Trip-Nomad

【ロシア】モスクワの自由すぎる寿司屋に潜入!これが新しい寿司文化だ!

【ロシア】モスクワの自由すぎる寿司屋に潜入!これが新しい寿司文化だ!

ロシア人には和食好きの人が多い。
モスクワには、なんと1000店以上の寿司屋があると言われている。

でも、その寿司屋というのはかなり怪しいのである。
日本人が店頭にいるのは、おそらく50もないだろう。

日本人っぽい風貌の人が寿司を握っているが、ほとんどが中央アジアの人たちである。
そんな彼らはもちろん本物の寿司を見たことも食べたこともない。
だからモスクワの寿司はおかしな方向へ脱線しはじめた。

そんな現状についに大使館も動き出し、ついにはこんなプロジェクトをスタートさせるに至ったのだ。

・『日本の料理と食の技(わざ)・文化』ロシア市場進出プロジェクト
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/creative/12_shosai1_kaijirushi.pdf

・ロシア・ベスト寿司職人コンテスト
http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/JCULTUREANDEDUCATION/2011/20110928_Sushi.html

では、日本大使館が動くほど脱線しているロシアのお寿司とはどんなものなのか?

まー、見ていきましょう!

個性的なロール寿司

ロシアで好まれる寿司は、ロール(巻き寿司)。
アメリカで生まれたカリフォルニアロールみたいな洗練されたものがあるのでしょうか。

まずは結構まともなものから。
これはトビコのロール。
キレイにできていますね。
でも、トビコの着色が強すぎて米ににじんでいます。
『ロシアの寿司』トビコのロール画像

これは「イン・ヤン・ロール」という「陰陽」をイメージしたロール。
まあありそうですね。
『ロシアの寿司』「イン・ヤン・ロール」画像

で、こちらが「3人の侍」と名づけられていたロールの天ぷら。
ネーミングは意味不明だが、揚げてしまうのは意外に悪くない。
『ロシアの寿司』ロールの天ぷら画像

こちらは、カニをマグロで巻いたもの。
カニをマグロ、そして水分が飛んだ長ネギのハーモニーは全くイケていませんでした。
『ロシアの寿司』カニをマグロで巻いたもの画像
『ロシアの寿司』カニをマグロで巻いたもの画像

こちらは、色鮮やかなアボカドロール。
ロシア人がアボカドでロールを作ると、こういう発想になるんですね。
イチゴの赤がアクセントで効いています。
味的にはイチゴは全く不要です。
『ロシアの寿司』アボカドロール画像

こちらは生ハムだかベーコンだかのロール。
シャリとの相性は悪かったですね。
クリームチーズで強引に一体感を出しています。
『ロシアの寿司』生ハムだかベーコンだかのロール画像

そして、これがいかにもロシア人らしい発想のロール。
その名も「芋虫ロール」!
まわりのグリーンのものは「トビコ(たぶんワサビ味)」です。
発色の良さが食欲を萎えさせます。
「緑色=芋虫」という安易でシンプルな発想。
右斜め上のワサビの盛りの形にも注目。
『ロシアの寿司』芋虫ロール画像

メニューにはこんな感じで載っていました。
『ロシアの寿司』芋虫ロールメニュー画像

注文はしませんでしたが、なんかテイストが似たようなもの。
ネタはウナギです。
彼らはウナギがドラゴンにでも見えるのでしょうか。
『ロシアの寿司』ウナギのロール画像

あと、こちらはお寿司ではありませんがサイドメニューであったので注文。
「焼きそば」です。
名前の通り、蕎麦を炒めています。
「焼き蕎麦」です。
『ロシアの寿司』「焼き蕎麦」のロール画像

個性的なのは寿司だけでない

個性的なのは寿司だけではありません。
なんか嫌な予感の看板が・・・
(ロシア語で「アニメ・マンガ」と書いてあります)
『ロシアの寿司』「アニメ・マンガ」寿司屋入り口画像
『ロシアの寿司』「アニメ・マンガ」寿司屋看板画像

中に入ってみると
『ロシアの寿司』「アニメ・マンガ」寿司屋店内画像
『ロシアの寿司』「アニメ・マンガ」寿司屋店内画像

そして高校生風制服のお姉ちゃん。
名前はタマラちゃん。
やる気なし。
『ロシアの寿司』「アニメ・マンガ」寿司屋女子高生制服ロシア人女子画像

これからもロシアの自由な寿司文化の脱線をウォッチしていきたい。

Return Top