Trip-Nomad

海外でパスポートを『紛失・盗難・焼失』したらどうしたらいい?手順と方法を書いておきます!

海外でパスポートを『紛失・盗難・焼失』したらどうしたらいい?手順と方法を書いておきます!

もし、海外旅行の最中に、パスポートを『紛失・盗難・焼失』してしまったらどうしたらいいのでしょうか?

スマホや財布なども一緒に無くしてしまって、どうしたらいいのかわからなくなってパニックになることのないように、その手順と方法を書いておきます!

まずは警察へ行くこと!

パスポートを『紛失・盗難・焼失』してしまった場合、最初にやることは現地の「警察」に行くこと
なぜ警察に行くのかというと、「紛失・盗難届出証明書」を発行してもらうためである。

警察が探してくれるかどうかでなく、この「紛失・盗難届出証明書」を発行してもらうためにいくのである。
警察のあとに行く必要がある日本大使館・領事館でこの書類が必要なのである。

「焼失」の場合は、消防署に「罹災(りさい)証明証」を発行してもらいます。

発行してくれたら、その書類を持って、現地の日本大使館・領事館へ行きます。
発行してくれないようでしたら、あきらめて日本大使館・領事館へ行きましょう。
(発行してくれない場合、その警察署の名前や場所などを控えておきましょう)

次は日本大使館・領事館へ!

次に行くのは、日本大使館・領事館です
日本大使館・領事館でパスポートの失効手続きをします。

たいていパスポート関連のことは「領事館」です。
大きな都市であれば、二つに別れています。
わかれていても、だいたいは近くにあります。

この日本大使館・領事館でやることは下記の書類の提出です。

・紛失一般旅券等届出書:1通
・現地警察署が発行した紛失・盗難届出証明書または消防署等の発行した罹災証明書等紛失・消失を立証する書類
・6ヶ月以内に撮影したパスポート用写真(縦45mm×横35mm):1枚
・身分証明証(顔写真が入っている運転免許証等)

*警察で「紛失・盗難届出証明書」を出してもらえなかった人は、ここで大使館の人に相談をしましょう。

現地でパスポートを新規で発行してもらう場合は、ここでさらに下記書類を提出します。

・一般旅券発給申請書:1通

パスポートを発行してもらう時間がない場合は、下記書類を提出します。

・渡航書発給申請書・1通
・身分証明証(顔写真が入っている運転免許証等)
・6ヶ月以内に撮影したパスポート用写真(縦45mm×横35mm):1枚
・日程等が確認できる書類(帰りの航空券や旅行会社のスケジュール表等)

以上で手続きは終了です。

手数料は、もちろんかかります。
無料ではありません。
パスポート発行であれば、日本と同じ金額(10年パスポートで16000円はかかります)
料金詳細は、その場所の日本大使館・領事館にて確認してください。

念のために、外務省のパスポートの料金表が書かれているページ載せておきます。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_2.html

もしものために準備をしよう!

自分だけは大丈夫と思っているときほど、トラブルにあいやすいものです。
備えあれば患いなしです。

もしものパスポート紛失時のために、下記を準備しておくといいでしょう
現地日本大使館・領事館での処理が圧倒的に早くなります。

・パスポートのコピー
・6ヶ月以内に撮影したパスポート用写真(縦45mm×横35mm):1枚
・航空券コピー(スマホがあれば、ツアー会社や航空会社から来るメールで確認できるように)
・旅程表(同上)

上記のものは、紙のコピーでもいいですが、データ化しておいてもいいでしょう。
頻繁に旅行に行く人であれば、USBのメモリースティックなどに入れておいてもいいでしょう(失くさないように)。
もしくは、Gメールなどで自分あてに送っておくのもいいでしょう。

下記は私が常備しているパスポートコピーと写真です。
証明写真は、空港や現地で急にビザを取得したり延長したりするときに必要だったりと意外にあって助かることが多いです。
出発前に成田や羽田空港などの証明写真のボックスで撮影しておくと安心です。
『パスポート準備』画像

と同時に、現地の日本大使館・領事館の住所や連絡先も控えておくといいでしょう。
「地球の歩き方」などのガイドブックには掲載されていますのでチェックしておきましょう。

下記、外務省の詳細ページもあわせて確認しておくといいでしょう。

・国内及び国外でパスポートに関する申請手続きに通常必要な書類
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_5.html

Return Top