Trip-Nomad

【ハワイ】地元オーガニック食材&サーフスタイルで大人気!『グーフィー・カフェ&ダイン』

【ハワイ】地元オーガニック食材&サーフスタイルで大人気!『グーフィー・カフェ&ダイン』

ハワイで今大注目かつ行列のできるレストランが『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』

なんといっても、大人気店「アロハ・テーブル」を仕掛けたゼットングループの稲本氏がプロデュース。
そして、ハワイ通の本田直之氏もかかかわってというのですから、それもうなずけます。

ハワイで厳選したローカルかつオーガニックな食材を使い、サーフスタイルただよう店内。
ありそうでなかったお店ですね。
まさに今のトレンドの鉄板コンセプトがハマったお店です。

今回の記事は、そんな『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』について書いていきたいと思います!

『グーフィー・カフェ&ダイン』の場所と行き方

では、『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』のアクセス方法。
わかりやすい目印としては、「ヒルトン・ハワイアンビレッジ」。
すぐそばです。
アラモアナショッピングセンターへ続く「アラモアナ・ブルバード」沿いにあります。

『グーフィー・カフェ&ダイン』へ徒歩で行く場合

ワイキキの「ロイヤルハワイアンホテル」からだと下記のような行き方になります。
約0.8マイル(約1.28キロ)です。

『グーフィー・カフェ&ダイン』へバスで行く場合

ザ・バスで行くとすれば、クヒオ通りから出ている「2番」「13番」に乗るといいでしょう。
少し大回りになりますが、サラトガロード経由の「8番」「20番」「42番」でも行けます。

「JCBカード」を持っているのなら、無料で乗れる「ワイキキトロリー」の「ピンクライン」を使うのがいいでしょう。
「ヒルトン・ハワイアンビレッジ」で下車できます。
⇒ 「JCBカード」を使って無料で「ピンクライン」に乗る方法

『グーフィー・カフェ&ダイン』へツアー会社のバスで行く場合

「JTB」のシャトルバス「OLI‘OLIウォーカー」なら、「アラモアナルート」に乗れば、「ヒルトン・ハワイアンビレッジ」で下車できます。

「H.I.S.」のトロリーバス「レアレアトロリー」でも、「アラモアナ/ドンキライン」に乗れば、「ヒルトン・ハワイアンビレッジ」で下車できます。

「ジャルパック」の「オリジナル レインボートロリー&レインボースカイ」でも、「アラモアナルート」に乗れば、「ヒルトン・ハワイアンビレッジ」で下車できます。

『グーフィー・カフェ&ダイン』で人気メニューを食べてみた!

こちらが、『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』の外観。
この2階にお店があります。
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』外観画像
こちらが店内。
大きな窓に囲まれ、開放感ある店内です。
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』店内画像
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』店内画像
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』店内画像
公式ホームページに掲載されていた店内写真をお借りして載せていきますね。
稲本氏や本田氏のような大人サーファーが集う秘密基地的な店内。
ワクワク感がありながら、のんびりとしたいと思う空間ですね。
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』店内画像
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』店内画像
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』店内画像
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』店内画像
まずはドリンクを注文。
こちらが「レモネード」
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』「レモネード」画像
こちらは「本日のグリーンべジジュース(TODAY’S GREEN VEGGIE JUICE)」
メイソンジャーの入れ物がバッチリ似あっていますね。
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』「グリーンべジジュース」画像
ハワイローカルのオーガニック野菜をたっぷり使っていて、しっかりと濃厚なお味。
青汁のような苦さはありません^^
メイソンジャーの底には、たっぷりと沈んだチアシード!
ちょっとインパクトありますね。
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』「グリーンべジジュース」画像
そして食事メニュー。
まずは、「グリーン・スパゲッティ(GREEN SPAGHETTI)」(14ドル)
濃厚なジェノベーゼソースがパスタにたっぷりと絡みついた一品。
地元ハーブを使用しているので、通常のイタリアンのジェノベーゼよりも、ハーブの香りとパンチが強め。
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』「グリーン・スパゲッティ」画像
トッピングには、大ぶりのエビ、チーズ、マカダミアナッツがたっぷり!
重厚感あふれる食べ応え満点のスパゲッティでした。
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』「カフク・コーンのフライドライス」画像
次は、「カフク・コーンのフライドライス(KAHUKU CORN FRIED RICE ALOHA SHOYU stir-fried corn)」(9.50ドル)
甘みの強い地元ハワイのカフクコーンがたっぷり盛られた一品。
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』「カフク・コーンのフライドライス」画像
コーンをバラバラにせず、大ぶりにこそげ取って、香ばしい焦げを強調したビジュアルは、猛烈に食欲をそそります。
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』「カフク・コーンのフライドライス」画像
フライドライスは、パラパラな炒飯系でなく、鉄板にジュージューと焼き付けたような焼きめし系。
たっぷりのキノコ、味つけのアロハ醤油の組み合わせは相性がいい!
鉄板で出すのは大正解ですね。
醤油と米が焼ける香ばしい香りで、スプーンがとまらなくなります^^

初めて『グーフィー・カフェ&ダイン』に行ったら、この2品ははずさないマストメニューかなと思います^^
『グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)』「カフク・コーンのフライドライス」と「グリーン・スパゲッティ」画像

『グーフィー・カフェ&ダイン』おまとめ

『グーフィー・カフェ&ダイン』のレビューはいかがでしたか?
今のトレンドをうまくいかしたコンセプトのお店ですね。
全てがそつなくまとまっています。

お店のプロデュースの流れからして、日本人観光客しかいないのかなと思っていましたが、けっこう欧米人のお客さまも多く見かけました。
これはちょっと意外でした。

あえて期待をこめて書くのですが、ホールサービスのクオリティがちょっと粗いかな・・・
1年後、新たなグランドメニューに期待し、また食べに行ってみたいなと思いました^^

『グーフィー・カフェ&ダイン』詳細

名称 グーフィー・カフェ&ダイン(GOOFY Cafe & Dine)
住所 1831 Ala Moana Blvd #201, Honolulu, HI 96815
電話番号 (808)943-0077
営業時間 7:00 – 23:00
公式ホームページ http://www.goofy-honolulu.com/
地図
Return Top