Trip-Nomad

【カンボジア】プノンペンの人気ゲストハウス『ワンストップ・ホステル』さんに泊まったよ!実は日本人経営の安心できる宿でした!

【カンボジア】プノンペンの人気ゲストハウス『ワンストップ・ホステル』さんに泊まったよ!実は日本人経営の安心できる宿でした!

カンボジアのプノンペンで人気のゲストハウス『ワンストップ・ホステル(One Stop Hostel)』さんに泊まりました!
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』外観画像

立地のよさ、スタイリッシュで使い勝手のよく、清潔な館内、フレンドリーなスタッフ・・・
これが欧米人にバカうけ!

プノンペンのゲストハウスランキングでも常に上位を安定してキープしている『ワンストップ・ホステル』さんの人気の秘密を見ていきたいと思います!

なかなかの立地のよさ!

まず、『ワンストップ・ホステル』さんのよさの一つは「立地」です。

トンレサップ川沿いという立地ならではの眺めの良さ!
部屋からはこんな感じで雄大な川の流れが見える景色が楽しめます。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』メコン川景色画像

王宮と国立博物館、ワット・プノンからも徒歩圏内と近いです。
そして、リバーサイド添いのいいところはレストランも多いところですね。
川沿いにびっしりと並んでいますから、食べることには困りません。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』海沿い道路画像

これは川沿いの朝の風景。
朝、空気がきれいな時に遊歩道を散歩するのが気持ちいいです^^
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』前遊歩道画像
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』前遊歩道画像

ゲストハウスの中はこんな感じ!

では、ゲストハウス内部を見ていきましょう~
ここが『ワンストップ・ホステル』さんの入り口です。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』入り口外観画像

ここが入り口入ってすぐの1階部分のスペースです。
すぐ右側がフロントです。
食事をしたり、パソコン使ったりといった共有スペースになっています。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』1階部分画像

この写真は奥から入り口を見たところ。
自由に使えるパソコンもあり。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』1階部分画像

ここが2階の共有スペース。
大型のテレビやクッションなどもあって、のんびりできるスペースになっています。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』画像
ゲストハウス館内の様子を撮影した動画はこちら。

ホステルらしからぬサービス?

『ワンストップ・ホステル』さんは、カテゴリ的には「ホステル」です。
ですが、サービスについてはそんなカテゴライズ関係なくかなりいいと思います。
ちょっとしたホテル並みかもしれないです(ほめすぎかな)。

まずは清潔感。
「ゲストハウス」「ホステル」は、結構清潔でないところが多いです(^_^;

トイレやシャワールーム、ベッド周辺・・・
ですが、この辺の不満が一切ないのですね。
とても清潔に保たれています。
これはポイントが高いですね。

これは2階にある共用のトイレとシャワールーム。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』共用のトイレとシャワールーム画像

これは4階にあるトイレとシャワールーム。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』共用のトイレとシャワールーム画像
シャンプー、ボディシャンプーが備え付けで置いてあるのがうれしい!
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』ロッカー画像

ドライヤーなども置いてあるのもポイント高し。
無料です。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』ドライヤー画像

あと、こんな感じでいろいろなものがレンタルあります。
携帯電話、自転車をはじめ、なんとバイクまで!
見やすいデザインもいいですね。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』レンタルサービス画像
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』レンタルサービス画像

室内を見てみよう~!

では、『ワンストップ・ホステル』さんの室内を見てみたいと思います。

『ワンストップ・ホステル』さんの部屋は全て「ドミトリー」です。
個室はありません。
私が宿泊した部屋はこんな感じです。
この広さで、ベッドは8つでした。
日中は、窓から明るい光が差し込んで気持ちがよかったです^^
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』ドミトリー画像

ベッドはこのような感じでシンプルです。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』ベッド画像
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』ベッド画像

それぞれのベッドには、電源2口、読書灯、小物入れ、そして鏡が設置されています。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』電源2口、読書灯画像

ロッカーはこのようなスタイル。
奥行きもあるので、結構たっぷり入りました。
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』ロッカー画像

ドミトリーの室内を撮影した動画はこちら。

『ワンストップ・ホステル』さん、実は日本人経営の宿だった!

