Trip-Nomad

【駅弁】北海道でかぶりついた本場『いかめし』は最高にうまかった!(北海道・森駅)

【駅弁】北海道でかぶりついた本場『いかめし』は最高にうまかった!(北海道・森駅)

先日「青春18きっぷ」を使って日本縦断の旅をしてきました。
そのとき途中で一時停車した北海道の森駅で、名物駅弁の『いかめし』をいただいてきました!

もしかしたら日本一の知名度(?)を誇る駅弁。
駅弁といえば、この『いかめし』を思い出す人も多いのではないでしょうか。
なんといっても、『元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』で47年連続で売上個数1位という駅弁界の絶対王者!

「北海道物産展」に行けば食べられる駅弁を、現地で食べる!
しかも作りたてを。
これ最高ですよね^^

今回の記事では、日本トップの人気と知名度を誇る北海道・森駅『いかめし』をご紹介します。

北海道の「森駅」ってどこ?

北海道・森駅『いかめし』
北海道の「森駅」ってどの辺にあるのでしょうか?
『いかめし』は知っていても、「森駅」の名前や場所がわかっているひとってほとんどいないのではないでしょうか?
(北海道民をのぞく)

位置的には、北海道の左下にある「渡島半島(おしまはんとう)」にあります。
函館からすこし北へ行った場所、駒ケ岳のふもとの町ですね。

この写真を見ると、駒ケ岳と海(内浦湾)と森駅の位置関係がわかると思います。
いやー、ほんといい景色だなー
北海道・森駅『いかめし』
今回私は、函館駅から長万部駅まで函館本線で移動中に立ち寄りました。
30分も森駅で一時停車する列車だったので、ありがたかったです^^
(「スーパー北斗」の通過にあわせての調整だと思われます)
北海道・森駅『いかめし』
乗っていた車両は「キハ40系840」。
北海道・森駅『いかめし』

森駅の駅弁『いかめし』の人気の理由って何?

なぜ森駅の『いかめし』って人気があるのでしょうか?

京王百貨店で行われている『元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』では、47年連続で売上個数1位という駅弁の絶対王者!
ほんと、すごい人気ですね。

『いかめし』がどうやって生まれたのかは、「ウィキペディア」に書かれていました。
豊漁だったイカと、不足していたお米を組み合わせた一品だったのですね。

函館本線森駅の駅弁調製業者だった阿部弁当店(現在のいかめし阿部商店)が、第二次世界大戦中の1941年、戦時体制による食糧統制で米が不足していたために、当時豊漁だったスルメイカを用いて米を節約しても作れる料理として考案した。
1941年当時の森駅は鉄道交通の要衝として、ソ連の侵攻に備えて北海道に配置された若い兵士たちを乗せた列車が乗り入れていた。
そのため駅弁として売り出したところ、もち米入りで腹持ちが良いと評判を呼んだという。

ちょっと残念なニュースもあります。
水温の変化の影響でイカが不漁。
そのため、「いかめし」も650円から780円と大幅値上げしました。
はやく回復してほしいですね。

北海道・森駅の駅弁『いかめし』を実食!その感想は?

では、森駅での『いかめし』の買い方からレポしていきますねー。

こちらが、JR北海道函館本線「森駅」
黄色の屋根がかわいらしい♪
北海道・森駅『いかめし』
駅の外にある「いかめし阿部商店」まで行き購入します。
コカ・コーラの看板があるお店です。
北海道・森駅『いかめし』
わたしは「青春18きっぷ」だったので、改札の出入りは自由。
通常の切符でも、「いかめし買いに行きたい」と言えばOKみたいです。
北海道・森駅『いかめし』
お値段は「780円」。
イカの値段が高騰していて、駅弁も値上がり。
この写真を撮った時は気が付かなかったのですが、この写真の「いかめし」の箱の横に、「いかめし味」のスナック菓子が写っているんですよね。
買いたかったー(涙)
北海道・森駅『いかめし』
北海道・森駅『いかめし』
『いかめし』を買ったら、ホームに戻って実食。
駒ケ岳を見ながら食べるなんて最高ー♪
北海道・森駅『いかめし』
そうそう、このオレンジ色のレトロなパッケージ。
いかにも駅弁って感じでたまらない。
北海道・森駅『いかめし』
まだ、ほんのりあたたかい「いかめし」。
このぷっくりした形、
醤油の香ばしさを感じる色、
ほのかに鼻を通る甘辛な醤油のにおい。

小ぶりながらも肉厚なイカの身は、弾力を感じながらもかんたんに噛み切れるほどやわらかい。
タレがほどよく沁みたご飯はもちもち。
やっばりいいわ、いかめし。
この作りたて感、現地で食べる満足感は、東京の物産展では味わえないなー
北海道・森駅『いかめし』
この広がる青い海が最高の調味料でした。
北海道・森駅『いかめし』

森駅の駅弁『いかめし』のおまとめ

駅弁の絶対王者、森駅の『いかめし』。
なんだかんだでやっぱりうまいです^^
お店で販売していたおばちゃんはまったくもって不愛想だったけど(笑)

駒ケ岳と海(内浦湾)が見える森駅のホームで食べた『いかめし』。
東京の物産展で買ったものを家で食べたときより何倍もおいしかった!
やっぱり、その土地のものはその土地で食べるのが最高ですね。
いい記念になりました。

人吉駅の駅弁『栗めし』の詳細

名称 いかめし
価格 780円
購入駅 北海道・森駅
販売元 いかめし阿部商店
(「いかめし」を製造しているのが「阿部商店」、販売しているのが「柴田商店」)
地図・場所
公式ホームページ http://www.ikameshi.co.jp/

Return Top