Trip-Nomad

【完全版】高松から『女木島(鬼ヶ島)』までの行き方!フェリー乗り場行き方・チケット買い方・時刻表も載っています

【完全版】高松から『女木島(鬼ヶ島)』までの行き方!フェリー乗り場行き方・チケット買い方・時刻表も載っています

桃太郎が鬼退治に行く『鬼ヶ島』
その伝説の『鬼ヶ島』なのではと言われているのが、香川県の『女木島』

昔話の中に出てくる架空の島だと思っていたので、「ほんとに『鬼ヶ島』なんてあるんだーっ」ってけっこうびっくりしました^^
その『鬼ヶ島』こと『女木島』に、高松へ行ったついでに上陸してきました!

ということで、今回の記事は、『鬼ヶ島』こと『女木島』への高松からの行き方について書いていきたいと思います!

『女木島』の鬼ヶ島伝説とは?

『女木島』は、香川県高松から沖合へ4キロほどにある小さな島。
『女木島』の読み方は、「めぎじま(Megijima)」です。
(香川県は「さぬきうどん」で有名な県です)
『女木島』の場所はこちら。

この島が、なぜ『鬼ヶ島』と言われているのでしょうか?
「鬼ヶ島観光協会」のホームページには、下記のように書かれています。

女木島が「鬼ヶ島」とされる由縁は、香川県の桃太郎伝説にあります。香川県の桃太郎は、吉備津彦命(きびつひこのみこと)の弟「稚武彦命(わかたけひこのみこと)」がモデルで、吉備の国から讃岐の国に来た時、土地の住民が鬼(海賊)の出没で苦しんでいるのを知り、イヌ・サル・キジを率いて鬼を征伐しました。イヌは備前の犬島(岡山県)、サルは陶の猿王(綾南町)、キジは雉ヶ谷(鬼無町)に住む勇士だったと言われています。鬼が住んでいたのが女木島で、桃太郎が鬼を退治して鬼がいなくなったことから「鬼無」という地名になったと言われます。大正3年に橋本仙太郎氏が大洞窟を発見したことによって、桃太郎伝説と女木島が結びつき、以来、女木島は「鬼ヶ島」と呼ばれています。

とくに、鬼の化石が見つかったとかはないようです(^_^;
鬼が住むという洞窟はこちらです。

鬼ヶ島大洞窟【香川】『鬼ヶ島大洞窟』を探検してきた!鬼や桃太郎もいたよ!
先日、香川県の『鬼ヶ島(女木島)』へ行ってきました!この鬼ヶ島で、鬼が住んでいたといわれるのが『鬼ヶ島大洞窟』。桃太郎伝説の舞台となった「鬼ヶ島」は、本当に実在したのか?ということで今回の記事は、…

高松から『女木島(鬼ヶ島)』までの行き方

では、高松から『女木島(鬼ヶ島)』までの行き方を書いていきますね。

高松駅からフェリー乗り場までの行き方

『女木島』まで行く手段は、フェリーになります。
高松駅に隣接するようなかたちで、フェリー乗り場がありますので、そこから『女木島行き』のフェリーに乗ります。

高松駅と、瀬戸内の離島へ行くフェリー乗り場の位置関係、行き方がわかる地図はこちら。
(乗り場は、第一桟橋です)

高松駅から、「高松港」という看板にそって連絡通路を歩いていけば、5分~10分程度で到着します。
(はじめてフェリー乗り場へ行くときは、すこし余裕をもって移動をすることをおすすめします。船の出発時間の10分前に乗船、その10分前(出発20分前)にチケット購入と考えると、高松駅を30分前に到着していたいですね)
『女木島(鬼ヶ島』高松駅「高松港方面」連絡通路看板画像
『女木島(鬼ヶ島』高松駅「高松港方面」連絡通路看板画像
このように、行きたい島のチケット売り場の看板が出ています。
『女木島(鬼ヶ島』高松フェリー乗り場、女木島男木島行フェリー切符売り場看板画像

女木島行きの切符売り場はこちら。
ここでフェリーのチケットを購入します。
男木島行きフェリーの途中で下車するかたちになります。
『女木島(鬼ヶ島』高松フェリー乗り場、女木島男木島行フェリー切符売り場画像

高松から女木島までのチケット代は、往復740円(片道370円)。
『女木島(鬼ヶ島』行き黄色い切符画像

「女木島・男木島行きフェリー」の時刻表詳細は下記。

1月1日~7月31日、8月21日~12月31日
復航 往航
高松発 女木島発 男木島着 男木島発 女木島発 高松着
8:00 8:20 8:40 7:00 7:20 7:40
10:00 10:20 10:40 9:00 9:20 9:40
12:00 12:20 12:40 11:00 11:20 11:40
14:00 14:20 14:40 13:00 13:20 13:40
16:00 16:20 16:40 15:00 15:20 15:40
18:10 18:30 18:50 17:00 17:20 17:40

