Trip-Nomad

【カンボジア】女子のアンコールワット観光土産って実は難しい?すぐに『ベリーベリー』へ行くべし!

【カンボジア】女子のアンコールワット観光土産って実は難しい?すぐに『ベリーベリー』へ行くべし!

アンコールワット観光に行って、結構困るのがお土産選び。
会社の仲間やお友達ならば、クッキーやらお菓子などいかにもなベタな観光土産でも問題なし。

だけど、自分のお土産って結構困るんです。

日本では使いづらいんですよね。
アンコールワットの遺跡のタケノコのようなイラストが入っていたり、いかにもアジアな象などの柄が入っていたり・・・
とくに自分の好みがはっきりしている30代以降の女性は困ると思います(^_^;

そんなときに、頼りになるのが『ベリーベリー(very berry)』さんです!

今回は、センスあふれるカンボジア雑貨を扱う「ベリーベリー」さんをご紹介します!

「ベリーベリー」さんへ行こう!

「ベリーベリー」さんのある場所は、アンコールワット観光に行く人なら必ずいく「パブストリート」「オールドマーケット」のすぐそば!
(徒歩1分くらい)
だから、「ちょっとお土産を見てみたいな」なんて思ったらすぐに行けちゃいます。

こちらが「ベリーベリー」さんの看板です。
「ベリーベリー」さんの店舗は、小道を入ったところにあります。
ですので、この看板が目印。
この看板からしてかわいい^^
カンボジア『ベリーベリー』看板画像
こちらが、「ベリーベリー」さんの店舗の外観。
なんかカンボジアじゃないみたい(^_^;
「サンタフェですか?」って感じですね~
いっぽん奥まった道にあるので、とても静かな時間が流れています。
こういう隠れ家的なお店っていいですよね。
カンボジア『ベリーベリー』店舗外観画像

センスあふれるカンボジアハンドメイドの雑貨や小物がいっぱい!

『ベリーベリー(very berry)』さんは、「カンボジアメイド(Made in Cambodia)」のものにこだわったセレクトショップ。

店内には、オーナーの中川さんがセレクトした小物や雑貨をはじめ、自らデザインし発注したバッグやアクセサリーなどがあふれています。

それらはどれもセンスあふれるものばかり!

「カンボジアにこんな素敵なものがあるんだ」とちょっと失礼なことを思ってしまうほどです(^_^;

店内はこんな感じです。
素敵な商品たちがセンス良く並べられています。
カンボジア『ベリーベリー』店内画像
カンボジア『ベリーベリー』店内画像

こちらは首に巻くストール。
「スヌード」というそうです。
定番のチェック柄にもちょっとしたアクセントが入るとオシャレですね。
カンボジア『ベリーベリー』「スヌード」画像
きれいな色合いや柄が揃っています。
コテコテのアジア柄ではないので、日本でも合わせやすいですね。
カンボジア『ベリーベリー』「スヌード」画像

こちらは鮮やかな発色が目を引くアクセサリー。
実は天然の木の実なんです。
ナチュラルなテイストを残しつつ、存在感抜群!
人気商品だそうですw
カンボジア『ベリーベリー』アクセサリ画像5
カンボジア『ベリーベリー』アクセサリ画像

こちらはストール。
現地では「クロマー」と呼ばれるもの。
きれいな色合いと柄のものがそろっています。
1枚あると重宝します^^
カンボジア『ベリーベリー』「クロマー」画像

これは今イチバンの売れ筋商品という「Coco Khmer(ココ・クメール)」
今日本でも人気のココナッツオイルが使用されているアイテムたち。
カンボジアは質の高いココナツがいっぱいありますからね^^
カンボジア『ベリーベリー』「Coco Khmer(ココ・クメール)」画像

