Trip-Nomad

【よく聞かれる質問Vol.1】英語ってどれくらいしゃべれれば大丈夫?

【よく聞かれる質問Vol.1】英語ってどれくらいしゃべれれば大丈夫?

海外にちょこちょこ行くというと、「私は英語がしゃべれないから怖いんです」「英語ってどれくらいしゃべれれば大丈夫ですか?」といった話になります。

「英語」って結構気になるポイントですよね。

最初に言っておきますが、私は全然英語はしゃべれません!
「TOEIC」とか「TOFEL」はもちろん、「英検」さえも受けたことありません(^_^;

でも、まあ何とか海外に行っても旅はできています。

では、英語をしゃべれない私がどうやって旅を乗り切っているのかについてちょっと書いてみたいと思います。

これだけは準備!

旅行前に、特別な英語(もしくはその土地の言語)の勉強はしません。
この「勉強」とは、英会話スクールに通ったりとか、座学的なお勉強ですね。

してもいいんですけど、英語の勉強する時間と実際に現地でそれを利用するかというシーンを考えると、あきらかに効率・効果が悪いんですよね。

ですので、「勉強」でなく「簡単な準備」だけはしておきます。

「準備」というのは、英語が必要なシチュエーションになったときに使えるようにしておくということです。

私は自分の頭をあまり信用していないので、以下の3つだけ準備しておきます。

シチュエーションごとに使うフレーズをピックアップ

空港、ホテル、レストラン、ショッピング等、必ず人と会話をしなくてはならないところがあります。

そういったシチュエーションで使う言葉は結構決まったパターンのものが多いです。
そのお決まりパターンをピックアップしておくということです。

ピックアップしてももちろん使わないことも多いです。
カジュアルなレストランであれば「This One(これ一つ)」しか言わなかったりしますからね^^

最近私が準備しているシチュエーションのフレーズとして「ネット接続」に関してのフレーズがあります。
「ネットに接続したい」「ネットがつながらない」「Wifiのパスワードを確認したい」なんてときのフレーズです。
この「ネット接続」は、私にとってはかなり重要なことなので準備はしておきます^^

通訳・翻訳アプリをスマホに入れておく

最近のスマホの通訳・翻訳系アプリの進化は素晴らしいですね!
本当にありがたいです。
事前にスマホに入れておくと本当に心強いです。

その際のポイントを書いておきますね。

  • 自分と相性がよいアプリを見つけておく
  • 操作に慣れておく
  • すぐタップできる場所に置いておく

・自分と相性がよいアプリを見つけておく
たくさんのアプリがありますが、全てのアプリを入れてそれを使いこなすわけにはいきません。
自分が使いやすいと思うものを1つか2つ選んで使うのがいいと思います。
もちろん、翻訳・通訳に関しての精度もチェックです。

・操作に慣れておく
使いたいときに使うことが道具の基本。
使い慣れていないと、使いたいときに使えません。
何回かは使ってみて、操作の手順に慣れておいたほうがいいですね。
自分が使いそうなフレーズについては一度試しておくと安心。

・すぐタップできる場所に置いておく
そのアプリを使いたいときに、「どこにあるのかわからない」「探すのに時間がかかる」では困りますね。
旅の間だけでも、スマホを立ち上げたときに表示されるトップの画面にアプリを置いておくといいですね。

会話集(紙)を買っておく

「会話集」というと最近はアプリなども含まれますが、ここで書く「会話集」は「紙」の会話集です。
ペラペラめくるやつです。

いつでもどこでもスマホやネットが使えるとは限りません。
バッテリーが切れるかもしれません。
スマホ操作ができない飛行機の中でも読むことができますしね。

私がよく利用する会話集は、「旅の指さし会話帳シリーズ」ですね。
絵が多く、書体は手書き風でとても見やすいです。
食べものなどは、そのページを見せてしまえば早いです。

英語以外の国に行くときは、この会話集の「挨拶」「数字」の部分を飛行機内で読んだりしますね。

こういった会話集の注意点としては、大っぴらに見ていると観光客ということがバレバレになること。
ガイドブックと同じです。
これは、危険度が上がります。
人が多いところでは、特に注意したほうがいいでしょう。

じゃあ英語は勉強しなくていいの?

このような話をすると「じゃあ英語は全く勉強しなくていいの?」って話に持っていかれがちです。
ですが、そんなことはないですね(^_^;

英語を話せることのメリットって大きいです。
入ってくる情報量も違いますし、出会える人も変わってきます。

私だって英語の勉強は(気の向いたときに)します。
ただ、身につかないだけです(^_^;

ですので、その足りない分をどう補うかという話です。
私は人より他のもの(ツール等)に頼ることが多いということです。

ツールでも通じなければ、ボディランゲージだってあります^^
意外に通じます^^

ワンコやニャンコといった全く違った生物と会話するわけでなく、同じ人間という生き物なのですから、なんとか意志の疎通はできると思っています。

私も英語をあきらめたわけではありませんので、少しずつ頑張っていきたいと思いますm(_ _)m

Return Top