Trip-Nomad

羽田空港国際線ロビー直結のホテル!近すぎw『ロイヤルパークホテル・ザ・羽田』に泊まったよ!

羽田空港国際線ロビー直結のホテル!近すぎw『ロイヤルパークホテル・ザ・羽田』に泊まったよ!

羽田空港に一番近いホテルってどこでしょうか?

はい、『ロイヤルパークホテル・ザ・羽田』です!
なんといっても羽田空港国際線ロビーに入り口があるのですから^^

今回の旅先の香港への便が早朝だったため、宿泊してみました!^^

『ロイヤルパークホテル・ザ・羽田』について

『ロイヤルパークホテル・ザ・羽田』についてちょっと詳細情報を。

オープンは、2014年9月。
こちらは、通常の「ロイヤルパークホテル」ではなく、新機軸ブランド「THEシリーズ」のひとつ。
「THEシリーズ」は、「街とともに、あなたをもてなす。」「シティホテルの快適性とビジネスホテルの機能性を同時に追求したコンパクトシティホテル」というコンセプト。
洗練された施設とサービスを提供しています。

そして、なんといっても話題となったのは、日本初の「トランジット・ホテル」ということ!
シンガポール・チャンギ空港、韓国・仁川空港等をはじめアジアのハブ空港にはあったトランジットホテルが、やっと日本にもできたということで話題となりました。

ということで、気にはなってはいたのです^^
ですが、羽田は近いので利用する機会がなかったんですよね。
でも、今回の香港フライトは早朝便。
リムジンバスや電車の始発便でも間に合わない時間だったので、「やったー!」と泊まってみました^^

ホテルの公式ホームページはこちら。
■ロイヤルパークホテル ザ 羽田
http://www.rph-the.co.jp/haneda/index.php

「乗り継ぎ宿泊スムーズに 羽田空港に日本初トランジットホテル誕生へ」
(共同通信社さんのYouTube動画)

*羽田空港直結ホテルは、「羽田エクセルホテル東急」「FIRST CABIN(ファーストキャビン) 羽田ターミナル1」もありますが、そちらは国内線ターミナルになります。

当たり前だけどその近さに驚愕!

まず、ホテルの場所について。
今まで気にもしなかったので全く気が付きませんでしたが、本当に国際線出発フロアにありましたw

羽田空港全体からみると、下記の場所にあります。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』地図画像

では、国際線ロビーから『ロイヤルパークホテル・ザ・羽田』への行き方を書いてみますね。

まず一番端にあるチェックインカウンター「L」へ向かいます。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
「ホテル」と書かれた看板が見えてきます。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
窓から外を見ると、もうそこから『ロイヤルパークホテル・ザ・羽田』が見えています。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
「L」のチェックインカウンターを右折して突き当たると、また看板が見えてきますので左折します。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
そのまま直進します。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
ホテルの名前が書かれた入り口が見えてきました。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
窓を見ると、そこからは「国際線」の文字が^^
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
入り口すぐには、レストラン&バー「TAILWIND(テイルウィンド)」。
朝食はここでとります。
(私は今回はフライトが早すぎて食べられず(>_<))
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
レストラン&バー「TAILWIND(テイルウィンド)」を抜けると、ホテルのフロントに到着です。
「THEシリーズ」の看板がかっこいいですね!
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
フロントロビーは、広さはないですがとてもスタイリッシュ。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
チェックインすると、「THE」のロゴが誇らしげなカードキーを受け取ります。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
フロントは4階です。
2階から8階までがホテルの客室や施設になります。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像

では室内へ!