『ワンストップ・ホステル』さんは、あまり大々的に宣伝していませんが、日本人経営のゲストハウスなのです^^
宿泊客のほとんどが欧米人で、日本人経営をウリと前面に押し出していないので、知らなければ全くわからないでしょう。

ですが、『ワンストップ・ホステル』さんの細かなサービスは、日本人らしい気配りがあるからこそだったのですね。
ですので、安心して泊まれるゲストハウスでもあります。

この『ワンストップ・ホステル』さんの宿泊料は、1泊7ドル(2015年2月当時)。
サービス内容や設備、移動しやすい立地などを考えると、コストパフォーマンスはかなり高いです。
お金にシビアな欧米人バックパッカーにとても人気・評価が高いのは、こういった満足度が高いからだと思います。
トリップアドバイザーやアゴダなどのホテル予約サイトでの生の評価の高さがそれを実証していますね。

そんな『ワンストップ・ホステル』さんプノンペン支店をマネージメントしているのが、こちらの西澤 充晴さんです。
一生懸命に、ゲストハウスを少しでもよくしよう、お客様に満足してもらおうと日々奮闘されています!
カンボジア・プノンペン・『ワンストップ・ホステル』店長西澤 充晴さん画像

ちなみに、『ワンストップ・ホステル』さんはカンボジアに3店舗あります。
このプノンペンと、アンコールワットがあるシェムリアップ、リゾート地のシハヌークビル。

コンセプトやサービスは基本的に同じなので、他の都市でも同じような感覚とクオリティで泊まることができますよ。

インタビューサイト『海外どうでしょう』で西澤充晴さんにインタビューしました!

当サイト管理人が運営しているインタビューサイト『海外どうでしょう』で、西澤充晴さんをインタビューさせていただきました!
よろしければ、是非見てみて下さいね!
『海外どうでしょう』西澤充晴さん対談画像
【『海外どうでしょう』西澤充晴さん対談インタビュー】
右肩上がりの快進撃!「ワンストップ・ホステル」と他のゲストハウスとの違いは?
http://kaigai-do.com/age/20/nishizawa_br1/
海外生活最大の不安だった「英語」をどうやって克服したか?
http://kaigai-do.com/age/20/nishizawa_br2/
一流企業を脱サラして海外へ転職!不安を吹き飛ばすマインドとは?
http://kaigai-do.com/age/20/nishizawa_br3/
西澤氏と「ワンストップ・ホステル」の今後の展開・ビジョンは?
http://kaigai-do.com/age/20/nishizawa_br4/
西澤充晴さんからあなたへのメッセージ
http://kaigai-do.com/message/nishizawa_br-mes/

『ワンストップ・ホステル(プノンペン店)』詳細

名称 ワンストップ・ホステル(One Stop Hostel)
住所 No.85, Sisowath Quay, Wat Phnom, Phnom Penh, CAMBODIA
国・都市名 カンボジア・プノンペン
電話番号 (855) 97 8 035 379
宿泊料金 1泊7ドル
(値段は変更もあるので要確認)
フェイスブック https://www.facebook.com/onestophostel
地図

■ホテルの料金を比較&予約してみる!

「ホテル予約サイト」を利用すると、旅はグッと広がりを見せます。
「ホテル予約サイト」の定番であり双璧なのは「agoda(アゴダ)」と「Booking.com(ブッキングドットコム)」。
クレジットカードで先に支払える「agoda(アゴダ)」、予約だけで支払いは現地で行う「Booking.com(ブッキングドットコム)」。
料金だけでなく、それぞれのサービスで強みも違いますし、相性もあります。
その時のタイミングや状況でサービスを使い分けるのがいいでしょう♪

アゴダロゴ画像 アゴダ」で予約すると、支払いまで完了します。ですので、ホテルで支払いするわずらわしさはありません。→「アゴダ」で「ワンストップ・ホステル(プノンペン)」を見てみる
ブッキングドットコムロゴ画像 booking.com」で予約すると、予約のみで支払いは現地ホテルで行います。まずは宿をおさえておきたいときに向いています。→「Booking.com(ブッキングドットコム)」で「ワンストップ・ホステル(プノンペン)」を見てみる
Return Top