいです。

『静岡おでんや おばちゃん』で本場の「静岡おでん」を体験!

昭和の雰囲気のぷんぷんの「青葉横丁」。
カウンター10席ほどの小さなおでん屋が「ぎゅっ」と集まった横丁です。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

こちらが、『静岡おでんや おばちゃん』
実際には、「おばちゃん」ではなく「おじちゃん」がやっています(笑)
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

まずはとりあえずということで、静岡限定ビール「静岡麦酒」からスタート。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

おやじさんに「静岡おでん」初心者であることを伝えると、「おでん5本盛り(¥550)」をすすめてくれました。
左から「さんかく」「しのだ巻き」「ふわ(牛の肺)」「牛すじ」「黒はんぺん」。
東京ではなかなかお目にかかれないラインナップ。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

カウンターには、おでんにふりかける粉が入ったボトルが置かれています。
通常の削り粉と、大人風味の七味入り。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

上からドバっとかけて食べます。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

「さんかく」「しのだ巻き」って初めて見ました。
おじさんに材料をおしえてもらたのですが、忘れました・・・

2杯目は日本酒で。
「静岡おでん」とラベルに書かれた地酒。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

おでんも2皿目を注文。
下から左まわりで、「厚揚げ」「がんも」「大根」「なると」「ロールキャベツ」。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

「なると」をラーメン以外でこんなに豪快に使っているって珍しいですね。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

3皿目は、「しろ」「もつ」「がつ」。
写真を見ても、どれがどれだかわかりません。
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

最後の〆に、おちょこで温かい飲み物をくれました。
酔っ払っていて何かわかりませんでした(汗)
静岡『静岡おでんや おばちゃん』

『静岡おでんや おばちゃん』おまとめ

『静岡おでんや おばちゃん』のおでんは、どれもおいしかった!
「バクバク」といっぱい食べてしまいました(笑)

とくに、醤油と牛の煮出し汁で作られた煮汁。
さっぱりしているのに、しっかりと力強さもある。
やっぱりおでんは、煮込む出汁がキモですね。
油っぽいものや臓物を煮込んでいるのに、油臭さや肉の臭みなどはまったくなし。
何本も食べられるのは、この丁寧に作られた出汁のおかげですね。

おでんの具にこの出汁がよーく沁み込んでいて、ほおばり噛みしめるたびに「じゅわー」とあふれでる。
もう、何本でもいけちゃいますね。

つみれが好きなわたしは、やっぱり黒はんぺんがおいしかったなあ。
黒はんぺんのフライを食べ損ねたのが、ちょっと心残り。

この後にもう1件はしごしたのですが、そのお店で食べた静岡おでんはまずかった。
なので、この「おばちゃん」のおでんはおいしくて「当たり」であることがはっきりわかりました(笑)

『静岡おでんや おばちゃん』詳細

店名 静岡おでんや おばちゃん(青葉横丁)
TEL 054-221-7400
住所 静岡県静岡市葵区常磐町1-8-7
営業時間 16:00~22:30(閉店23:00)
日曜営業
定休日 年中無休
アクセス・最寄り駅 JR静岡駅より徒歩15分
新静岡駅から655m
公式ページ http://odenya-obachan.com/
地図
Return Top