Trip-Nomad

【カンボジア】バッタンバンへ行ったら『CAFE HOC』へ行け!「孤児院」「ボランティア」の新たな自立支援の仕組みがここに!

【カンボジア】バッタンバンへ行ったら『CAFE HOC』へ行け!「孤児院」「ボランティア」の新たな自立支援の仕組みがここに!

カンボジア第2の都市「バッタンバン(Battambang)」。

この街に、2015年2月にオープンしたカフェがある。
それが『CAFE HOC(カフェ・エイチ・オー・シー)』だ。
カンボジア『CAFE HOC』画像

このカフェはただのカフェではない。
「Hope Of Children(ノリア孤児院)」の子供たちが、自分たちで耕した田んぼや畑でできた安全・安心の農作物を、料理して提供しているのだ!

経営者は子供たち!
子供たちが自分たちの手で、このカフェを経営し、運営しているのだ!

子供たちに「経営者」としてのマネジメントスキルをつける新たな自立支援。
その仕組み作りにチャレンジしているのが、『CAFE HOC(カフェ・エイチ・オー・シー)』なのである。

今回は、そんな手作り感満載の『CAFE HOC』を取り上げてみたいと思います!

『CAFE HOC』ってなんだ?

では、『CAFE HOC(カフェ・エイチ・オー・シー)』について説明をしてみたいと思います。

このカフェの名前にもついている「HOC」というのは、「Hope Of Children(ノリア孤児院)」から来ています。
この孤児院のカフェということですね。

「Hope Of Children(ノリア孤児院)」は、カンボジアのお坊さんMuny Vansaveth氏が1992年に立ち上げた孤児院。
こちらが、Muny Vansaveth氏。
カンボジア『CAFE HOC』Muny Vansaveth氏画像

孤児院にいる子供たちは、主に親をエイズで亡くしたり、人身売買から保護されたりした子供たち。

その孤児院の子供たちを食べさせるために、土地を借り、農作物を育てはじめました。
(農業経験がなく、作物に適した土地ではなかったために最初は本当に大変だったそうです)

そして、その孤児院の子供たちにスキルをつけ、働く場所を提供し、彼らが作った安全・安心できる食材を使った料理を提供することでマネタイズの仕組みを作る。

その実験の場でもあるのが、この『CAFE HOC』なのである。
現在、孤児院スタッフ大募集中!

これが『CAFE HOC』だ!

では、『CAFE HOC』はどんなカフェなのかを見てみたいと思います。

こちらがカフェの外観。
カンボジア『CAFE HOC』画像
これが『CAFE HOC』の看板。
とてもおしゃれなデザインですね!
カンボジア『CAFE HOC』画像
カンボジア『CAFE HOC』画像
看板に書かれている情報が古くなったので、最新の情報を書きますね!(2015.07現在)
朝食は、ビュッフェと卵料理。
ランチは、ビュッフェがなくなりパワーランチの提供。
夜はプリフィックスメニューをメインにアラカルトもやっています。
日曜日には、朝食と昼食を合わせたブランチをビュッフェスタイルやってます!
カンボジア『CAFE HOC』画像
お店で使用しているお米、野菜、フルーツは、自分たちの田畑で収穫した「BIO(安全なオーガニック)」と書いていますね。
カンボジア『CAFE HOC』画像
入り口のすぐ横では、レタスなどの葉物野菜の水耕栽培中~w
カンボジア『CAFE HOC』画像
入り口の前には金魚が泳ぐ池。
カンボジア『CAFE HOC』画像
店内に入ると、日差しがたっぷりと差し込む開放感あふれる作り。
緑色の壁がさわやかでとてもいい雰囲気です。
カンボジア『CAFE HOC』画像
どーんとかざられている牛車。
カンボジア『CAFE HOC』画像
店内には、孤児院の子たちと食材を育てている田畑の写真が飾られています。
カンボジア『CAFE HOC』画像
カンボジア『CAFE HOC』画像
メニューの黒板。
とってもリーズナブルなお値段!
カンボジア『CAFE HOC』画像 さて、今回はランチビュッフェにお邪魔しました。
(*現在、ランチタイムはビュッフェスタイルでなくパワーランチスタイルで営業中!ビュッフェスタイルのメニューは、日曜日に朝食と昼食を合わせたブランチにやっています!)
こんな感じで、たくさんの料理が並んでいます。
カンボジア『CAFE HOC』画像
カンボジア『CAFE HOC』画像
カンボジア『CAFE HOC』画像
カウンターの内側で、みんながんばっています^^
カンボジア『CAFE HOC』画像
これはサラダ。
不揃いのトマトがいい感じ。
カンボジア『CAFE HOC』画像
これは茶わん蒸し。
カンボジア『CAFE HOC』画像
これは白米と赤米。
カンボジア『CAFE HOC』画像
たっぷりの南国フルーツ。
カンボジア『CAFE HOC』画像
こんな感じで盛ってみました。
カンボジア『CAFE HOC』画像
和風豆腐ハンバーグや天ぷらも!
カンボジア『CAFE HOC』画像
このメニューを見てなんとなく「アレっ?」思われたかもしれませんが、料理レシピは日本人監修です^^
ですので、とても安心して美味しくいただきましたw
味付けも薄味でやさしく、とてもホッとする料理でした。

カンボジアでも最近は、農作物に農薬が結構使用されているようです。
ですので、安心できる食材を使用した料理を食べられるお店は非常に貴重です。

こちらは「CAFE HOC」さんで撮影した動画ですー

この人が『CAFE HOC』の仕掛け人だ!

さて、この『CAFE HOC』のスポンサーであり、子供たちに経営、運営、料理のサポートをし、「Hope Of Children(ノリア孤児院)」での活動にずっと携わっているのが、こちらの岩田亮子(いわたりょうこ)さん
カンボジア『CAFE HOC』画像

日本航空の元客室乗務員という華々しい経歴を投げ打って、55歳で単身カンボジアへ。
波乱万丈なカンボジアでの活動を微塵も見せないこのさわやかな笑顔とバイタリティあふれる行動。
人気のテレビ番組「こんなところに日本人」にも紹介されています。

私も岩田さんに直接インタビューをさせていただきました!
ぜひ読みんでみていただけるとうれしいです。

岩田さんの活動や「CAFE HOC」「Hope Of Children(ノリア孤児院)」については、下記からチェックできます。
活動や理念などに共感されましたら、スタッフ、寄付等も受け付けておりますよ。

とくに「孤児院」を手伝っていただける方大募集中です!
ご興味ありましたら是非岩田さんまでご連絡・相談をしてみてください!
(下記フェイスブックからメッセージ送ってみて下さい)
・岩田さんのフェイスブックアカウント
https://www.facebook.com/ryoko.iwata.73
・「Hope Of Children(ノリア孤児院)」
https://www.facebook.com/hoc.muny?fref=ts

岩田さんからボランティア募集についてのメッセージ動画をいただいてきております。
ご興味あれば見てみてくださいね。

『CAFE HOC』詳細

店名 CAFE HOC
住所 #205-207 Group38 Maphey Ousaphea Village,Svay por Commune, Battambang, Cambodia
(「street 106」沿い、「X4 Football yard」の前、「ラックス・ホテル」「トマト・ゲストハウス」のすぐそば)
電話番号 012-591-210
営業時間 7:00~22:00
定休日 月曜日
フェイスブック https://www.facebook.com/cafehoc
地図 カンボジア『CAFE HOC』地図画像
地図

*2016.02.02.営業時間部分変更(終了時間を18時→22時へ)

Return Top