■夏季運航表
夏季は便数が増えます。

8月1日~8月20日
復航 往航
高松発 女木島発 男木島着 男木島発 女木島発 高松着
8:00 8:20 8:40 7:00 7:20 7:40
9:10 9:30 8:10 8:30
10:00 10:20 10:40 9:00 9:20 9:40
11:10 11:30 10:10 10:30
12:00 12:20 12:40 11:00 11:20 11:40
13:10 13:30 12:10 12:30
14:00 14:20 14:40 13:00 13:20 13:40
15:10 15:30 14:10 14:30
16:00 16:20 16:40 15:00 15:20 15:40
17:10 17:30 16:10 16:30
18:10 18:30 18:50 17:00 17:20 17:40
18:40 19:00 18:10 18:30

変更等もあるかもしれませんので、運航会社の「雌雄島海運株式会社」さんのホームページもあわせてご確認くださいね。
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/2108.html

女木島行きのフェリーに乗る

チケットを購入したら、あとはフェリーに乗るだけ。
乗船時間は20分です。

女木島行きのフェリーはこちら。
赤くてちょっとふんづまりなフォルムがかわいらしい。
『女木島(鬼ヶ島』画像
船の後部から乗船します。
『女木島(鬼ヶ島』画像
船にもちゃんと「鬼ヶ島」と書かれています。
『女木島(鬼ヶ島』画像
船の内部はこんな感じ。
『女木島(鬼ヶ島』画像
天気がよければ外が気持ちですね。
この日はあいにくの雨。
『女木島(鬼ヶ島』画像
フェリーの乗って20分。
あっとういう間に『女木島(鬼ヶ島)』到着~~!
桟橋では、アートなカモメのオブジェたちがお迎えをしてくれます。
(風が吹くと向きをクルクルと変えます)
『女木島(鬼ヶ島』画像
『女木島(鬼ヶ島』画像
鬼が住んでいたと言われる「鬼ヶ島大洞窟」、展望台など数少ない観光場所を楽しんじゃいましょー。
『女木島(鬼ヶ島』画像
「鬼ヶ島大洞窟」についての記事はこちら。

鬼ヶ島大洞窟【香川】『鬼ヶ島大洞窟』を探検してきた!鬼や桃太郎もいたよ!
先日、香川県の『鬼ヶ島(女木島)』へ行ってきました!この鬼ヶ島で、鬼が住んでいたといわれるのが『鬼ヶ島大洞窟』。桃太郎伝説の舞台となった「鬼ヶ島」は、本当に実在したのか?ということで今回の記事は、…

高松から『女木島(鬼ヶ島)』までの行き方まとめ

高松から『女木島(鬼ヶ島)』までは約20分、フェリーでの往復の料金740円。
気軽に楽しめる離島の旅です。
こじんまりしていて、とってものんびりした島なので、散歩するにもぴったり。

もちろん、瀬戸内国際芸術祭にも参加しています。
瀬戸内国際芸術祭開催中は、直島、豊島などのメジャーな島だけでなく、マイナーな鬼ヶ島まで足をのばしてみるのもいいですよ。

■鬼ヶ島詳細

名称 鬼ヶ島観光協会
ホームページ http://www.onigasima.jp/index.html

■フェリー運航会社「雌雄島海運株式会社」詳細

会社名 雌雄島海運株式会社
電話番号 087-821-7912
FAX 087-821-8001
住所 〒760-0019
高松市サンポート1-1 旅客ターミナルビル6階

高松から近隣離島へ行くなら読んでおきたい関連記事!

「直島」へのフェリーでの行き方はこちら。

高松から『直島』までの行き方!【完全版】高松から『直島』までの行き方!フェリー乗り場行き方・チケット買い方・時刻表も載っています
草間彌生さんの「赤いかぼちゃ」「黄色いかぼちゃ」で有名な『直島』。「進研ゼミ」で有名なベネッセさんが、「瀬戸内海の島に世界中の子供たちが集える場を作りたい」との想いでプロジェクトをすすめ、今や大人…

「豊島」「犬島」へのフェリーでの行き方はこちら。

高松から『豊島』『犬島』までの行き方!1日で『豊島』『犬島』をまわるスケジュールプラン高松から『豊島』『犬島』までの行き方!1日で『豊島』『犬島』をまわるスケジュールプランはこちら!
先日「瀬戸内国際芸術祭2016」へ行ってきました。そこでちょっと悩んだのが、高松から『豊島』『犬島』をまわるスケジュールプランでした。この2島を1日でまわることはできるのだろうか。まわるとしたら、どのフ…
Return Top