今回の部屋はこちら。
予約した部屋は「コンフォートシングル」でしたが、アップグレードで「ツイン」に^^
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
部屋自体は広くないですが、安っぽくありません。
高級感があって、落ち着いた雰囲気です。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
置かれているものも、旅行気分を盛り立てます。
こちらは、地球儀をモチーフにしたサイドテーブル。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
こちらは、レトロなカバン風デスク?
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
こちらはイス。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
壁にも旅を盛り上げる演出^^
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
空気清浄器もありますよー。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
冷蔵庫と金庫。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
冷蔵庫には、ミネラルウォーターが2本。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
デスクはないので、テレビ台がそれになりますね。
ここには、電源が2口。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
PC用のLANケーブルもあります。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
こちらは、バス&トイレルーム。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
トイレです。
「LIXIL」と提携しているようです。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
ドライヤーあります。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
羽田空港の水は、木製の受水槽から引いているため、木の匂いがついていることがあるようです。
知らなかったー
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像
窓からの景色は、空港そのもの。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』画像

こちらも気になる「リフレッシュルーム」!

今回は利用しませんでしたが、「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」には、「リフレッシュルーム」という宿泊しないでも利用できるサービスがあります。
羽田空港『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』リフレッシュルーム画像

サービス内容を公式ページから。

短時間のご休憩や、個室のシャワールームをご希望の方向けのお部屋です。
1時間から、時間単位で24時間いつでもご利用いただけます。シャワーブース・ソファとテレビを設置しており、ベッドはございません。

1時間までの利用で2,000円。
(30分ごとに1,000円の延長料金)

ちょっとよさげ^^
事前予約も可能のようです。

■「ロイヤルパークホテル ザ 羽田 リフレッシュルーム」(公式サイト)
http://www.rph-the.co.jp/haneda/refresh/

どんな人におすすめか?

『ロイヤルパークホテル・ザ・羽田』の最大のメリットは、やはりその「近さ」ですよねーw

さすが、「トランジットホテル」だけあります^^
やっぱりその近すぎるといっていい「近さ」!

空港大好きな私は、うれしくて何度もホテルと空港を行ったり来たりしてしまいました^^

この「近さ」というメリットは、「時間」の効率・圧縮はもちろん、「疲労の軽減」「余裕」というメリットも同時に生み出します。

とくに大事な旅となるとき、初日から予定がタイトでハードというときは、『ロイヤルパークホテル・ザ・羽田』に前泊し、ゆっくりと身体と頭を休める。
そうすることで、最高のパフォーマンスの状態で飛行機に乗り込むことができます。
余裕をもってフライトできますね。

旅の前って、意外と気が張っていますからね^^

この辺はプライスレスの部分ですが、こういった使い方もホテルのいい使い方かなーと思います。

■『ロイヤルパークホテル・ザ・羽田』詳細

名称 ロイヤルパークホテル・ザ・羽田
住所 〒144-0041
東京都大田区羽田空港2-6-5 羽田空港国際線
旅客ターミナルビル内
チェックイン・アウト チェックイン: 15:00~26:00
チェックアウト: 11:00
カード支払い VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS

ホテルの料金を比較&予約してみる!

今回私は、「じゃらん」から予約しました。
もちろん他の予約サイトからも可能ですよー

一休.comロゴ画像 一休.com
「一休.com」で宿泊プランを見てみる
楽天トラベルロゴ画像 楽天トラベル
「楽天トラベル」で宿泊プランを見てみる
じゃらんロゴ画像 じゃらん
「じゃらん」で宿泊プランを見てみる
アゴダロゴ画像 アゴダ
「アゴダ」で宿泊プランを見てみる

【羽田空港関連記事】
よかったら参考にしてみてくださいね。
 羽田空港国内線『第2ターミナル(ANA側)』の3つのラウンジまわってみたよ!
 羽田空港って無料でネットできるの?無料wifiサービスの使い方
 【羽田空港】海外用モバイルWifiルーターを借りてみた!『テレコムスクエア編』
 【羽田空港】なんと2分30秒!京急線ホームから国際線出発ロビーまではやっぱり近かった!【動画あり】
 羽田空港に新名所!ひのきの香りただよう『はねだ日本橋』に行こう!
 【ANA】国内線『自動チェックイン機』の使い方・操作方法!【動画あり】

Return Top