日常の生活に十分使える雑貨もたくさん取り揃えてあります。
シンプルでコテコテのアジアンすぎないので、和洋どちらでもあわせやすいですね。
カンボジア『ベリーベリー』画像
この網目がしっかりと編み込まれていて、均等になっている商品を置いているのが「ベリーベリー」さんのこだわり。
こういう品質への小さなこだわりが、ヨーロッパのお客さんにも評価されています。
カンボジア『ベリーベリー』画像
こちらも人気の商品「Gecko Coffee(ゲッコー・コーヒー)」。
パッケージにかわいらしいヤモリのマークがありますが、カンボジアでヤモリのことを「ゲッコー」といいます^^

実はカンボジアでコーヒーも作られているんですよ。
150グラムで3.5ドル(2015年2月時)とは、日本の半額以下ですね!
まとめ買いされるかたも多いそうです。
パッケージもかわいらくていいですね。
カンボジア『ベリーベリー』「Gecko Coffee(ゲッコー・コーヒー)」画像
こちらは、ウォーターヒヤシンスの手作りバッグ。
店内には、このカンボジアで生息するウォーターヒヤシンスで作られたいろんなタイプのバッグが並んでいます。

これらはすべて『ベリーベリー』さんのオリジナル商品。
オーナーの中川さんがデザインし、現地のカンボジアの人たちにオーダーして作っています。
カンボジアの伝統的な技術と中川さんのデザインが合わさった人気のロングセラー商品です。
カンボジア『ベリーベリー』ウォーターヒヤシンス手作りバッグ画像
こちらがオーナーの中川さん。
上記でご紹介した「スヌード」をご愛用。
カンボジア『ベリーベリー』オーナーの中川さん画像
おすすめのバッグも持ってもらいました^^
カンボジア『ベリーベリー』オーナーの中川さん画像
スタッフの子と^^
中川さんも店舗にいることが多いです。
男子だったら彼女のお土産の相談にのってもらってもいいですね。
カンボジア『ベリーベリー』オーナーの中川さん画像
いかがでしたか?「ベリーベリー」さん。
「カンボジアが大好き!」というオーナー中川さんの強いこだわりの商品たち。
中国や韓国といったほかのアジアの国やヨーロッパのひとたちに口コミで人気が出ているというのもわかりますね。
あなたもきっと気に入るお土産が見つかると思いますよ^^

クレジットカードが使えるのもうれしい^^
(VISA, JCB, Master)

下記動画も見てみて下さいね。
お店の雰囲気がよくわかりますよー

インタビューサイト『海外どうでしょう』で中川さんにインタビューしました!

当サイト管理人が運営しているインタビューサイト『海外どうでしょう』で、中川ゆきこさんをインタビューさせていただきました!
中川さんのバイタリティーや、カンボジアでの起業や失敗談、あふれでるカンボジア愛など盛りだくさんの内容です。
よろしければ、是非見てみて下さいね!
カ『海外どうでしょう』中川ゆきこさん対談画像
【『海外どうでしょう』中川ゆきこさん対談インタビュー】
①行き当たりばったり?!カンボジアにいけば何とかなるさ!
http://kaigai-do.com/age/40/nakagawa1/
②カンボジア人と大ゲンカ!失敗から学んだ大切なこととは?
http://kaigai-do.com/age/40/nakagawa2/
③お土産屋さんってどんな人が来て、何が売れているの?
http://kaigai-do.com/age/40/nakagawa3/
④カンボジアで雑貨屋を成功させるポイントとは?
http://kaigai-do.com/age/40/nakagawa4/
⑤カンボジアビジネスで生き残っている人に共通するたった一つのスキルとは?
http://kaigai-do.com/age/40/nakagawa5/
⑥全然違う?驚異のカンボジアシルクを使った今度の展開とは?
http://kaigai-do.com/age/40/nakagawa6/
⑦中川ゆきこさんからあなたへのメッセージ
http://kaigai-do.com/message/nakagawa-mes/

『ベリーベリー』さん詳細情報

店名 ベリーベリー(very berry)
住所 オールドマーケットエリア
電話番号 +855(0)77-850-602
営業時間 10:00-19:00
定休日 不定休
ホームページ http://veryberry.jimdo.com/
ブログ http://veryberry-cambodia.blogspot.jp/
地図 カンボジア『ベリーベリー』地図画像

*地図は公式ページよりお借りしました

Return Top