Trip-Nomad

知る人ぞ知る愛知県ご当地名物『蜂蜜生せんべい』!家康も絶賛した世にも不思議な絶品お菓子!

知る人ぞ知る愛知県ご当地名物『蜂蜜生せんべい』!家康も絶賛した世にも不思議な絶品お菓子!

『蜂蜜生せんべい』って知っていますか?
知る人ぞ知る愛知県知多半島の銘菓です。

生の煎餅?
まあ、これがもうめっぽう美味い!
あの徳川家康も絶賛したというのもうなずけます。

今回は、隠れた愛知県ご当地名物『蜂蜜生せんべい』をご紹介します!

『蜂蜜生せんべい』とは?

『蜂蜜生せんべい』とはどんなものなのでしょうか?
さっそく「ウィキペディア」で調べてみます。

生せんべい(なま-)とは、名前にせんべいとあるものの、半生菓子に組する和菓子の一種である。もちっとした食感に、ほのかに甘味がある。そのまま焼かずに食べる。
1560年(永禄3年)の桶狭間の戦いの時に、徳川家康が母親(伝通院)のいる知多半島へ逃れる途中、百姓の庭先に干してあるせんべいを生のままで献上させたことが、生せんべいの始まりと伝わる。
また、名古屋の「ういろう」や京都の「八ツ橋」などの類似した餅菓子は、最も素朴な生せんべいをルーツとする和菓子と言われている。
米粉を水で練り、蒸して団子状にしたものに、砂糖・蜂蜜を加えてさらに練る。これを薄く延ばし、切って乾燥させ、3枚1組にまとめる。上白糖を用いた白色、黒砂糖を用いた茶色のほか、昨今では抹茶味も加わっている。

『蜂蜜生せんべい』の元祖総本家を名乗る「田中屋」の公式ホームページによると、三枚に重ねることで間に空気が入り、うまみが増すそうです。

これが『蜂蜜生せんべい』だ!

では、さっそく『蜂蜜生せんべい』を紹介していきます!
これが、今回実食した『蜂蜜生せんべい』
どこが煎餅なんだ!というビジュアルです。
『蜂蜜生せんべい』全体像画像
これ以外にも、ミニサイズや抹茶味などもあります。
『蜂蜜生せんべい』画像
大きさは、手のひらも大きくでかいです。
板状で、まるで煎餅には見えません。
『蜂蜜生せんべい』全体像画像
パッケージの説明には、このように書かれています。
米・黒糖・上白糖・蜂蜜を主原料に生成した「生せんべい」で、食品添加物は一切使用していません。
通常の煎餅の原料のように、「お米」が主原料なのですね。
『蜂蜜生せんべい』パッケージ画像
受賞歴もあるようです。

第二回全国和菓子大品評会大臣賞(昭和39年受賞)
第十九回全国菓子博覧会名誉金賞(昭和52年受賞)
第二十一回全国菓子大博覧会内閣総理大臣賞(平成元年受賞)
『蜂蜜生せんべい』パッケージ画像
パッケージをあけて、『蜂蜜生せんべい』を出したところ。
1枚のようですが、茶色が2枚、白が1枚という構成です。
『蜂蜜生せんべい』全体画像
『蜂蜜生せんべい』のアップ。
しっとりともちっとした感じがわかりますかねー
手に持つと、指にぺったりと吸い付きます。
「ういろう」や「生八つ橋」に似ていると言われますが、それらとも違う独特な食感と触り心地です。
『蜂蜜生せんべい』アップ画像
こちらは、茶色い『蜂蜜生せんべい』。
ひとくちほおばると、口いっぱいに広がる黒糖の香ばしい甘さ!
甘さは上品で、煎茶ととてもよくあいます。
あー、なんともいえません!
うっすらと3枚重ねになっているのがわかるかなー
『蜂蜜生せんべい』茶色画像
こちらは、白い『蜂蜜生せんべい』。
黒糖ほどの香ばしさはないですが、さっぱりとしたお味。
よりお餅に近いですね。
噛んだ時のしっとり感がやみつきになりますね。
『蜂蜜生せんべい』白画像
2枚重ねで食べてみる。
個人的には、黒糖の味がボケるので、別々で食べたほうがいいかな(^_^;
『蜂蜜生せんべい』白茶2枚重ね画像
この『蜂蜜生せんべい』を食べるとき、ちょっとした注意が必要です。
とても美味しいので、バクバクと一気に食べてしまいます。
でも、半生の餅菓子なので、あとでお腹に「どーーん」ときます(^_^;
食べるときは、「もうちょっと食べたいなー」というところでやめておくことをおすすめします。

『蜂蜜生せんべい』ってどこで買えるの?

気になる『蜂蜜生せんべい』が変える場所ですが、まずは公式ホームページの通販で購入できます。
注文ページはこちら ⇒ http://www.namasenbei.jp/index.php?cID=3

店舗販売では、わかりやすいところでいうと、名鉄百貨店、名古屋三越(栄本店・星ヶ丘店)で売っています。
東京では、有楽町の物産店「むらからまちから館」でも売っているそうです。
販売先についてはこちら ⇒ http://www.namasenbei.jp/index.php?cID=4

「アマゾン」や「楽天市場」では、残念ながら取り扱っていないようです。

『蜂蜜生せんべい』おまとめ

『蜂蜜生せんべい』、どうですか?
食べてみたくなりませんか?
なかなか目にすることのないお菓子ですので、手土産で持って行くと喜ばれると思いますよ^^
普通のお菓子に飽きてきて、珍しいお菓子を食べたくなったらぜひどうぞー

『蜂蜜生せんべい』販売元詳細

販売元 総本家田中屋
店舗所在地 〒475-0866 愛知県半田市清水北町1番地
電話番号 0569-21-1594
店舗地図
Return Top