Trip-Nomad

【ニュース】カンボジア・メコン川に日本のODAで「つばさ橋」がついに開通!

【ニュース】カンボジア・メコン川に日本のODAで「つばさ橋」がついに開通!

カンボジアのメコン川に、日本の政府開発援助(ODA)による「つばさ橋」がついに完成!
2015年4月6日、カンボジア南東部ネアックルンで開通式典が行われました。

この「つばさ橋」は、全長2200メートルでカンボジア最大。
完成まで10年以上、無償資金協力事業として20億円近くを供与というビッグプロジェクト。

開通の記念式典には、フン・セン首相や日本の西村国土交通副大臣が参加しました。

日本経済新聞の記事を引用させていただきます。

【ネアックルン=共同】カンボジアのメコン川で、日本の政府開発援助(ODA)で建設が進められてきた全長2200メートルの巨大な斜張橋「つばさ橋」がこのほど完成し、同国南東部ネアックルンで開通式典が6日、開かれた。
 橋につながる道路はメコン川流域の主要都市であるベトナム・ホーチミン、プノンペン、タイ・バンコクを結ぶ全長約900キロの「南部経済回廊」の一部に当たる。メコン地域における人の往来や物流の活発化が予想されており、域内の経済交流推進が期待されている。

この「つばさ橋」は、バンコクからカンボジアを経由してベトナムのホーチミンを1本で結ばれるという「南部経済回廊」の一部にあたります。
これで、イからカンボジアを通って、ベトナムまでが、1本の道路でつながることになります。

南部経済回廊画像

まさに、東南アジアの流通・経済の大動脈の完成です。
将来的には、ミャンマー(ダウェー)まで行く計画もあるようです。

けど、バンコクからホーチミンまでを1本で結ぶというのは、すごいことですね!

■参考
・JETRO:進むメコン南部回廊の整備
・外務省:カンボジアの復興は“日本橋”から

外務省がこんな本を出しているとは知りませんでした。

Return Top